コメントログ

すごいですね2020-06-05 Fri 14:57
本当に助かりました!
一気に解決です!ありがとうございます!!!
LANDHERE2020-05-12 Tue 16:52
>遠藤雅伸★さん
コメントありがとうございます!
少し覗かせていただいた程度ですが、とても巧妙な仕組みに目からうろこでした。
また、発見後しばらくは「これは意図されてプログラムされたに違いない」と本気で思っていて身震いしました。
様々な偶然が重なった結果とは思いますが、本作品の持つ神秘性や噂などと相まって、つい偶然以上の何かを見てしまいます。
本当にすばらしい作品を世に出していただき、ありがとうございました!!
遠藤雅伸★2020-05-11 Mon 23:37
検証ご苦労様です。新米プログラマーだった当時は、ろくに物を考えずに作っていたなぁ…とww
LANDHERE2020-05-07 Thu 10:12
>んー、残念さん
>じゃあ片目失明している人間は実際の景色を見ても写真と同等の風景としか受け取れないですかね?

そんなことは言っていませんよ。
両目視差だけでは無く、明暗の感覚、前後の感覚、時間などを脳内でパッチワークしていると書いています。

>なんでこうなのかって言うと、既存のカメラの性能では肉眼に比べて
>レンズ、センサーの性能が圧倒的に劣っているからですね。

拙い文章では読み取れなかったかも知れませんが、同じ結論になっていると思います。
その限られた性能を駆使して、風景から伝えたいエッセンス切り取るスキルを持っている人が、「写真のうまい人(写真家)」であると結んでいます。
んー、残念2020-05-07 Thu 01:37
ちょっと違う気がしますね。
記事の考察ですと
肉眼両目>>>>>>>>>>>>>>>>>>>肉眼単眼、写真
て感じですけど、じゃあ片目失明している人間は
実際の景色を見ても写真と同等の風景としか受け取れないですかね?

個人的に言わせてもらえば
肉眼両目>肉眼単眼>>>>>>>>>>>>>>>>>>写真
てところです。

なんでこうなのかって言うと、既存のカメラの性能では肉眼に比べて
レンズ、センサーの性能が圧倒的に劣っているからですね。
あとは、紙やモニターという再現媒体の限界。
シンプルな問題ですね。
LANDHERE2020-05-06 Wed 17:58
>。さん
論点を理解しているか自信ありませんが、
アナログでもデジタルでも現実世界から切り取る部分を取捨選択している点は変わらないのだと思います。
アナログ時代ではセッティングを決めてからシャッターを押すまで(または現像まで)そういった作業をしますよね。
デジタルだとそこに自動、手動のレタッチが加わり、いくらでもその作業が行えます。
私にしてみれば、そういったものが写真でないと言う意見が良く分かりません。
アナログの写真だって「真実を写している」ものでは無いですから。

言いたかったことは、人間が風景を目にしたとき、このデジタル時代の再構成(レタッチ)に相当する作業を脳内でやっているので、ただシャッターを押しただけでは、その時の気持ちは伝わらないんじゃないか、ということですね。
LANDHERE2020-05-06 Wed 17:14
>。さん
ただでさえ難しいスーパーゼビウスを、操縦系統にダメージがある状態で、ソル100%+カンスト達成とはすばらしい腕前ですね。
こちらの自己ベストは2-10で50万点くらいです。
この自粛中に再チャレンジしていますが、まだ1周クリアできていません。
2020-05-06 Wed 11:39
うーん、いいアナログ世代の写真家がデジタル化に失敗したから、ダメな状況になってしまったんだと思うんですけど、どうですかね?
f値だけ上げてしまって、映像処理チップ任せなビビッドな写真がもてはやされる現状は、やはり、スマートフォンで撮った画像・映像ありきっていう現状の表れかとも思います
逆にそういう写真しか発表していないような自称「写真家」の影響してくれる画像は無視していい時代なのかな?とか思います

2020-05-06 Wed 11:20
その昔、新宿のゲーセンでスティックが壊れて、自機の位置がワープばっかりする「Super VEXIOUS」でハイスコアを連続で叩き出して
店主に「それ、壊れているのに凄いね!じゃ、私が居る時には無料で遊ばせてあげる」とか言われて
わざわざ宇都宮から毎週出かけていた、80年代後半を思い出しました
ソルはコンプリート&メーター振り切り定期なマニアより
LANDHERE2020-05-04 Mon 23:22
>とくめいさん
コメントありがとうございます。
ミカドさんはバグプレイとかやらないんじゃないでしょうか。
STG配信だけ見ています。