2020年4月22日 : してログ

やばいオールドPC関係で調べてたらこんなものを見つけてしまった。去年の記事だがもう手に入らないのだろうか。めちゃくちゃ欲しい!!

というのも秘蔵してある PC-6001mkII はリターンキーの戻りが悪くなって、分解してティッシュ詰めてある。これが修理できるんなら即買いしてた、再販してくれないかなあ。

PC-6001 シリーズといえば、演奏できるパピコン(初代)、しゃべれるパピコン(mkII)、歌えるパピコン(mkIISR)と来て。次の機種は「歌って踊れるパピコンだ」とか言っていたもんです。

発注したはいいけど配送も影響受けてて遅回し中だったの忘れてた、もしかしたら自粛明けまで届かなかったら意味ないな。画像のケースにしようと思ったけど、よく見ると作りが雑(特に初代 X68000)だし、ファンなど付属しないプラだけでこのお値段。目の付けどころがシャープなだけに残念。あと思い出した、マンハッタンシェイプ! うーんいい響きだ。