2019年9月15日 : してログ

先月の Windows Update では、仮想マシンにリモートデスクトップ出来なくなり、今月のは NAS とのファイル転送がおかしい。NAS のファイルを移動しようとしたら途中でフリーズし、キャンセルも何も効かなくなった。explorer を強制終了させ、[新しいタスクの実行]から再起動してみたが、ファイルの操作が異常に重たい。フォルダも数分待たないと開かない。PC 自体を再起動させ、もう一度ファイル移動させるが、すぐにまた重くなる。フォルダの表示、ファイルのリネーム、その他すべての動作が重い、重い、重い!!

この記事書き始める前にリネームしたのに、今もまだ処理が終了してない。タスクマネージャーで見ると、エクスプローラーが2つ「応答なし」になっている。今ようやくリネーム処理が終わったが、もう1個のフォルダ表示は緑のプログレスバーが止まってる(10個くらいしかファイル無いのに!)。間違いない。Windows10 は史上最悪の糞OS だ。

書き終えてアップデートを元に戻そうと再起動したら、いつまで経っても終わらない。強制リセットしようにも、ハードディスクにずっとアクセスあるし、なんなんこれ。もう5分以上掛かってるので、ノーパソで続き書いてるけど、まだ終わらんな。ハードディスクのアクセス断続的になってきたんで、強制リセット掛けて自動修復モードへ移行。なんかもう、やり慣れて自動修復職人になってきた。

ちなみに自動修復は、手動でメニューを選んで進めなければならんので自動なんかじゃない。しかも非常に時間が掛かるので、まーやりたくない。修復が終わっても、起動が遅くデスクトップまで行ってもデバイスの接続音やらなんやらで、要するに Windows Update 後の起動と同じ。こうやって Windows10 は我々から時間を奪っていく。

最新の品質更新プログラムのアンインストール後に元に戻ったのを確認し、即行で Windows Update を停止しました。これで1ヵ月は大丈夫なはずですが、8月末みたいな緊急アップデートみたいなのがあると、勝手にやるみたいなんだよな。同じように1ヵ月停止にしたはずの環境が、勝手に再起動掛かってて不具合再発みたいなのあった気がする。とにかく最近の Windows Update の品質は最悪だと言わざるを得ない。