2016年11月24日 : してログ

Microsoft Edge のタブレットモードでは、実際のディスプレイサイズがいくつであっても、device-width が 1024px になるようです。 このため、メディアクエリでレスポンシブ・ウェブ・デザインをしていても、多くの場合は PC サイトが表示されます。 所有している7インチ・タブレット(800×1280)の場合、横幅 1024px を 800px に縮小されて表示されるので、文字等が小さくなってしまいました。 試しに、JavaScript で screen.width を調べると、縦でも横でも 1024px を返します。

訳が分からないのが、デスクトップモードだと実ウィンドウ幅を返すという点です。 このため、デスクトップモードで最大化したときの表示と、タブレットモードとで表示されるデザインが異なるという結果となっています。 ネットで調べてもこれぐらいしか無いので、あまり認識されていない問題かも知れません。 今のところ、縮小されて見にくいときは、表示倍率を操作してスマホ向けのデザインに切り替えて利用するしか無さそうです。

それにしても、Edge でモダンブラウザとなるのかと思ったら、やっぱりマイクロソフトはインターネットの癌ですね。 Windows10 も酷いもんだし、デスクトップは Windows7 で固定してもらって、それ以降はタブレットとデスクトップを分けて OS を開発してもらいたいものです。


LINEをメモ代わりに使っている人は結構います。私も、1人グループを作ってメモに使っているのですが、最近、撮影メモに使うと、かなり便利なことに気づきました。
  • 正確な時間が記録できる
  • 文字の他、写真、場所(緯度経度)、スクリーンショット(天気や日没時刻、船や飛行機の運航状況、人工衛星の通過情報など)を記録できる
  • ボイスメモも残せる
こんな感じでメモしておくと、後でこの写真どこで撮ったかな、とか、何撮ったんだっけ? ということが少なくなると思います。特に、様々なアプリのスクリーンショットも貼れるのが便利ですね。

11/07 新潟市西区
Canon EOS Kiss X4 / ミラーレンズ800mm F8 DX
RAW×1→Photoshop
Tags #乗り物 #船 #巡視船
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です