2012年11月25日 : してログ


旧村松町の蛭野地区、黄金の里のイチョウです。イチョウという樹はとりわけ長寿だそうで、同じ五泉市内にある「切畑の乳銀杏」は、樹齢1200年にもなります。また、生きた化石と呼ばれるだけあって、発生は3億年(古生代!)も前だとか。そんな人類や恐竜すらまだいない大地に思いを馳せてみたくなります。

11/18 五泉市蛭野
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #紅葉 #イチョウ #植物
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です