2012年6月18日 : してログ


かつて加茂⇔五泉間を結んでいた、蒲原鉄道の保存車両です。加茂⇔村松間は二十年以上前に、村松⇔五泉間は十数年前に廃線になりました。この車両は県内最古の木造車両ということで、確かに禿げた塗装部分から樹肌が見えます。大正12年製造とパネルにあるとおり、外も中も大正レトロな雰囲気が漂います。

私もこの後ろに連結されている黄色と茶色のツートンのほうに何回か乗ったことがあります。子供の頃は「ちんちん電車」と呼んでいました。この場所は冬鳥越駅があったところで、左手には冬鳥越スキー場のゲレンデがあります。子供の頃、スキーと言ったらここでした。

ちなみに、これを見に行ったのではなく、薔薇園が目当てでした。でも、うまく撮れなくて(というかHDRにしても面白く無い)ので、アップは無いでしょう(グスン)。あ、でも右奥にちょっと写ってる♪

6/17 加茂市長谷 冬鳥越スキーガーデン
Canon EOS Kiss X4 + MLSIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR JPG×9→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #乗り物 #電車
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です