2012年6月12日 : してログ


HDRの素材用として、PowerShotS100のJPGとRAWを比較してみましたので、興味ある方はご覧下さい。JPG+RAWの設定にして撮影したものを、Photoshop の Camera RAW にて現像(パラメータはデフォルト)したものと比較しています。

■色収差

ワイド端で撮った写真の端っこのほうを等倍で切り出しています。RAWはカラーフリンジがかなり出ていますが、JPGでは綺麗に修正されています。

■ノイズリダクション&シャープネス

ノイズリダクション標準の素材です。この素材ではいい感じに引き締まってると思いますが、葉っぱなどの周りに黒く縁取ったような、少しシャープネスがキツいと感じる場合もありました。ただ、明るい部分はうまく調整されていて、すばらしい効果を出していると思います。

■歪曲収差

歪曲収差はだいぶ補正されているっぽいです。Photoshop + Camera RAW でも補正してくれますが、Photomatix で処理させた場合は補正してくれません。この場合は、Photoshop のレンズ補正をかけることになります。

■暗部ディティール&ノイズリダクション

違いが分かるように暗部を少し持ち上げています。ノイズリダクションの影響でディティールが溶けた感じになっています。HDRの仕上げ処理でも、ノイズリダクションを若干強めに掛け、アンシャープマスクで引き締めるという手順を踏みますが、そのシャープネスがうまく掛かってない感じです。また、RAW の持っているダイナミックレンジは、そのまま JPG に反映されているように思います。言い換えれば、センサーの性能ギリギリまで使っていて、余裕が無い感じです。

■まとめ
DIGIC5が結構な仕事をしているようでJPGを素材にしたほうが楽なようです。RAW の利点としては2つ、ダイナミックレンジの広さと、トーンの滑らかさです。ダイナミックレンジの広さについては、ギリギリまで利用してJPGを出しているらしく、利点は得られません。なのでもう一つの、トーンの滑らかさをどう考えるか、になると思います。いくつか処理してみた感じでは、色収差や歪曲収差を補正する手間をかけてまで、取りたい利点ではないように思いました。連射速度も稼げますし、普段は JPG 撮りで行こうと思います。

最後に、RAW と JPG でトーンの滑らかさにどれほど違いがあるか、グラフを示しておきます。空の白飛び付近の輝度変化です。上がRAW、下がJPGです。



こちらもどうぞ
PowerShotS100レビュー(1)

6/10 新潟市中央区 天寿園
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #建物
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

佐渡汽船のネーミングセンスはあまり好きでは無いが(かつてあったファルコン号は、ネバーエンディングストーリーを身内が好きだったから、だとか)、現在の「ぎんが」「すいせい」「つばさ」のジェットフォイルは好き。○ッピーとか、なんとかn世とか言うのは勘弁願いたい。写真は、最古参の「ぎんが」で、唯一のボーイング社製のジェットフォイル(残り2隻は川崎重工社製)。BOEINGのロゴがおっしゃれ〜(*^_^*)

ジェットフォイルは、なぜ、“海を飛ぶ”のか?
http://www.khi.co.jp/ship/knowledge/secret/001.html

6/11 新潟市東区臨港町 新潟港
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
TMI RAW×1→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #乗り物 #船 #NEXT21
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です