2012年6月8日 : してログ


上越市大潟区では1時間半ほど撮影できましたが、雲が多くなり移動することにしました。雲の様子を見ると、富山方面から流れてきているようでしたし、最新の水蒸気画像では富山方面も条件はさほど変わらない状況から、北上することにしました。

柿崎〜三条まで雲の厚さは変化なしで、吉田に入ってようやく雲の切れ間が出てきます。R8から農道に入って撮影しますが、すぐに雲が流れてきて隠してしまいます。そんなことを繰り返しながら、巻の農道で比較的安定した晴れ間を見つけます。しかし、このまま第3次接触も行けるんじゃないかと思ったのも束の間、またしても雲が....。

残り時間1時間で最終判断です。雲の状況をぐるっと見回して、山側(東)の空が比較的薄そうだったので、加茂方面に車を走らせます。ところが、なかなか雲が切れない、それどころがどんどん増えていく、もう感でしかないですがUターンして海に抜けることにします。まぁ、山を越えれば、もしかしたら奇蹟があるかもしれない、そんな願いを込めて。

ロスをしている分時間がないので焦りました。嬉しいことに、間瀬へ抜ける登り道で日差しが戻ってきます。頂上を過ぎ下りに入ると、もうどこで観測しても問題無いくらいに。空の開けた退避帯を見つけたのが13:20分、なんとか間に合いました。

という訳で、ハラハラドキドキしましたが、非常に満足な、そしてこんなに充実した半日は久しぶりでした(^^♪

6/6 新潟市西蒲区間瀬
Canon EOS Kiss X4 on ML/EF300mm1:4L/Kenko ND100000
JPG×8+1→Photoshop
Tags #天体 #太陽 #金星 #日面通過
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

当日の新潟市の天気予報は午前晴れ、だけど北に行くに従って曇りというのが心配でした。空も月が時々隠れるほど雲が出ている午前2時に、南下することを決定します。富山は晴れの予報、金沢まで行けばほぼ間違いないと、水蒸気画像もそう告げていました。

R116からR8へ抜けて、柏崎〜柿崎あたりまで月が出たり、隠れたりしていて、一向に雲が薄くなりません。もしかしたら、読みが外れたんじゃないかって思い出した頃、あたりが月明かりで明るくなり始めました。そして大潟に差し掛かったぐらいで、晴れ間に入ったようです。以前から行きたかった、大潟水と森公園で仮眠を取ることにしました。

日の出の頃に目を覚ますと、ものすごく美しい朝日池が疲れを癒してくれました。ただ、山の上に発生した厚い雲から、しばらく待っても抜けそうにありません。ずっと撮影したい気持ちを抑えて、更に南下することにしました。富山まで行く時間は十分あったのですが、少しの移動で十分でした。ちょうどいい、パーキングエリアを見つけ、ここを撮影場所に決めます。

日面通過の開始からしばらくは、太陽に雲がかからない非常にクリアな観測条件で、長い距離を走った甲斐がありました。1時間ほど経ったころ雲がかかり始めて、1時間半で観測不能になり、移動を考え始めます。

更に南下するか、引き返すのか、それは(3)に続きます。

6/6 上越市大潟区渋柿浜
Canon EOS Kiss X4 on ML/EF300mm1:4L/Kenko ND100000
JPG×9+1→Photoshop
Tags #天体 #太陽 #金星 #日面通過
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です