2011年11月7日 : してログ


画像とは関係ないです。

こないだ借りてきた、航空関係映画のDVD、BDを観終わったので、感想などを(^^)
■は観直したもの、□は昔観た記憶だけです。
他にも面白いのあったら、教えて下さいまし。


■トップ・ガン (1986米) ★★★★★
これは外せないでしょうね。空撮による本物のトムキャットを堪能したいならトップに上がる一本です。
べた褒めも何なので、ダメだしをひとつ。ラストの空中戦で、2回使い回されるカットがあります。ここがこの映画の癌でしょう。実際見ていて、今のカットさっき見たぞ!と気づいちゃって、せっかく入り込んでいたクライマックスなのに、水を差される格好になるんですよね。明らかに編集ミスじゃないかな〜。ディレクターズカット版でも出せばいいのに。

■エアフォース・ワン (1997米) ★★★★★
政府専用機のハイジャックをめぐり手に汗握るアクションの連続で思わず時間を忘れてしまう。ラストの「〜はコールサインを変更します。新しいコールサインは"エアフォース・ワン"」の台詞がすごく気に入っています。
中盤ではF-15とMIG-29の空中戦が見れますが、すべてCGだと思われます。CGはなかなか良く出来ていますが、ラストのエアフォース・ワンの墜落シーンは、今の基準からするとデキが良く無く、興ざめポイント。
F-15が活躍する映画はあまり記憶に無いので貴重かも知れません。特に、全機一斉に増槽を切り離して、アフターバーナー全開にするシーンに萌えます。

■ステルス (2005米) ★★★★★
架空の航空機ばかりな点で賛否が別れるところかと思いますが、それが設定の自由さを許したことで、実在機だと無理があって興ざめしてしまうような部分でも、スカイアクションとしての面白さを存分に堪能できる。
それとこの作品、CGのレベルがものすごく高い。架空の戦闘機なのにリアリティあふれる空中戦を展開してくれる。特に空母での発艦シーンなど、実写との合成に違和感なさ過ぎです。

■ファイヤーフォックス (1982米) ★★★☆☆
クリント・イーストウッドが、ロシアの最新鋭機MIG-31ファイヤーフォックス(後の実在機とは無関係)を盗み出すストーリー。
時代が時代だけに、ミニチュアと光学合成だけど、後半のスカイアクションはなかなか見応えがある。ただ、字幕と吹替で「後部ミサイル発射」とか言ってて、フレアじゃんかとツッコミを入れたくなるシーンがあります。また、ファイヤーフォックスのデザインは制作費の都合上か、直線的なものですが、今となってはそれが逆にステルス機っぽくて良い。

■エグゼクティブ・デシジョン (1996米) ★★★☆☆
テロリストにハイジャックされた飛行機を奪還する特殊作戦を描いたストーリー。
F-117とF-14が登場します。F-117は飛行中に他機に乗り移るという、いくらなんでもムリだろ〜という設定で登場します。F-14はハイジャック機に警告するために翼を振るシーンが素敵です。
この映画、配役を見て「スティーブン・セガールかぁ」と敬遠してた人もいると思いますが、大丈夫。すぐいなくなるんで。主人公はカート・ラッセルのほうで、セガールの変な拳法は出て来ません(^^)

■ファイナル・カウントダウン (1980米) ★★★☆☆
原子力空母ニミッツが真珠湾攻撃直前の時代にタイムスリップするストーリー。
トムキャット、イントルーダー、ホークアイなどが登場し、発艦シーンや空撮など存分に楽しめます。特に、ゼロ戦とトムキャットのドッグファイトは一見の価値ありです。日本人パイロットの日本語には笑っちゃいますが。
それとは対照的に、タイムスリップ時の特殊効果は時代を感じさせるチープな感じです。まぁ30年前ですしね。

■エネミー・ライン (2001米) ★★★★☆
敵地で撃墜されたパイロットの逃亡劇。
これを航空映画と言っていいかどうか迷うが、冒頭のスーパーホーネットの被撃墜シーンは素晴らしい。ありえないタフさを示すミサイルを、ありえないマニューバーでかわすんですが、ものすごい映像の迫力がそれを忘れさせる。スーパーホーネットが出てくる映画は今のところこれしか知りません。このシーンだけでも一見の価値があります。

□アイアン・イーグル ?????
確か、捕虜になった父を息子がF-16に乗って助けに行くというストーリー。
本編はあまり覚えていないが、それなりに面白かったと記憶しています。それより、テーマソングのほうは今でもよく覚えている。
ところで、F-16ならファイティングファルコンだが、なぜにイーグル?、と思ったものである。

□アロー ?????
カナダのアブロ社の戦闘機アローの開発を扱った、ドキュメンタリー映画。
昔ビデオテープで観て面白かったという記憶のみ。もう一度観たいが、DVD化されていないみたい。

□紅の豚 (1992日) ★★★★☆
これは番外編か? まぁ、でもわかるよね?


8/13 新潟市中央区古町アーケード街
Canon EOS Kiss X4/SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→Photomatix Pro 4.1.1/Topaz Adjust 4.1.0
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です