2011年3月8日 : してログ



二代目の新潟市庁舎を参考に2004年に新築された博物館本館
観覧は有料なので、実はまだ入ったことがないんです
人がいなくなるのを待ち、そっと SET ボタン

Magic Lantern 使用で1段ステップ9枚の撮影から作成しました
連写速度は1秒くらいですが、30秒ほどかかっています
最後の2〜3枚はバッファがいっぱいになって遅くなるからです
JPGで9枚、またはRAWで7枚なら短い時間で撮れます

本体の連写性能でないのが痛いですが、手で操作するよりはマシです
Canon さん、エントリークラス機でもAEB強化をお願いします

あと、時々フリーズして電池抜き差ししないと復帰しないことがあります
シャッターチャンスだと非常に焦ります。。。


3/6 新潟市中央区柳島町 新潟市歴史博物館みなとぴあ
Canon EOS Kiss X4/EFS18-55mmIS
RAW×9→Photomatix Pro 4.0.2/Topaz Adjust 3.1.0/Photoshop Elements
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
オートブラケット撮影できる機種を調べていて、下記のような資料を見つけました。
HDRやる気まんまんの人が見る表になっています。

Auto Exposure Bracketing settings by camera model
http://www.hdr-photography.com/aeb.html

さて、ここで気になったのが、EOS 7D のブラケッティング性能の高さ、異様です。
わ〜お、2段ステップで9枚、±8段ですってぇ!!

でも、ショップで弄ったとき、そんなふうな感じじゃなかったけどなぁ。。。
気になったので、メーカーでマニュアルダウンロードして調べてみました

う〜ん。。。マニュアルでは、2段ステップ3枚、±4段ですよねぇ。。。
じゃあ、EOS-1Ds Mark III はどうだろう?
こっちのマニュアルによると、撮影枚数の設定がちゃんとありました。

と言うことはですよ、この表間違ってるんじゃないでしょうか?
これが本当なら、絶対買い替えですよ〜

短い喜びだったな。。。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です