[ゼビウス] AC版ゼビウスに総攻撃がプログラムされていた (1) : してログ

[ゼビウス] AC版ゼビウスに総攻撃がプログラムされていた (1)

追記:残念ながら意図してプログラムされたものでは無いと思われます。 詳しくは(5)を見てください。
CODE A2 総攻撃パターン
CODE A2 総攻撃パターン

お正月休みにゼビウスの複合攻撃について調べていたとき、偶然発見した総攻撃プログラムについてまとめておきます。

まず、前知識として空中物の攻撃パターンのテーブルについては128パターンあり、得点やゾルバク破壊その他により進んだり戻ったりして変化するようになっています。プレイの内容によって早回しや巻き戻しが起きますが、これが127(最後)までテーブルが進むと64に戻されて以降64~127の間を繰り返す形になっています。ここでもし128以降に進んでしまったら何が起こるんだろうって疑問が湧きますよね? そう実はこの128以降にも攻撃パターンの設定がされていたんです。

正規の攻撃パターンの最後 "0x7F" は「ブラグザカート×2」になっています。では次の "0x80" にコマを進めてみると何が起こるでしょう? 実際にやってみると...、リセットが掛かってチェックパターンになってしまいました...、これはある程度想定ができます。何らかのバグにより想定外のポインタに移行してしまったらリセットを掛けるという、いわゆるセーフティ機能だと思います。ここで検証を止めないのがO型の私でした。その次の "0x81" を試してみると「トーロイド×5、ジアラ×1」という面白い複合攻撃が出て来ました。「おお、もしかしたらゼビウスの開発時にいろいろと複合攻撃の組み合わせをテストしてみたのかも知れない」と探索モードにスイッチが入ったのです。

地道な探索作業を繰り返していると、「タルケン×5、ジアラ×1」「ゾシー×4、ギドスパリオ×2」「ゾシー×1、カピ×1、画面右からスパリオ」など面白い組み合わせは見つかるものの、大半はリセットやフリーズといったものばかりでした。

それは 0xA2 で突然やってきた

不毛な作業だと思いつつ探索を続けていると、コード A2 のところで「ん?」ってなったんです。「いまチェックパターンのようなキャラぐちゃ画面出たな、何だったんだろう...」(探索作業はノーウェイト=早送りでやってましたので)

それでノーウェイト解除して再スタートしてみると、地獄を見るような総攻撃が展開されたのです。あまりの物量攻撃で数秒しか生き残れない無理ゲー、恐ろしいものを見つけてしまいました。

ゼビウスというものは空中物は6機までという制約があるハードなんです。それがざっと数えても30機以上もの空中物が出ている...、目の前にしてもにわかには信じられない光景です。しかもただ出ているだけじゃなく、普通に動いて弾を撃って〇しに掛かっている。これはバグってるという状態じゃない、明らかにプログラムされた攻撃パターンであるのは間違いない。

[ゼビウス] AC版ゼビウスに総攻撃がプログラムされていた (2) につづく)

関連動画
2 件のコメント
なび2020-04-29 Wed 16:42
こんにちは
おひさしぶりです。
総攻撃ははじめてみました。
敵の4番目の惑星は面白いですね。
私もはるか昔に実時間で遊んでいたころ区域を飛ばして進む(例えば区域2から4,5から7,15から7)虫?に何度が遭遇したことがあってこれもとっても謎ですけど総攻撃は面白いですね(^^)
魔法玉やかぶとがにや甲虫機が永久板に守られていて手強いですね(^^)
貴重な動画をありがとうございます。
LANDHERE2020-04-30 Thu 12:56
>なびさん
いろいろと想像して楽しむのもいいですね。
発見当初は「これは開発者が密かに仕込んだものに違いない」と思って書いていて今見ると恥ずかしいですね。
でも記念ですから残しておきます(*^^*)
名前:
コメント: