[植物・花] 燕市八王寺の白藤(2) : してログ

[植物・花] 燕市八王寺の白藤(2)


八王寺の白藤の本体(幹)はもの凄く入り組んでいて、縄文時代の火焔土器を思い起こさせる芸術性を感じました。チューブバレルのように主幹がうねり、束になった複数の枝がトーネードを作る、まるで偶然性の芸術は自然界にのみ許される、と言わんばかりです。ただ、この幹と藤の花とでうまく構図作りたいなら、魚眼でもないと無理でしょう。

なお、「八王寺の白藤」の八王寺は地名です。燕市八王寺にある、安了寺というお寺にあるのでお間違えなく(^^;) 駐車場は少ないので、近くの交通公園に駐めて歩くといいと思います。

05/21 燕市八王寺 安了寺
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR JPG×7→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #花 #藤 #八王寺の白藤 #天然記念物 #巨木
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
0 件のコメント
名前:
コメント: