GIFアニメ : してログ

12

またもや弱い出現ですが、せっかくですので切り出してみました。肉眼だと見えても、ライブカメラだと判別が難しいのが現状です。これだけ見たら、たぶん気づかなかったでしょう。

スマホで撮った画像から、精一杯虹色を引き出してみたのが、下記画像です。アニメーションでも同じ雲が出ているので、見比べてみてください。



06/08 12:25-12:55 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture3
JPG×120→自作ツール
Tags #LHCAM #微速度撮影 #大気光学現象 #環水平アーク #内暈 #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

連続で出現した環水平アークの二日目。前日よりは良かったものの、もう少し輝いて欲しかった。別カメラでも撮影しているので、気が向いたら動画か、加工画にしたいと思います。

05/29 11:55-12:45 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture3
JPG×200→自作ツール
Tags #LHCAM #微速度撮影 #大気光学現象 #環水平アーク #内暈 #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

今年の5月は不発っぽいようですが、環水平アークも一応捉えています。この日は運動会のボランティアスタッフをしていたので、スチルはスマホで数枚しか撮れませんでした。そう、なぜか運動会は特異日っぽいようです。必ず何かあるんです。

※左のビルのすぐ上を目を凝らして観てください。

05/28 11:20-11:50 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture3
JPG×120→自作ツール
Tags #LHCAM #微速度撮影 #大気光学現象 #環水平アーク #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

背後側に位置する太陽から出た薄明光線が、頭上を通り反対側に収束して見えています。これは非常にめずらしい反薄明光線で、過去には1回だけしか遭遇したことがありません。

08/23 04:45-05:30 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture2
JPG×178→自作ツール
Tags #LHCAM #微速度撮影 #大気光学現象 #反薄明光線 #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

通常カラーの萬代橋って初めてだったりするかも。ちょっと撮りに失敗してましたので、思いつきで動く写真に仕上げてみました。

07/11 新潟市中央区 萬代橋
Canon EOS Kiss X4 / AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
RAW×5+3→Photomatix / Photoshop
Tags #建物 #橋 #萬代橋 #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です




滝はもっと本気で撮りに行きたいと思っています、今日このごろ。とりあえず、超近場のちっちゃい滝ですが、わりと良い感じに仕上がりました。もう少し新緑が欲しいところですが、まだ初夏には早いですね。

おまけとして、GIF無限ループアニメにしてみました。滝壺の水の動きに違和感がありますが、滝の流れはよく出来たんじゃないでしょうか? このシリーズは今後時々作っていくつもりです。


04/20 南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4 + MLSIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR JPG×9→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #才歩川 #滝 #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


最初にして最後のショットとなってしまいましたので、素材を整理して再編集してみました。どちらもアニメーションGIFとなっております。1枚めは、少し微速度撮影した23枚の画像を、彗星の尾が見やすいよう Topaz Adjust で最大限調整したものです。2枚めは、大気の薄明光を少し減じて彗星本来の色に戻したものと、それを白黒階調反転させたものです。

今となっては、23日頑張っておいて良かったです。アイソンは残念な結果となりましたが、今見ごろのラヴジョイ彗星でも窺いながら、ふたご座流星群を楽しみに待つとします。

2013/11/23 05:44JST
C/2012 S1 (ISON)
種類: 彗星
等級: 3.00 (大気減光時: 4.47)
絶対等級: 7.00
赤経/赤緯 (J2000): 14h28m50.1s/-17°28'03.2"
赤経/赤緯 (瞬時): 14h29m36s/-17°31'44"
銀経/銀緯: -26°24'27.6"/+39°32'09.6"
時角/赤緯: 19h38m33s/-17°31'44" (幾何学上の)
時角/赤緯: 19h38m54s/-17°26'55" (見かけ上の)
方位角/高度: +119°04'19"/+7°22'53" (幾何学上の)
方位角/高度: +119°04'19"/+7°29'51" (見かけ上の)
距離: 0.86053663天文単位

11/22 29:40 C/2012 S1 (ISON)
Canon EOS Kiss X4EFS60mm
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
Tags #天体観測 #彗星 #アイソン彗星 #C/2012S1 #アニメーションGIF
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

ニアミスとは、航空機同士が半径150m、高度差60mを切る異常接近のことを言うらしいが、日本では明確な規定は無いようです。しかし、今朝のこの接近は、見た目がかなり際どいように思うんですがどんなもんでしょう? 見た角度と望遠レンズの圧縮効果によるものかも知れませんが、同一画角で並んでると、相当近い印象があります。

※なお、トップのHDR画像は関係ありません。


↑連続写真です。実際の高度差は十分あるんでしょうね。


↑一枚画で見ると、やっぱ近いよ〜(>_<)

06/07 新潟市東区 新潟空港(HDR画像、他は中越地域)
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
TMI RAW×1→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #乗り物 #飛行機 #旅客機 #航跡雲 #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
12