Edge : してログ

邪魔なボタンの消去

オープニングで表示される「イントロスキップ」ボタン、エンドクレジットで表示される「クレジットを見る」「次のエピソード」「←」ボタンは、機能拡張「uBlock Origin」で消去可能です。機能拡張をインストールして、これらのボタンが表示されている間にスポイトツールを使って指定します。なお「クレジットを見る」「次のエピソード」については、両方のボタンの隙間を指定するとまとめて指定できます。

再生開始時の表示をクリアにする(プレイヤーコントロールを消す)

開始時にオーバーラップするプレイヤーコントロールも邪魔ですが、uBlock を指定すると操作しにくくなります。今のところスマートな方法がないのですが、下記のような手順でオーバーラップを回避できます。

  • 再生開始直後に「スペース」キーを押す
  • 「←」キーを押し先頭にシークさせる
  • マウスカーソルを画面右端に置く(マウスに電源があればオフにしておく)
  • プレイヤーコントロールが消えるのを待つ
  • 「スペース」キーを押し再生開始する

動画終了の5分前付近で高確率でプリフリする

マシンスペックが足りないわけでも無いのに、45分ドラマの40分付近で高確率で映像がカクカクっとプチフリし、数秒後に音声が少し途切れてしまう現象があるようです(Windows10 / Chrome)。音声の途切れは会話の中だと1文字(音)抜けるので非常に気になります。

恐らくはバックグラウンドで次のエピソードを準備するなどの処理が走るためかと思われます。はっきり環境を特定できたわけではありませんが、別のブラウザ(Edge)で視聴したときは再現しませんでした。Chrome でも他の機能拡張をオフにするなり、まだ検証の余地はありますがとりあえず Edge を NETFLIX 視聴専用にしたいと思います。

Microsoft Edge のタブレットモードでは、実際のディスプレイサイズがいくつであっても、device-width が 1024px になるようです。 このため、メディアクエリでレスポンシブ・ウェブ・デザインをしていても、多くの場合は PC サイトが表示されます。 所有している7インチ・タブレット(800×1280)の場合、横幅 1024px を 800px に縮小されて表示されるので、文字等が小さくなってしまいました。 試しに、JavaScript で screen.width を調べると、縦でも横でも 1024px を返します。

訳が分からないのが、デスクトップモードだと実ウィンドウ幅を返すという点です。 このため、デスクトップモードで最大化したときの表示と、タブレットモードとで表示されるデザインが異なるという結果となっています。 ネットで調べてもこれぐらいしか無いので、あまり認識されていない問題かも知れません。 今のところ、縮小されて見にくいときは、表示倍率を操作してスマホ向けのデザインに切り替えて利用するしか無さそうです。

それにしても、Edge でモダンブラウザとなるのかと思ったら、やっぱりマイクロソフトはインターネットの癌ですね。 Windows10 も酷いもんだし、デスクトップは Windows7 で固定してもらって、それ以降はタブレットとデスクトップを分けて OS を開発してもらいたいものです。