雑記 : してログ

ずっと愛用していた Paint Shop Pro 6 が遂に Windows10 20H2 で利用が難しくなった。今までも多少動作が怪しくなってはいたが、騙し騙し使う事ができた。20H2 では頻繁にフリーズするようになり、いよいよお別れの時が来たようだ。

Paint Shop Pro 6 愛

  • 起動が速く動作も軽い(WindowsXP 時代のソフトなので無駄なアピアランスやGUIのアニメーションが無い)
  • 対応画像フォーマットが多い(さすがに、透過PNGや、WebP など対応していないものも出てきたが)
  • ドット絵が編集しやすい(鉛筆ツールのほか、コピーペースト、複製などがドット絵編集に向いている)
  • 複数レイヤや図形レイヤなど高級画像ソフト並みの編集も可能
  • 画像一括変換が付いている
  • GIF アニメーション作成ツールが付いている(別アプリだが)

代替ソフト

最新版の Paint Shop Pro 2021 を試してみたが、インターフェイスがインスタントレタッチの方に振ってあってもはや別ソフトになっていた。PaintShop Pro はアップグレードで軽快さや基本ツールの使いやすさが失われてしまった。シェアウェア時代~PaintShop Pro 6 までで時代が終わってしまった感がある。唯一無二だったから、今まで使い続けていたんだと思う。

代替えとしては Paint.net が筆頭だ。画面構成がだいぶ違うし、操作も慣れが必要だが、軽快さやドット編集機能については問題無さそうではある。ホイールで拡大縮小できないなど、やや操作に不満はあるが、他を探す元気が無いのでこれに慣れて行こうかと思っている。

追記:さようなら Paint Shop Pro 6 これからも使います!

Paint.net やっぱり使いにくいので、Paint Shop Pro 6 を延命できないか調べてみた。Windows の互換性機能に、古い WindowsXP とかのモードがあるのは知っていて以前も試していたのだが、これを Windows7 にするとまだ使えそうだ。WindowsXP の設定だとウィンドウにドラッグ&ドロップして画像を開くことができないため、この設定は利用していなかった。だが、Windows7 の設定なら、ドラッグ&ドロップで画像を開けるし、今のところフリーズもしていない。ソフトのリリースが XP 時代だったせいで、思いつかなかった。

追記:やっぱり、さようなら Paint Shop Pro 6

互換性設定をどれに設定しても、ペンツールに切り替えたとき稀にフリーズしてしまうようだ。回復は不能で強制終了しかできず、Paint Shop Pro 6 は引退決定となりそうだ。

アメリカ大統領選挙で顕著になった大手ネットサービスの政治的偏向、特に Facebook と twitter は目に余るものがあります。米国の保守系民の間ではこれら大手に代わる、代替サービスへの移行が話題になっているようです。

Google DuckDuckGo
Facebook MeWe
twitter Parler
Youtube Rumble

個人的には、twitter と Facebook は使っておらず、DuckDuckGo はときどき(Google とは)違う検索結果が無いか見るような使い方をしてました。米大統領選挙絡みでは、ハンターバイデンの疑惑関係で比べてみましたが、特に Google が検索結果を操作しているようには見えませんでした。Google が偏向してるとは思いませんが、YouTube はちょっと気になるところではありますね。

YouTube 代替えは Rumble ということですが、動画の本数が少ない(日本のコンテンツがまるで無い)状況なので、やはり後発サービスは苦戦するだろうと思います。とは言え、Youtube の異常とも思える規制は看過できないので、頑張ってもらいたいと思います。

不正疑惑は陰謀説なのか

保守系YouTuberが不正疑惑を陰謀だと切って捨てるという現象が起きています。トランプ応援派からは裏切られたとバッシングされ、余計に意固地になっているような気もしますし、冷静にと言う割に冷静でしょうか?「この件については触れない方がいいのかな、と」などと話題を避ける政治系YouTuber、政治系と自称してるなら避ける意味がわかりません。冷静にといいつつ、ご自身の登録者にマッチしているかどうかで話題を選んでいる風に見えます。そんなことはせず、堂々と主張を展開するべきでは無いでしょうか。

こういう様々な情報が大量に出てくるのは「明らかにしたくない情報を隠したい」という場合の常套手段ではないでしょうか。彼らが言うように、投票用紙に追跡チップが埋め込んであるとか、陰謀めいた情報が混じっているのは否定しません。しかし、私は「何らかの不正」を隠す目的で、大量のかく乱情報を流し、陰謀論としてまとめて潰そうとしているという見立てをしたいと思います。

手のひら返しでは無いという言い訳

彼らが口を揃えて言うのは「トランプは支持しており、今でも応援している」というのがあります。正直これが違和感を感じる大きなポイントでしょう。

陰謀だと切り捨てる情報のいくつかは、トランプ陣営からも情報が出ています。これでは応援しているトランプが、自ら陰謀情報を流しているということになります。普通に考えれば、そんな陰謀を口にする人物を支持したり、応援することはできないと思います。

この矛盾が、政局占いで勝ち馬に乗ろう、ただそれだけに見えて違和感に繋がるのでしょう。

話題を避ける意味は?

「この話題は触れない方がいいのかな」という発想も理解できません。普段から国内専門を謳って専門外なら分かりますが、自分の意見が視聴者とマッチしないから話題にしません、というなら政治系YouTuberなんて辞めたらどうでしょうか。

とにかく言い訳としか聞こえないような前置きをし、陰謀だとする根拠は「常識的に考えて」とか「いつも中傷した名前で呼んでいる新聞」からだとか、挙句の果てに異なる意見の側を間接的に罵倒してしまう、首をかしげてしまいました。

旗色が悪くてもトランプを応援しよう

日本人拉致問題に親身になってくれた唯一の大統領です。自国の子供たちであれば、トランプさんは人身売買ネットワークから何人も救出しています。正直、拉致問題が米国民の問題であったら、おそらくトランプさんの就任期間に取り戻していたでしょう。

歴代総理や政治家は頼りになりません。期待した安倍さんも取り戻してはくれませんでした。逆にトランプ側を不正工作して勝たせてあげて、その代わり拉致問題に全面協力をお願いする、とかできないものかなあ(妄想)。

だいぶ強引に話しを持ってきましたが、これが書きたかったので許してください。陰謀でも何でもトランプじゃなきゃならない理由があるんです。少なくとも私は、陰謀論を流布するような人では無いと評価しており、歴代最も信頼できる大統領と思っております。

トランプ圧勝とか言ってて、急に手のひら返しするYouTuber、ほんとムカつきます。陰謀論を吐くよう人物だと分かったんでしょ? それでも応援してるって頭おかしいの?

メインマシンだけ 1909 のまま固定されているが、不具合が発生する可能性がある環境に対しては提供が止められているとのこと。それが何なのかといった情報を一切示さないところが、さすが Microsoft だなあと思う。

はっきり言って、Windows10 は信頼をしていないので、このままアップデートしてもらわなくて結構だ。

新しいバージョンでは、また見た目が変わって、Windows10 という同じ名称で操作やメニューが異なる。ほんとアホのやることだと思います。記事を書くにしても、人に説明(サポート業務)するにしても、これでは困るんですよ。操作やメニューの改変をするなら、Windows10A とかでもいいから、呼称を変えてもらいたい。

それから、バージョンの名称に一貫性が無いのは、バカかと言いたい。1909 → 2004 → 20H2 だと、正確には "2009 (20H2)"、1909 も "1909 (19H2) " という話らしいが混乱の極み。もう、Windows 2020.11 とかリリース日付でいいじゃんって思うよね。

追記(11/22)

1909 でホールドされていたマシンに 20H2 がようやく下りてきた。アップデートしてみたが、今のところは問題が無いように思う。

バージョン表記でリリース日付にしたらいいんじゃないかって書いたが、今までがそうだったようだ(西暦下2桁+リリース月)。今後からは、西暦下2桁+半期(H1=上半期、H2=下半期)になるとのこと。それなら、WindowsX 2020H2 とかにすればいいのに。

今朝の大規模障害の原因は何だったのだろう?

虎ノ門ニュースを観ようと思ったらずっとグールグル。久しぶりにニコ生を観たけど、プレミアムじゃないとシーク再生できない、こういうところでユーザー失っているのでは? とは言えこういうときは助かります。コメントシステムもニコニコの方式は優れているのだが、ユーザーエクスペリエンスが低いのでもっぱら YouTube ということになる。

ちょっとした自動処理にクローラみたいなプログラムを動かしているんだけど、先月末ぐらいからうまく動かなくなっていたらしく表題のエラーログが出ていた。今まで問題なく動いてたので、相手サービスの仕様変更かとずっと調べていましたが、原因は単純ミスだったようです。

エラーメッセージの文字通り、ヘッダ情報の出力が間違っていただけでした。今までは間違ったままのヘッダでも処理してくれていたようですが、ウェブサーバーのアップデートか何かでエラーを吐くようになったっぽい。そのままでも行けるサイトもあり、Apache か nginx かアップデートされたか、されてないかの違いでは無いだろうか。

理想の「しろたま」チキンラーメン
理想の「しろたま」チキンラーメン

チキンラーメンのたまごポケットに乗っけてお湯を注いだだけでは、なかなか写真のように綺麗に固まってくれません。そこでできるだけ手間なく簡単に作れる方法を考案してみました。

作り方

  1. どんぶりにチキンラーメンを入れ、ラップを1/3程度掛けておきます
  2. 冷蔵庫からたまごを取り出しコップに入れます
  3. やかんにお湯を沸かします
  4. 半分くらいお湯が沸いたら、たまごの入ったコップに注ぎます(温めて固まりやすくするわけです)
  5. 完全にお湯が沸いたら凹みに卵を乗せ、白身の部分に回しながらお湯を注ぎます(そっと崩さないように)
  6. ラップを全部被せます(蓋があれば併用します)

ポイント

すぐに食べたいのに、冷蔵庫から予めたまごを取り出して常温になるまで待つなんて出来ません。そこでお湯が沸く途中のぬるま湯に、たまごを浸しておくことでちょうどいい温度まで上げます。

お湯の注ぎ方は白身に直撃させならが回し入れ、ラップで素早く密閉させて熱を逃がさないようにします。もしラップだけで熱が逃げるなら、蓋を併用するとよいでしょう。


NFJオリジナル DSP搭載デジタルコントロールラインアンプ P01J

これをなぜ買ったか

「オーディオ」ド素人の私がなぜこれを買ったかと言えば、複数の音声ソースを ART SPLIT Mix 4 というミキサーで統合してコンポに入力していて、一括したボリュームコントローラが欲しい、ということでした。また、この構成だとボリュームが小さくコンポ側で最大音量に調整する必要があり、他の音声ソースに切り替えると最大音量で鳴ってしまうので、これも改善したかった。目的としては、ミキサーとコンポの間にボリュームコントロール(増幅できるやつ)を入れたい、というものです。まあ、結論から言うと検討違いの買い物なんですけどね。

目的からして必要なのはアンプとよばれる製品でいいはずだが、種類がたくさんあって漂流してしまった。結局、必要端子とボリューム、外部電源が入る製品という条件を満たすこれを選んでみたわけ。

ダメ元で購入してみてまったく目的にマッチしない製品だったと数秒で理解した。ボリュームは減衰しかできず、増幅できないばかりか、最大ボリュームでも少し小さくなる。ほかに使い道は無いだろうか、安いとはいえもったいない。

何に使うものだったか

搭載されている機能を調べると、BBE と ViVA HD3D というものがある。BBE はデジタル圧縮で曇った音を原音に近いクリアな音に補正するためのもの。ViVA HD3D は周波数ごとに音を分離して何かすることにより音に広がりを持たせるもの。

実際にそれぞれ使用してみると、はっきりと違いが聞き取れた。特に 3D のほうは左右に音が広がり、音に包み込まれるような感覚を得た。この価格帯でこれほどの音質改善に、音質に無頓着な私も魅力を感じざるを得なかった。

製品としては車内での利用を想定しているらしいので、DVDプレーヤーなどとカーオーディオの間に入れて音質を改善させるものだと思われる。ちなみに電源アダプタは付属しておらず、DC12V ということでシガーソケットなどから取りやすくなっている。

ヘッドホンで聴くと問題点も

スピーカーで聴いたときは、すばらしく音質が良くなったと感じ、目的には合致せずとも利用したくなっていた。しかし、ヘッドホンで聴いてみるとノイズが乗ってしまうようで、かなり気になってしまう。

常に「サー」というノイズが乗っていて、よく聞くと「ブーン」という低いノイズも聞き取れる。特に映画を視聴しているとき、静かなシーンでは雰囲気を壊してしまうほどだ。この製品を取り除くと気にならなくなるので、この製品自体が発しているか、元の音源のノイズを強調してしまっている、ということかも知れません。

いずれにしろ、昼間はスピーカー、夜はヘッドホンといった視聴環境なため、このヘッドホンでの状況は許容できない。この製品の電源をオフにすると音声自体がオフになるため、使い分けをするのもうまくない。

まとめ

当初の目的は達成できなかったが、音質の改善は非常に魅力的だった。ヘッドホン使用時にノイズが乗ってしまうので残念ながら使用することは無いが、車内での利用なら恐らく問題になることは無いだろう。また、電源アダプタやケーブルが付属しないので、別途用意する必要があるので注意が必要だ。

追記

本来の目的(小さい音声ソースを増幅したい)だが、どうやらオーディオの知識不足から思い違いをしていたみたい。小さいのはライン入力(AUX)に接続していたためでした。使用しているコンポの、ポータブル入力(PORTABLE IN)に接続すれば良かったようです。

そう言えば昔、ミニピンジャックのケーブルを買ったときに抵抗入りを買ってしまい音が小さくなったことがあった。同じ音声信号でもレベル(強さ)の違いがあり、ただ繋がってればいいというものではないということを学習した。

エネループに期待したことと言えば、何度でも繰り返し使える、電池のモチがいい、液漏れしない、使い捨て電池うを使い続けるより経済的、などだったと思う。家にあるエネループは SANYO 時代のものだが、今思うにあまり自分にとってメリットの無い製品だった。

何度でも繰り返し使えなかった

いわゆるメモリー効果のためか、すぐに器機の動作が不安定になる。特にマウスやキーボードに使ったとき、止まったり入力を受け付けなくなることが頻繁に起こり、これらの器機は使い捨て電池に戻すことに。これまでの充電池の弱点を解決した製品なのかと勝手に思っていたが、ニッケル水素充電池の使いにくさは残ったまま、期待外れだった。

使いたいときにすぐ使えない

使い終わったら充電しとけばいいんだけど、充電器どこって探してるうちに、充電済みとそうで無いものが混ざって分からなくなる。結局使いたいときに、充電器を探して一応充電してってやってる手間が煩わしい。管理や整理は普通だと思うが、そもそも電池の需要が頻繁にあるわけじゃないので、どうしてもそうなる。

結局、扱いが面倒

電池の使い方に気を付ける点が多すぎる。メモリー効果でモチが悪くなったり、過放電はダメだとか、電極の接触不良に、購入時期を揃えてセットで使えとか、そんなに気を付けて使わないといけないの?

ここら辺が解決されて「簡単に何度でも繰り返し使える次世代の電池」というのがエネループへの期待だった。結論を言おう、買い置きの使い捨て電池の方が100倍使い勝手が良い。エコ病を拗らせるとロクなことが無いね。

まとめ

  • 初期投資が高い割に繰り返し使えない(元が取れない)
  • 使い方の気を付ける点が多すぎる
  • メモリー効果が出た電池をリフレッシュするにはその機能がある充電器がいる(最初から付けとけ)
  • 端子の腐食と思われる不安定動作が頻発
  • 充電器の寿命サインが出ると特定に手間が掛かる(個別サインが無いので)
  • そもそも寿命が来るほどの回数充電してない(公称回数と実質回数で乖離しすぎ)
片手で触るだけで壊れるカバコ
片手で触るだけで壊れるカバコ
鋭く尖って非常にキケン
鋭く尖って非常にキケン
細かく割るのに力はいらない
細かく割るのに力はいらない
底面にあった品質表示
底面にあった品質表示

何年か前にホームセンタームサシで買ったカバコという商品ですが、材質に問題があるようで激しく劣化します。ちょっと触っただけで割れるほど脆くなり、片手でもほとんど負荷なく(チョコレートほどの強度)パキパキ折ることができるほど。壊れた部分は鋭角に尖ってかなり危険な状態になるので、すぐに使用を止めたほうがいいです。

ネットで調べても同様の報告はないので、改良されたのかパチものなのか分かりませんがリコールものの異常さだと思います。特にお子さんのいる家庭では、この製品につかまったりして壊れるとヤバいことになりかねません。壊れ方によっては剣先のように飛び出て危険極まりない状態になる場合がありますので。

家にはその時に買ったカバコしかないですが、全部この症状になっています。幸い簡単に細かくなるし、バラバラにして燃やすゴミとして処分します。

こんなキケンな製品は回収するなり、メーカーとしてきちんと対応して欲しいものだと思います。

Amazon Prime Video でしか見られないスタートレックピカードを視聴するために無料体験中です。そのピカードの視聴には何の問題も無かったのですが、別のフリンジを視聴していると稀に音声が途切れたり、一瞬ぐるぐるが表示されたりします。回線の問題かと思ったのですが、第2シーズン7話「マインドコントロール」の冒頭、警官が屋上から落下するシーンは何回再生しても必ず起きます。

アプリ版での再生は問題なし

試しに Windows ストアアプリ版のプレイヤーで再生したところ、問題のシーンでもスムーズに再生できました。もちろんダウンロード視聴でも問題はありません。恐らくウェブ版のプレーヤーは先読みバッファが少なくて間に合わなくなることがあるのでしょう。

もしかしたら、Google Chrome 以外のブラウザなら大丈夫なのかも知れませんが、面倒なので確かめません。同じようにプチフリにお困りの場合は、アプリ版での再生を試してみることをお勧めします。