障害対応 : してログ

前日までちゃんと起動し動作していましたが、いきなり起動しなくなりました。WindowsXP のロゴが表示された後、一瞬だけブルースクリーンが表示されリセットが掛かり、その繰り返しになります。セーフモードなどでも同様に、ブルースクリーンの後リセットしてしまいます。

ブルースクリーンの内容

A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage
to your computer.

UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME

If this is the first time you've seen this stop error screen.
restart your computer. If this screen appears again, follow
these steps:

check to make sure any new hardware or software is properly installed.
If this is a new installation. ask your hardware or software manufacturer
for any windows updates you might need.

If problems continue. disable or remove any newly installed hardware
or software. Disable BIOS memory options such as caching or shadowing.
If you need to use Safe Mode to remove or disable components. restart
your computer. press F8 to select Advanced Startup Options. and then
select Safe Mode.

Technical information:

*** STOP:  0x000000ED (0x8A821E30,0xC000009C,0x00000000,0x00000000)

内容的には「起動ボリュームに接続できません」「新しく追加したハードウェアやソフトウェアがある場合はそれを疑え」となります。追加したハード(ビデオカード)はあるんですが、昨日再起動して問題無いことを確認していますので、HDDが自然に壊れた可能性が高いです。

HDDを別のパソコンに繋いで検証する

問題の HDD を取り出して別のパソコンに繋げることで、故障原因を切り分けます。接続してみると「ガリッガリッガリッ...ガリッガリッガリッ...」と駆動音がおかしく、マイコンピュータ上では「ローカルディスク (F:)」と表示されるものの、空き容量等の表示がありません。右クリックすると応答なしになり異常終了、[ディスクの管理]も開きません。

ハードディスクの物理故障で間違い無さそうですが、何の前兆もなくいきなりこのような状態になったのは初めてです。ちなみに機種は最も信頼を置いていた、HGST(HITACHI HDT721010SLA360)でこのメーカーの故障は初めてじゃないかと思います。

この状態だとデータ救済は無理で、再インストールコースなので非常に面倒くさいことになりました。せっかく WindowsXP でライブ配信環境を整えたばかりなのに、1回やっただけでそれは無いなと思います。

メールの取得に異常な時間が掛かるとかで、見たところ「Windows Live メール(Windows 7)」の送受信の処理で600通程度の表示で詰まっているような感じです。待っていれば新着メールも受信して正常終了(エラー表示やログ等は出ていない)になります。アカウントの設定では、POP3 のサーバーで取得済みメールのコピーはサーバーに残らないようになっています。しかし、何度受信しても600通の表示は変わらない(削除されていない)し、毎回長時間待たされます。

このメーラーからサーバーの生の反応を見れるか分かりませんので、telnet の出番です。Windows7 なので標準で入っていませんが、コントロールパネル「プログラムと機能」から「Windows の機能の有効化または無効化」で telnet を追加できました(OS のメディアは必要ありませんでした)。

早速、問題のユーザーで telnet から接続してみると、表示された600通の残メールがありましたが、DELE コマンドで削除も可能で特に問題があるように見えません。メーラーが送るコマンドを想定して手動で操作してみましたが、特段問題があるような反応もありませんでした。何通か消した状態でメーラーで送受信してみると、表示されるメール数は減りますが、残りのメールは削除してくれません。すべてのメールを手動で削除するのは不毛な作業ですので、ちょっと困りました。

悩むこと数分、思いついたのはエクセルの使用です。エクセルを起動し、DELE 1 とセルに入力します。そのセルのフィルハンドルをドラッグして、DELE 600 まで複製します。最後に範囲選択して、コピー&ペーストでコマンドプロンプト(もちろん telnet で接続済み)に流し込みます。サーバーの返答「OK」が前後しますが、これで確認(LIST コマンド)すると全部消えたようです。

メーラーの送受信も一瞬で終わるようになり、新しいメールも受信後サーバーから削除されるようになりました。結局、何が原因だったのかまでは分かりませんが、ともかく解決することができたようです。

誤って電源プラグが抜けてしまって、リビルド途中のReadyNASもブチ切りされてしまいました。ヤバイなーと思いながら復電してみると、何事も無かったごとくリビルドが再開されて助かりました。リビルドのパーセンテージも中断してところから再開されているようです。

このReadyNASは、iSCSIを割り当ててあって、ESXiのゲストOS(しかもシステムボリューム)にしてあるのですが、特に問題もなくゲストOSは実行されていました。つまり、iSCSIは一時的に接続が切れても、問題が起こらないようになっているらしいです。以前から、ReadyNASのファームウェアアップデートを躊躇して(リブート時にiSCSIが切れるから)いましたが、その心配は無用だったようです。という訳で、ついでのファームウェアアップデートも行っちゃいました。

ハードウェア障害っぽい
ハードウェア障害っぽい
どうやら原因はメモリのようだ
どうやら原因はメモリのようだ

未だに稼働している Windows 2000 Server が遂に堕ちた。しかしこのブルースクリーン、ずいぶん簡素なメッセージでハードウェア故障を報告しています(初めて見るタイプだ)。強制的にリセットしてみると、メモリの構成変更のワーニングが出たのでメモリが逝ったらしい。とりあえず、休止サーバーからメモリをかき集めて交換して復旧させました。

Canon MX7600(インクジェット複合機)で今朝からスキャンできない障害が発生しました。プリンタ側のスキャンボタンを押すと PC 側では「スキャナドライバでエラーが発生しました。読み取りを中止します。」のエラー表示が出てしまいます。とりあえず、メーカーから最新版の MX Navigator EX v1.13(純正のスキャンユーティリティ)をダウンロードしてインストールしたり、プリンタ電源 OFF/ON、PC の再起動を試すも状況に変化なし。キャノンお客様相談センターへ電話することに。

受付開始の9時ドンで電話してみましたが、特に待たされることもなくスムーズに繋がります。状況を説明したら、プリンタドライバを再インストールと、ファイヤーウォールOFF、セキュリティソフトOFFを試すように言われます。再起動などに時間が掛かるので、問い合わせ番号を頂いて電話を切りましたが、全部試して変化なし。最呼。

次の人に言われて、MP Navigator EX(PC 側ユーティリティ)からスキャン実行してみたところスキャンできた。つまり、プリンタ側でスキャンボタンを押すとうまくいかないようだ。ここで、スキャナのログを確認する手順を教えられるが、どうやらログを確認するタブが出てこない模様。そこに原因があるかも知れないが今は分からないと言う。次に試して欲しいと言われたのが、LAN ではなく、直接 USB ケーブルで繋いでどうかということですが、面倒臭くなったし、スキャン可能な手順も分かったため、試してみることにして、終了しました。

恐らく昨夜、Windows Update が掛かっているので、それが原因では無いかと思います。サポートの人には何度か伝えたのですが、色々と試した末、結局解決には至りませんでした。