月 : してログ


昨日の皆既月食はすばらしい条件で観測できました。最初から最後まで雲ひとつ掛からない奇跡的な好条件でした。こんなに条件がいいと、サブカメラと赤道儀を調達しておけば良かったと激しく後悔しました。そろそろ買いたいですな。

10/08 19:43 新潟市南区
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
JPG×1→Photoshop
Tags #天文 #月 #満月 #皆既月食 #ブラッドムーン
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

この日の夕方、雲が多くてダメかと思いつつ、23時頃に確認すると月暈が掛かっていました。ブロ友さんにメールしようと思ったらすでにメール有り、さすがでござる。こうなると、月暈+月+土星で一枚撮りたくなるものですが、なかなか難しかったようです。上の写真を等倍で見ると、微かに写っていました。


↑印が付いているところに土星があります。
月が膨張していますが、月の直径2個ちょっとの場所です。


↑300mmだと分離できました。
が、このぐらい月を白飛びさせないと見えてきません。


↑月に露出を合わせると、土星は見えません。


↑土星を等倍で見ると、輪っかが見えるような気がします。

05/14 月と土星
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L
Tags #天体観測 #月 #土星 #月暈
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

月は日々めまぐるしく変化して様々な表情を見せてくれます。今日は昨日より1時間遅く姿を現し、注意深い人は光と影の交換が行われたことに気づきます。今夜はちょうど半分の月。その表情は私の生まれた日と同じはず。

2013/12/09 17:19 JST

種類: 月
等級: -11.02 (大気減光時: -10.75)
絶対等級: 33.58
赤経/赤緯 (J2000): 22h53m12.8s/-3°15'17.5"
赤経/赤緯 (瞬時): 22h53m56s/-3°10'50"
銀経/銀緯: +67°58'54.0"/-53°01'02.2"
時角/赤緯: 23h54m12s/-3°10'50" (幾何学上の)
時角/赤緯: 23h54m12s/-3°10'25" (見かけ上の)
方位角/高度: +177°47'56"/+48°52'39" (幾何学上の)
方位角/高度: +177°47'56"/+48°53'04" (見かけ上の)
Ecliptic Topocentric (of date): +343°33'27.0"/+3°33'16.1"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.9"
距離: 0.00247766天文単位 (370652 km)
見かけの直径: +0°32'13.7"
恒星周期: 27.32日 (0.075ユリウス年)
恒星日: 655h43m11.5s
平均太陽日: 708h44m2.8s
位相角: +93°42'44"
離角: +86°08'38"
位相: 0.47
照度: 46.8%


こちらは金星による光冠です(文字にすると金光冠?)。今日は大気光学現象が現れそうな雲でしたが、淡い月ハロのみでした。金星は明るいですが、まさか金ハロとかは出ないですよね。面白いのは、金星自体が露出オーバーで丸く写っているのに対し、金星のゴースト(上方やや左)は相が現れ三日月形になっていることです。

2013/12/09 17:16 JST
金星
種類: 惑星
等級: -4.38 (大気減光時: -3.70)
絶対等級: 29.23
赤経/赤緯 (J2000): 19h52m56.1s/-23°00'07.9"
赤経/赤緯 (瞬時): 19h53m46s/-22°57'56"
銀経/銀緯: +18°00'41.3"/-23°17'22.5"
時角/赤緯: 2h51m22s/-22°57'56" (幾何学上の)
時角/赤緯: 2h51m14s/-22°55'26" (見かけ上の)
方位角/高度: +220°54'06"/+17°01'34" (幾何学上の)
方位角/高度: +220°54'06"/+17°04'35" (見かけ上の)
Ecliptic Topocentric (of date): +296°01'36.8"/-2°03'39.4"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.9"
距離: 0.39129668天文単位
見かけの直径: +0°00'42.7"
恒星周期: 224.70日 (0.615ユリウス年)
恒星日: 5832h28m47.1s
平均太陽日: 2802h0m52.2s
位相角: +121°33'30"
離角: +38°39'15"
位相: 0.24
照度: 23.8%

12/09 南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
RAW×8→Photoshop
Tags #天体 #月 #上弦の月 #金星 #大気光学現象 #光冠
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

薄明のグラデーションの中で、昼と夜の境界に浮かぶこの月は、二日月です。新月を一日と数えますので、最初に見える月でもあり、これほどまでに細く油断していると見逃してしまうくらいです。この写真では、地球照を映し出すためにISO感度を上げる代わりに、8枚重ねあわせてノイズを減らしています。

2013/12/04 17:21

種類: 月
等級: -6.27 (大気減光時: -4.03)
絶対等級: 38.40
赤経/赤緯 (J2000): 18h00m4.8s/-19°56'57.1"
赤経/赤緯 (瞬時): 18h00m54s/-19°56'57"
銀経/銀緯: +9°24'39.2"/+1°44'17.5"
時角/赤緯: 4h29m31s/-19°56'57" (幾何学上の)
時角/赤緯: 4h28m58s/-19°49'40" (見かけ上の)
方位角/高度: +240°28'43"/+4°19'55" (幾何学上の)
方位角/高度: +240°28'43"/+4°30'33" (見かけ上の)
Ecliptic Topocentric (of date): +270°12'47.4"/+3°29'17.8"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.9"
距離: 0.00240334天文単位 (359534 km)
見かけの直径: +0°33'13.5"
恒星周期: 27.32日 (0.075ユリウス年)
恒星日: 655h43m11.5s
平均太陽日: 708h44m2.8s
位相角: +161°45'41"
離角: +18°11'41"
位相: 0.03
照度: 2.5%



こちらは宵の明星(金星)です。だいぶ地球に近いらしく、三日月のように見えています。ここ数日は、細い月と絡んでいました。この写真は、明るい金星を抑えこむために、最低感度、絞り16、1/500秒の速いシャッタースピードで撮影されています。

2013/12/04 17:27
金星
種類: 惑星
等級: -4.37 (大気減光時: -3.65)
絶対等級: 29.06
赤経/赤緯 (J2000): 19h42m28.6s/-24°02'12.4"
赤経/赤緯 (瞬時): 19h43m19s/-24°00'12"
銀経/銀緯: +16°02'13.8"/-21°25'23.4"
時角/赤緯: 2h53m8s/-24°00'12" (幾何学上の)
時角/赤緯: 2h53m0s/-23°57'30" (見かけ上の)
方位角/高度: +220°38'34"/+15°56'25" (幾何学上の)
方位角/高度: +220°38'34"/+15°59'40" (見かけ上の)
Ecliptic Topocentric (of date): +293°28'48.4"/-2°38'47.1"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.9"
距離: 0.42423772天文単位
見かけの直径: +0°00'39.3"
恒星周期: 224.70日 (0.615ユリウス年)
恒星日: 5832h28m47.1s
平均太陽日: 2802h0m52.2s
位相角: +116°03'01"
離角: +41°12'02"
位相: 0.28
照度: 28.0%

12/04 新潟市中央区
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
RAW×8→Photoshop
Tags #天体 #月 #二日月 #地球照 #金星 #宵の明星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

このブルーライトアップ、世界糖尿病デーに合わせたものかと思っていましたが、「横田めぐみ」さんら北朝鮮に拉致された被害者救出のシンボル「ブルーリボン」に合わせたものだそうです。めぐみさんは、11/15で拉致されてから36年、一日も早い救出を願います。

なお、メディアシップのこの部分は光の帆布(ライトセイル)というらしいです。これからクリスマスシーズンには、クリスマスカラーに変わるとのこと。今思えば、青い萬代橋とコラボレーションしとけば良かったですね。

11/14 新潟市中央区
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR JPG×9→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #夜景 #メディアシップ #月 #萬代橋
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

冬の大三角とオリオン座 11/22 26:00 RAW×1


北天 11/22 26:37-27:03 JPG×72

オリオン座は月が明るく邪魔で、露出をかけるとゴーストが目立つし、出る位置も悪いです。北天の72枚からなる合成写真は、流星狙いで撮影したものから雲の少ない時間帯を選んでいます。残念ながら、散在流星もなしでした。

単純な比較明合成による画像は、星座の形が分からなくなるので、明るさを変化させながら合成したいです。SiriusCompの動画オプションで、残像レベルを指定したときのようなイメージですが、静止画にはそのようなオプションが指定できません。他のツールを探しましたが、これに叶うものがありませんでした。もちろん、手動で合成することはできますが枚数が多くなると辛いです(この記事の2枚めは手動でやってます)。どっかで作例を見たんですが、あれも手動でやってるのかな・・・。

11/22 南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
Tags #比較明合成 #北天 #冬の大三角 #オリオン座 #月 #木星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

金曜日(4日)は新聞に載るほど焼けたそうですが、仕事の都合で撮り逃してしまいました。日が短くなってどんどん夕陽に間に合わなくなっていきます。この日(7日)は空や雲が良さそうだったので、早めに切り上げて新川漁港に行ってみました。すでに夕陽は佐渡を逸れ、水平線に沈んでいます。秋ですねー。


焼けないかと思いきや、僅かの時間、楽しませてくれました。


新月を過ぎて、生まれたてのクレッセント。
この日は、月―土星―水星で三角形になるはずですが、水星が見えません。

こういう系は最近、Google+のほうにアップしております。何というか、加工画のほうは撮りからして、やる気が無いんですよね。。。こまったなぁ。

10/07 新潟市西区 新川漁港
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→PhotomatixPhotoshop
Tags #大気光学現象 #内暈 #幻日 #夕焼け #月
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

↑月の左上の青白い点がスピカです
潜入時刻に間に合わず、出現のみの観測です


↑夏の大三角と長く伸びた明るい流星


↑放射点付近に現れた明るい流星
右上にカシオペア、下に昴、流星の少し上にアンドロメダ銀河(僅かに見える)


08/12-13 新潟県中越 スピカ食、ペルセウス流星群
Tags #天文 #月 #スピカ #恒星食 #流星群 #ペルセウス流星群 #夏の大三角 #カシオペア

(1)
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L
RAW×1→Photoshop(トリミングのみ)

(2,3)
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
JPG(F3.5,ISO3200,SS10s)×1→Photoshop(星強調、ノイズ低減、トリミング)
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

昨夜は雲が掛かってこのまま雨かと思ったら意外と大丈夫でした。そう思って昨日アップしたのが逆に薄曇りの中です。画像はコンポジット合成とシャープネスを少し掛けた程度です。時刻の脇の数字は、半影食開始時刻(03:00)からの差になります。

最後の04:17のでようやく上のほうが暗くなった?って程度です。前の時は、結構分かるもんだな〜って思ったのにね。色の変化の方が面白いかも知れません。

04/26 未明
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L
各RAW×4→Photoshop(加算平均コンポジット)
Tags #天文 #月 #満月 #半影月食
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

明日未明は西日本で僅かな部分月食が見られます。東日本では沈んだ後になるため見られません。

この月は、雲が出てくる前の20時頃撮ったもので左下が少し欠けていますが、これは月食のものではありません。満月時刻前だからです。明日の明け方には完璧に近い満月になると思われますが、条件は厳しいでしょう。

04/25 20:08 自宅の窓より 満月直前
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L
TMI RAW×4→Photoshop(加算平均コンポジット)/TpzAdjust
Tags #天文 #月 #満月
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です