建物 : してログ


(1) HDR写真はHDRじゃない
プリント写真やモニターに比べ、ダイナミックレンジが広くなければ「ハイ」ではありません。
従って、モニターに映し出されている時点で、どんな写真もHDRでは無いのです。
(2) HDR写真とHDR画像は別もの
HDR画像は、モニターで表現できる範囲に収まるよう調整しない限り、見ることはできません。
その調整したものがHDR写真であり、いわば部屋の窓から風景の一部を切り取っているようなものなのです。
(3) RAWを明・適・暗の3枚現像してHDR合成すればOK?
これ意味無いから。
RAWの全てを生かしたいなら、そのままHDR画像に変換したほうが良いです。
そもそもRAW画像そのものが、軽いHDR画像なのです。
(4) ゴースト除去をかければ動体もHDR合成できる?
ゴースト除去は動きのあった周囲を合成せず、1枚の画像でパッチワークします。
従って、動いている被写体の周辺は通常のダイナミックレンジしか無く、その部分の明暗差が激しいと自然な合成となりません。
(5) HDRらしさはHDRと無関係
よく見るローカルコントラストが強調されたやつは、通常の写真からも作れます。
HDR画像がその素材に向いていたり、通常画像に落とし込んだ際の、見た目を改善する手法のひとつに過ぎないのです。
(6) そもそもこんなの写真じゃない
実はそれほど違わない。
通常写真は、光景の広いダイナミックレンジから一部を切り取ったものである。
HDR写真は、光景をできるだけ完全にデータ化し、その広いダイナミックレンジから一部を切り取るなど加工を行ったものである。
(7) HDRに向いている被写体と言われるもの
それは大抵、ローカルコントラストを強調して見栄えが良くなるものを言っています。
本当に向いているのは、明暗差が激しく動いているものが少ないシーンでしょう。

※一部、説明不足や、一方の側面に立った断定をしております。
※(3)は画像加工のテクニックとして有効に使える場合があるかも知れません。

03/24 新潟市中央区⇔東区 新潟みなとトンネル
Canon PowerShot S100
JPG×3→Photomatix / TpzAdjust / Photoshop
Tags #建物 #トンネル #ベンチ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

平日に映画館行くと、そんな人がたくさんいる。こいつら仕事してるんかな〜なんてブーメラン返って来そうな疑問を投げかけてみる。レイトショーやファーストデイは結構人が多いから、シネマチネで行くのがいい。ほとんど空き空きの映画館でパーソナルシアターの気分で楽しめるから。それに、Tジョイ新潟万代だと、駐車場5時間無料ってのがここを選んでしまうポイント。これだけ時間があると、新しくなった万代をブラブラしても余裕だ。

さて、表題の何故?だが、基本的に映画の世界に入り込みたい人なので、関係無いものは全部排除したい。一緒に観た人に、「どうゆうこと?」と複雑なストーリーの説明を求められたり、「この人、×××に出てた○○○だよね?」とか俳優名を聞かれたり、ほんと勘弁してもらいたい。と、呟いてみる。

ところで、最近の映画館の音響はキンキン聞き取りづらいと感じるのは私だけ? もしかしたら、年取って耳の聞こえ方が変わって来ているのかもしれないけど、セリフが聞き取りづらかったり、高音が耳に障ることが多い気がする。ユナイテッドシネマとTジョイ新潟万代はそう感じる。ワーナー・マイカルはそうでもないかも。

※この記事はファン限定です。転載や二次利用はご遠慮ください。

05/23 新潟市中央区 Tジョイ新潟万代
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #建物 #映画館 #お姉さん #ファン限定
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

今日は霧の一日。お昼すぎ、こんなに霧が濃いのもめずらしいので、カメラ持って千歳大橋まで歩いてしまいました。橋の上から見ると、見渡せるのは1〜2kmも無かったと思います。いつもだとよく見える角田山も見えませんでした。

05/14 新潟市中央区 新潟県庁
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #霧 #建物 #新潟県庁 #生き物 #鳥類 #カラス
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

とあるビルから見た「さいたま新都心駅」の俯瞰風景です。確か15階か18階の高さからと思います。ガラス越しの濁りは、シアン被り補正&セブンの看板でホワイトバランス調整、低かった彩度を少し上げ、などしました。展望窓からの撮影は三脚使用の一眼でRAW撮影したいですね。S100の素材だと弄れるキャパが狭いです。

自由通路はトンネル状になっており、チューブバレルの中にいるようです。上から見ると、ホームの屋根が波を打ったリボン状になっているのが分かります。設計した人は波とかをイメージしたのでしょうか。奇抜な建物ですね。

04/24 さいたま市大宮区 さいたま新都心駅
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #俯瞰 #建物 #駅 #さいたま新都心駅
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

グランドオープンしてから何度か撮りに行ってます。想像以上にフレーミングが難しい難物な被写体でした。新潟は高いビルが少ないから、というのは言い訳で、広角のパースをうまく生かせてないのと、広い画角に入り込む不要なもの(この画なら左のコズミックビル)を追い出せない歯がゆさで、ビルのまわりをぐるぐる。iPhoneで縦パノラマも撮っても、なんだかなぁ〜って感じです。そろそろ、じぇじぇじぇなやつが欲しいです。

05/03 新潟市中央区万代
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #建物 #メディアシップ #万代
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

駅南ペデストリアンデッキからの眺め。

最近、YouTube などに上がっている Photoshop 超絶テク動画を見ています。かなり圧倒されてしまいますが、参考になる部分もあるので、ちょっと勉強してみようかと思っています。

スーパーメトロイドの超リアル版
http://www.youtube.com/watch?v=qyrIU_90epw

巨大ゾウガメ
http://www.youtube.com/watch?v=krRNf07cAHY

飛行機の墜落事故
http://www.youtube.com/watch?v=53m0syaPg9A

03/26 新潟市中央区 新潟駅
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #建物 #新潟駅
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える― ピンクリボンフェスティバルの一環としてNEXT21の尖塔部分がピンク(普段はこんな感じのホワイト)にライトアップされています。私の目には、ピンクというより紫、雅な感じがしますが、普段とは違うランドマークタワーが一際目を惹いています。

新潟は台風一過とはならず、ずっと曇りが続いております。そろそろお月様や星空が見たいです。

10/3 新潟市中央区
Canon EOS Kiss X4 + ML / EF300mm1:4L
HDR JPG×9→PhotomatixPhotoshop
Tags #建物 #NEXT21 #ピンクリボン
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

HDRの素材用として、PowerShotS100のJPGとRAWを比較してみましたので、興味ある方はご覧下さい。JPG+RAWの設定にして撮影したものを、Photoshop の Camera RAW にて現像(パラメータはデフォルト)したものと比較しています。

■色収差

ワイド端で撮った写真の端っこのほうを等倍で切り出しています。RAWはカラーフリンジがかなり出ていますが、JPGでは綺麗に修正されています。

■ノイズリダクション&シャープネス

ノイズリダクション標準の素材です。この素材ではいい感じに引き締まってると思いますが、葉っぱなどの周りに黒く縁取ったような、少しシャープネスがキツいと感じる場合もありました。ただ、明るい部分はうまく調整されていて、すばらしい効果を出していると思います。

■歪曲収差

歪曲収差はだいぶ補正されているっぽいです。Photoshop + Camera RAW でも補正してくれますが、Photomatix で処理させた場合は補正してくれません。この場合は、Photoshop のレンズ補正をかけることになります。

■暗部ディティール&ノイズリダクション

違いが分かるように暗部を少し持ち上げています。ノイズリダクションの影響でディティールが溶けた感じになっています。HDRの仕上げ処理でも、ノイズリダクションを若干強めに掛け、アンシャープマスクで引き締めるという手順を踏みますが、そのシャープネスがうまく掛かってない感じです。また、RAW の持っているダイナミックレンジは、そのまま JPG に反映されているように思います。言い換えれば、センサーの性能ギリギリまで使っていて、余裕が無い感じです。

■まとめ
DIGIC5が結構な仕事をしているようでJPGを素材にしたほうが楽なようです。RAW の利点としては2つ、ダイナミックレンジの広さと、トーンの滑らかさです。ダイナミックレンジの広さについては、ギリギリまで利用してJPGを出しているらしく、利点は得られません。なのでもう一つの、トーンの滑らかさをどう考えるか、になると思います。いくつか処理してみた感じでは、色収差や歪曲収差を補正する手間をかけてまで、取りたい利点ではないように思いました。連射速度も稼げますし、普段は JPG 撮りで行こうと思います。

最後に、RAW と JPG でトーンの滑らかさにどれほど違いがあるか、グラフを示しておきます。空の白飛び付近の輝度変化です。上がRAW、下がJPGです。



こちらもどうぞ
PowerShotS100レビュー(1)

6/10 新潟市中央区 天寿園
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #建物
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です