大気光学現象 : してログ


私がいた場所は雲が多すぎて月がほとんど見えませんでした。この1枚は皆既終了ぎりぎり(21:05)に、薄い雲が来た僅かな時間に撮影したものです。全体に雲がかかっているので解像感が無く、右下は厚い雲で欠けてしまいました。Stellariumでシュミレーションしたデータを付けます。

Moon
Type: moon
Magnitude: -6.29 (extincted to: -5.91)
Absolute Magnitude: 38.15
RA/DE (J2000): 12h54m44.7s/-5°49'44.6"
RA/DE (of date): 12h55m32s/-5°54'41"
Galactic longitude/latitude: -55°33'23.3"/+57°01'58.7"
Hour angle/DE: 21h15m36s/-5°54'41" (geometric)
Hour angle/DE: 21h15m39s/-5°53'42" (apparent)
Az/Alt: +129°38'55"/+31°52'13" (geometric)
Az/Alt: +129°38'55"/+31°53'27" (apparent)
Ecliptic Topocentric (of date): +195°04'01.4"/+0°01'30.8"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.3"
Distance: 0.00267003AU (399430 km)
Apparent diameter: +0°29'54.4"
Sidereal period: 27.32 days (0.075 a)
Sidereal day: 655h43m11.5s
Mean solar day: 708h44m2.8s
Phase Angle: +0°39'37"
Elongation: +179°20'16"
Phase: 1.00
Illuminated: 100.0%


これは夕陽の低い位置に現れた光冠です。これは珍しいかも。

04/04 新潟市
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L / EF70-300mm F4-5.6L IS USM
RAW×1→Photoshop
Tags #天文 #月 #満月 #皆既月食 #ブラッドムーン #夕陽 #大気光学現象 #光冠
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

2014年6月の空をまとめた動画です。夏至にあたりますので、ほぼ同時に夜が明け、夜が訪れます。月は毎日1時間ずつ遅く出るため、見えていれば斜めに並びます。


5/30


6/3


6/19 上部ラテラルアーク?


6/24


こ、これは…


06/01〜30 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture2
JPG×169915→自作ツール/TMPGEnc VMW5
Tags #微速度撮影 #大気光学現象 #内暈 #上部タンジェントアーク #上部ラテラルアーク
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

残念ながら生で見てはいませんが、LHCAM(ライブカメラ)のほうに写っていました。なお、LHCAMに環水平アークが写ったのは初になります。

■追記■

よく見たら幻日環が写っていましたので、アニメーションGIFに切り取ってみました。画面の真上をよく見ていると、白い円弧が見えます。明るいスポットが120度幻日かと思いましたが、そうであればこの動きはおかしいので、雲の濃い部分が流れていくのに合わせて、そう見えているように思います。



05/24 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture2
JPG×5667→TMPGEnc VMW5
Tags #微速度撮影 #大気光学現象 #環水平アーク #内暈
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

何度も空を見ていると、周りの視線が気になったりしませんか? その人も空を見上げたりしたら、申し訳ないので、ごく自然に空を確認する方法を伝授しましょう。

まず、首を回します、次に胸の辺りで指を組みます。おもむろに、組んだ手を裏返して自然に“伸び”動作に移行します。そのまま、太陽に向かって腕の角度をあげて行きましょう。組んだ手の中に太陽を入れたら、素早く、ハロ、幻日を確認し、更に真上の環天頂Aを確認しますvb。

あまり、やり過ぎると、整形外科を紹介されると思います。

+とびだせどうぶつの森やってる人、フレンドになってください<唐突すぎ?内緒コメなどで(^_^;)

05/04 加茂市 冬鳥越スキーガーデン
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→Photomatix / Photoshop
Tags #乗り物 #電車 #蒲原鉄道 #大気光学現象 #内暈
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

今日の画像の下半分を占めるのは、粟ヶ岳からの伏流水を溜め込んだ加茂市の水瓶「第一水源地」のダム湖です。ディティールに加え彩度を強調したことにより、偽色が出ていますが、こうでもしないと引き出せないものが、池の中にあります。そこに映し取られた虹色の円弧は、太陽の輝きが作り出す内暈(ハロ)です。

今から1万5千年前に太陽内部を出発した光は、先ほどようやく太陽表面に到達しました。邪魔が無くなり直進できるようになったお陰で、今までの何百倍もの距離をたった8分で進み、地球の高層の薄い雲に含まれる六角形の氷の結晶によって屈折させられました。この時、最小22度の角度で強く屈折するため、太陽を中心にして22度の半径の内暈を作り出します。

水面に微かに浮かび上がったリングは、この内暈を正反射したものであり、カメラはそれらを同時に捉えました。この美しい内暈は最もよく起こる大気光学現象のひとつで、薄いものであれば月に何度も見ることができます。

※APOD風に解説してみました(^^;)

05/04 加茂市 水源地
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→Photomatix / TpzAdjust / Photoshop
Tags #大気光学現象 #内暈 #水鏡
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

この日(5/4)は全国的に大気光学現象が観測されたようで、各ニュースサイトなどでも取り上げられていました。あまり関係なさそうな保守速報の記事「【写真】日本各地で不思議な虹が目撃されるwwwwwwww」でも、すばらしい環水平アークが出雲大社(←あっ、察し)やスカイツリーと収められています。

新潟はあいにくの曇り空でしたが、鳥が羽を広げたようなタンジェントアークや幻日、ライブカメラなどでは環天頂アークも出ていたようです。もう少し条件が良ければ、お祭りに参加できたんでしょうけど、少し残念な空でした。なお、写真外側の円弧はレンズゴーストです。

<テレビ作品の中の大気光学現象:アニメ編>

■宇宙兄弟
第76話 - 第87話 主題歌 HALO / tacica
タイトルのHALOは恐らく内暈のことです。主題歌の TV CM の中でも内暈のイメージカットが使われていました。しかし、残念ながら作中やOP、PVではイメージはありませんでした。なお、曲自体はなかなか良いです。
- 【宇宙兄弟】HALO【tacica】 - ニコニコ動画

■マギ(第2期)
第14話 - 第24話 主題歌 光-HIKARI- / ViViD
OP映像のタイトルのバックで、いきなり見事な両幻日、幻日環を伴った豪華な大気光学現象が出てきます。
- 「マギ-Magi 」 OP2 ViViD 光-HIKARI- - YouTube

■それでも世界は美しい(第5話)
新潟では放送していないので未確認ですが、主人公ニケ姫が天候を操る能力を使って、太陽の周りにリングを掛けるシーンがあったそうです。リングとはもちろん内暈のことでしょう。主人公の能力からして、これからも何か出てくるかも知れません。

■天空の城ラピュタ
雲に映ったタイガーモス号(主人公たちが乗る飛行船)の影のシーンで、ブロッケン現象が確認できます。

■虹多数
その他、様々な作品で虹が描写されていますが、三日月と同じように適当に描写されることが多いです。色の順番など科学的に正しい表現をしている作品を探すのも面白いかも知れません。

05/04 加茂市 冬鳥越スキーガーデン
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→Photomatix / Photoshop
Tags #大気光学現象 #内暈 #幻日 #上部タンジェントアーク
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です




越後七不思議のひとつ、珠数掛桜を見に行ってきました。この桜はさくらんぼのように、ぶら下がるように咲きます。八重咲きながら、風に揺れる様は可憐な感じがしました。朝に訪れたのですが、逆光になり裏に回れないため、写真撮るなら午後がお勧めです。この日は暖かかったので、夕方には満開になったでしょう。

あと、この近くに2つある越後七不思議を撮影してきましたので、後日アップロードします。過去に訪れた、越後七不思議も合わせてどうぞ。

逆さ竹(さかさだけ)
繋ぎ榧(つなぎガヤ)
八珍柿の原木(はっちんガキのげんぼく) ※これは七不思議プラス1です



この日撮った内暈です。やっぱり何か絡めて撮るといいですね。バリアングルモニターが欲しいです。


↑福島潟の菜の花と



↑胎内チューリップFesの鯉のぼりと


04/29 阿賀野市小島377 梅護寺
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L
HDR RAW×1→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #サクラ #珠数掛桜 #天然記念物 #越後七不思議 #大気光学現象 #内暈 #菜の花 #こいのぼり
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

カナール彩の締めくくりの花火です。小さい花火でスターマインは1回しかありません。もう少しビッグスワンと重なる位置で撮りたかったです。とすると、あの辺から狙うといいんじゃないでしょうか(^_^;)



あと3ヶ月で設置後1年を迎えるライブカメラですが、ときどき謎の花火が写ります。それも、結構な頻度であがっているようで、気になって調べているのですが、今のところ手がかりはありません。方角的には青山のあたりで打ち上がっているように思います。ちなみに、花火の右側が県庁です。


↑4/13 19:00頃




↑おまけの不完全ハロ


04/27 新潟市中央区 鳥屋野潟
Canon EOS Kiss X4EFS60mm
HDR RAW×8→Photoshop(比較明合成)
Tags #花火 #鳥屋野潟 #ビッグスワン #大気光学現象 #内暈
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

月は日々めまぐるしく変化して様々な表情を見せてくれます。今日は昨日より1時間遅く姿を現し、注意深い人は光と影の交換が行われたことに気づきます。今夜はちょうど半分の月。その表情は私の生まれた日と同じはず。

2013/12/09 17:19 JST

種類: 月
等級: -11.02 (大気減光時: -10.75)
絶対等級: 33.58
赤経/赤緯 (J2000): 22h53m12.8s/-3°15'17.5"
赤経/赤緯 (瞬時): 22h53m56s/-3°10'50"
銀経/銀緯: +67°58'54.0"/-53°01'02.2"
時角/赤緯: 23h54m12s/-3°10'50" (幾何学上の)
時角/赤緯: 23h54m12s/-3°10'25" (見かけ上の)
方位角/高度: +177°47'56"/+48°52'39" (幾何学上の)
方位角/高度: +177°47'56"/+48°53'04" (見かけ上の)
Ecliptic Topocentric (of date): +343°33'27.0"/+3°33'16.1"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.9"
距離: 0.00247766天文単位 (370652 km)
見かけの直径: +0°32'13.7"
恒星周期: 27.32日 (0.075ユリウス年)
恒星日: 655h43m11.5s
平均太陽日: 708h44m2.8s
位相角: +93°42'44"
離角: +86°08'38"
位相: 0.47
照度: 46.8%


こちらは金星による光冠です(文字にすると金光冠?)。今日は大気光学現象が現れそうな雲でしたが、淡い月ハロのみでした。金星は明るいですが、まさか金ハロとかは出ないですよね。面白いのは、金星自体が露出オーバーで丸く写っているのに対し、金星のゴースト(上方やや左)は相が現れ三日月形になっていることです。

2013/12/09 17:16 JST
金星
種類: 惑星
等級: -4.38 (大気減光時: -3.70)
絶対等級: 29.23
赤経/赤緯 (J2000): 19h52m56.1s/-23°00'07.9"
赤経/赤緯 (瞬時): 19h53m46s/-22°57'56"
銀経/銀緯: +18°00'41.3"/-23°17'22.5"
時角/赤緯: 2h51m22s/-22°57'56" (幾何学上の)
時角/赤緯: 2h51m14s/-22°55'26" (見かけ上の)
方位角/高度: +220°54'06"/+17°01'34" (幾何学上の)
方位角/高度: +220°54'06"/+17°04'35" (見かけ上の)
Ecliptic Topocentric (of date): +296°01'36.8"/-2°03'39.4"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.9"
距離: 0.39129668天文単位
見かけの直径: +0°00'42.7"
恒星周期: 224.70日 (0.615ユリウス年)
恒星日: 5832h28m47.1s
平均太陽日: 2802h0m52.2s
位相角: +121°33'30"
離角: +38°39'15"
位相: 0.24
照度: 23.8%

12/09 南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
RAW×8→Photoshop
Tags #天体 #月 #上弦の月 #金星 #大気光学現象 #光冠
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

実家に帰省中なためモバイル環境からです。制作環境を入れてないので、Photomatix 体験版を使用しました。製品のロゴが入っているのはそのためです。

夜半過ぎに星空が見えたのでアイソン彗星&しし座流星群を期待して出動しましたが、残念ながらすぐに曇り、朝までそれが続きました。今夜は割りと条件もよく、さっそく長くゆっくりした流星を確認しました。朝まで楽しみです。

注)まだ放射点が上がってないのでしし座ではなく、方角からおうし座群ではないかと思います。

それと、今朝は濃い朝霧が発生しましたが、背後からものすごく大きな塊で迫ってきて、迫力がありました。広角でもファインダーに収まらないので、iPhone のパノラマでどうぞ。


↑向こうに見える白い塊が朝霧です。ID4を思い出しました(^_^;)


11/16 南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→Photomatix
Tags #大気光学現象 #薄明光線 #朝焼け

※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です