カー用品 : してログ

ハンドルカバー初体験

愛車のハンドル表面が剥げてきたので、ハンドルカバーという商品を初めて購入してみました。ドレスアップアイテムという位置づけなので、ふだん車にお金をかけていない自分にとっては疎いカテゴリーになります。たくさん種類が出ているので正直どれがいいのか分かりませんでしたが、赤黒のツートンのものにしてみました。

取り付け

簡単に取り付けられると思っていたら、これがとんでもなく固くて大変でした。考えてみれば、ズレたりしたら責任問題にもなりそうなパーツなだけに、かなり固く締め付けるような作りになっているのでしょう。正直、サイズを間違えたか初期不良なのかと思うくらい固いです。

商品が壊れることを心配するくらい思い切りひっぱって、ようやく装着できたときは指の感覚が無くなるくらいヒーヒー言ってました。装着中に何度か手が滑って、クラクションを鳴らしてしまったのはおそらく「あるある」なのでしょう、場所を選ぶか十分気を付けましょう。あと、もう二度と外したくなくなると思うので、センターを出す必要のあるハンドルカバーの場合は慎重に位置合わせしましょう。

まとめ

今回ははじめてハンドルカバーを購入してみました。むかしスポーティ感を出すのに、ハンドルのセンター位置に白いビニールテープを巻く、というドレスアップをしていたのを思い出しました。このハンドルカバーも見違えるほど車内の雰囲気が良くなりますが、あのテープひとつで驚くほど効果があったのは内緒です。

購入は近所の量販店でもいいですが品揃えが少なかったです。ネットで検索すると、ハンドルカバーはかなり多くの種類が出ているみたいので、デザイン重視ならネット通販のほうがお勧めです。

評価点

  • 表面の禿げたハンドルの触り心地が良くなった
  • 車内の雰囲気がカッコよくなる(思ったより効果絶大)
  • 赤と黒のツートンはスポーティでおしゃれ(センターマークもレース感があって良い)

マイナス点

  • 装着のし難さ(安全性のため仕方ない面はあるが)
  • ハンドルが太くなる
  • 内側はカバーされないので、逆手ハンドルすると握り心地が悪い(矯正にはいい)
  • 片手でぐりぐり回すのがやり難い(矯正にはいい)
総合評価:★★★★☆

素直に買ってよかった。