iPhone : してログ

12

iPhoneX が来たので機種変更に行って来ました。データ移行なんて簡単なはず、なのですがなんか嵌ってまして、実況して行きます。こりゃ、かなり時間かかるわ…。

  1. iPhone6s+ のデータを iTunes でバックアップ
  2. iPhoneX に復元…、で終わると思ってた
  3. セットアップで何故か古い Apple ID が出る(メルアドを変更したはず)とりあえず継続するが、認証されないので先に進めない
  4. iCloud 関係はスキップして初回起動したが、アプリ関係アップデートしようとして延々と、Apple ID の認証が出る(キャンセルの連打)
  5. なんかホーム画面が古いので確認すると、どうやら2015年のバックアップを復元したみたいだ
  6. 最新のを復元しようとすると、“iPhone を探す”をオフにする必要があると出るが、それをするには Apple ID で認証する必要がある
  7. 少し悩んだが Apple ID をサインアウトすることで、“iPhone を探す”をオフにできた
  8. もう一度、最新のを復元してみるが、「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、~復元できませんでした。」と出る
  9. ネットで調べると、iOS をバージョンアップしないとだめらしいので、6s+ をまずアップデートする
  10. 「ダウンロード中 2.67GB あと72分」まじか
  11. 待ってる間に、iPhoneX をいったん消去(これも Apple ID をサインアウトしないとできない)
  12. 6s+ のアップデートが完了
  13. 今度は X のバージョンが低いので復元できないと出る
  14. X をとりあえずスキップばかりでホーム画面まで行き、iOS のアップデートを実行する
  15. X のアップデート完了、復元プロセスが開始できた
  16. 再起動後、Face ID など残りの設定を完了
  17. かなりの数のアプリが “待機中”→“読込中” というプロセスを実行している
  18. 終わったのから起動して確かめてみるけど、オンラインの再認証が必要なアプリはあるけど問題無さそう
  19. 約5時間以上掛ったけど、移行作業ほぼ完了(後は待つだけ)

まだぜんぜん使ってないけど、サイズ感はバッチリです。手にフィットする大きさまで小さくなったので操作しやすいし、Face ID もすばらしい、また一歩スマホの方が歩み寄ってきた感じがします。今まで機種変してもあまりワクワクしたことありませんでしたが、X はこれから使って行くのがすごく楽しみです。

事前にお店で貰ったQRコードで予約しようとしたけど、法人契約だとここからできねーじゃねーか、ばかやろう。お店で相談したとき法人契約だと伝えていたのに、まさかできないQRコード渡されるとは思ってなかったわ。

追記

店舗で予約してきたけど、名刺を出したくらいで法人だからと言って特別なことは何も無かったな。対応したねーちゃんの性格が悪そうだったからQRコードの件、文句言わなかったよ。

バックアップを復元すると再発することから、バックアップデータに問題があるという疑いになりました。 Apple サポートのアドバイス通りに、iCloud から連絡先とブックマークを、写真は PC を使って手動で戻すことにしました。 他のアプリケーションのデータは捨てなければならないのですが、オンラインに保存するタイプのアプリなら残ることが期待できます。 行った手順は下記の通り。

  1. iCloud に連絡先とブックマークがバックアップされているのを確認しておく
  2. 問題のあるバックアップデータを一旦復元
  3. PC に繋ぎ直して、マイコンピュータにある iPhone デバイスのドライブから写真をコピー(ここで問題があったのは後述)
  4. 端末初期化を実行し、きれいさっぱり消し去る
  5. データの復元方法のところまで来たら、iCloud を選択する
  6. ひと通り処理が完了するのを待つ
  7. PC に接続するが、このとき「新しい iPhone」として登録する
  8. iTunes 上で写真の設定から、共有元を 3. でコピーしておいたフォルダを選択する
  9. iTunes で同期を行えば、写真は iPhone にコピーされる(ただし、この状態ではカメラロールに入っておらず、あくまで PC のフォルダのミラーという形になっている)
  10. iPhone の AppStore を開き、「アップデート>購入済み」の一覧から、再インストールしたいアプリをすべて選択する
  11. 各アプリを開き、アカウント等をひたすら設定していく

以上の操作では、復元できないものは下記の通りです。 これらは、個別に手動復元をするか、きっぱり諦めましょう。 どうしても前のデータを見たくなった時は、最新のバックアップを撮った後、古いバックアップデータを復元すれば確認できます。 iTunes 以外のソフトを使えば、これらのアプリのデータも復元できるかも知れません。

  • メールのアカウント情報
  • MMS のアカウント情報及びメッセージ
  • LINE などのアカウント設定
  • データをローカルに保存するようなアプリのデータ(例えば、燃費計算のアプリを使っていましたが、今までの給油記録をすべて失いました)
  • アプリアイコンの配置
  • 壁紙等
電波を拾えなくなる原因?

写真のバックアップで、PC にコピーするときエラーでうまくコピーができませんでした。 そのデータを調べてみると、ファイル名が空で、種類がローカルディスク、となっているファイルがありました。 これを PC にコピーすると、エラーは出るものの容量1KBのフォルダと同じ名前の付いたファイルができます。 中身はうまく開けないのですが、ある方法を使ってバイナリを見ると XML ファイルのようです。 推測でしかありませんが、このような壊れたファイルが、システム内にもあった可能性が考えられます。


↑ iPhone 側にファイル名が無いファイルがある


↑ PC にコピーすると容量1KBのフォルダ名と同じ名前でコピーされる
(ここでエラーとなりコピーが終了してしまうようです)

前回の内容から iTunes からデータ復元をしたところ、恐れていた現象が再現してしまいました。 分かったことは、端末リセット後は普通に使え、iTunes から復元した時点でキャリアの電波が拾えなくなるということです。 放っておけば大丈夫なこともありますが、テザリングを使ったときほぼ確実に通信不能になってしまうようです。

現象の詳細がだいぶ明らかになって、iTunes からの復元を諦めればいいという察しはついていますが、できるだけ楽にデータ復元したいということで、Apple サポートに電話してみました。 事情を説明すると、iTunes からの復元を諦め、iCloud から必要なものだけ復元するようにと、アドバイスいただきました。

  • 連絡先、ブックマーク他は、iCloud にバックアップする設定にします
  • メールについては、IMAP4 のため大丈夫です(POP3 の人は全部消えます)
  • 写真については、一旦 iTunes から復元し、PC に USB 接続した後、マイコンピュータのドライブから直接コピーを取ります
  • アプリの設定等は諦めるしかありませんが、アプリ自体は AppStore の購入済み履歴から再インストールできます
  • 必要なバックアップが取れたら、端末リセット>iCloudから復元>写真のコピー>アプリの再インストール、を行います
  • 写真の復元は、新しい iPhone バックアップを作成し iTunes 経由で行います
前の記事

久しぶりにテザリングを使っていたところ、1分ほどで接続が切れるトラブルがありました。 Wi-Fi の接続だけでなく、4G→3G→電波ロスト→キャリア名消失となり、最終的には電波「検索中...」となったままといった症状です。 電源を入れなおしても、通信リセットも効果なし。 新しく買った通信子デバイスのせいかと疑っていましたが、最終的には iPhone の不具合だったようで、Apple のサポートを受けてきました。

  • 不具合発生、単純なリセットでは解決できず
  • とりあえず「ネットワーク設定をリセット」 → 効果なし
  • SIM 抜き差し → 効果なし
  • iTunes でバックアップ後「すべてのコンテンツと設定を消去」 → 効果なし
  • Softbank 販売店にて、別 SIM で再現性を確認 → 別 SIM 入れてもダメなので本体故障確定 → Apple に持ち込めと言われる
  • Apple の修理カウンターに持って行き、経緯を説明 → 再度、別 SIM で現象を確認
  • ファームウェアリセット(最も強力なリセット)を行う → 現象改善
  • ちなみに、ここで改善しなければ、本体交換(3万8千円)コースだそうです

というわけで、工場出荷状態の iPhone になっています。 家に帰ったら、バックアップを復元してみますが、現象も再現したりして。。。 それにしても、Apple の対応はとてもスムーズで分かりやすく、さすがでした。 あと、本体診断プログラムでバッテリーの異常を見つけてくれて、無償交換プログラムの対象だということで、それの申し込みもしてくれました。 この辺が、次も iPhone にしようかな、と思わせる部分だと思いました。

続きの記事

iOS をダウングレードしたはいいけど、App Store でダウンロードできるアプリがほとんど無い、荒涼とした世界でした。( ゚∀゚)ハハハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

使いたいアプリの要求仕様が iOS5 からにアップデートされてて、4.2.1 に戻しても使えないし、どうせ要らないと思って、バックアップも取らずにダウングレードしたのが敗因ですね。やっぱバックアップは重要でした。ネットで旧バージョンの ipa をダウンロードしてきて差し替えてみましたが、「このアプリは App Store で購入したものではありません」的なエラーで蹴られてしまいました(´・ω・`)

ひとつ気づいたのは、アプリのアップデートをした後、PC でバックアップすると、古いバージョンのアプリがゴミ箱に(ipa の拡張子のやつが)捨てられています。これを回収して保存しておくと、何時でも旧バージョンに戻すことができます。戻したいときは、単に ipa ファイルをダブルクリックするだけです。OS のゴミ箱に捨てないで、iTunes 側にゴミ箱設けておいてくれたらいいのに。

しかし、App Store は旧バージョンもダウンロードできるようにしておくべきだと思いますね。現状では、iOS4 以前は見捨てられている状態です。唯一の入手先なのに、最新バージョンしか提供しないとか、酷すぎます。どっかの会社みたく、サポート延長を繰り返す責任感(次は有償らしいけど)を持ってもらいたいものです。

以前使っていた iPhone3G の iOS4.2.1 を iOS3.1.3 にダウングレードしたので、ご紹介します。基本的には、lifehacker の記事どおりに作業を進めればよいのですが、少し注意する点があったので、補足しながら手順を書きます。

  1. PC に iPhone を接続して、iTunes が立ち上がるのを待ちます
  2. iPhone の電源を落とします(スリープ・ロックボタン長押し→スライドで電源オフ)
  3. ホームボタンとスリープ・ロックボタンを長押しし10秒そのまま(電源が入る)
  4. スリープ・ロックボタンを離し、ホームボタンはずっと押したまま
  5. iTunes で「iPhoneがリカバリーモードになったことを検知した」と表示されれば成功→OKで閉じる
  6. iTunes 上で、Shift キーを押しながら復元ボタンをクリックします
  7. ダウンロードした 3.1.3 のファイルを指定します
  8. 復元プロセスの終了を待ちます(これにはしばらく掛かります)
  9. 1015 のエラーが表示されます→OKで閉じる
  10. RecBoot を実行して、「Exit Recovery Mode」をクリックします
    • RecBoot はこちらからダウンロードできます
    • RecBoot は Windows7 などで実行する場合、WindowsXP 互換モードで実行します(RecBoot.exe を右クリックして、プロパティ→互換性)
    • iTunesMobileDevice.dll が無いというエラーが出るので、「Program Files (x86)\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support」 にあるファイルを Program Files(サブフォルダは一緒)の方にもコピーして下さい
  11. iOS 3.1.3 が起動し作業終了です

iPhone3G に iOS4 は我慢に耐えない遅さなので、ダウングレードできたことで有効活用できそうです。

Bluetooth で iPhone を接続したとき HF Error 68 が出る理由が判明しました。電源を何度入れなおしても接続できなくて、I-K900 を捨てようかと思っている人は試してみてください。

エラーが出る理由は iPhone 側で音楽プレーヤーが起動していないことが原因です。ホーム画面に戻っていても構いませんが、バックで立ち上がっている必要があります。何らかのプレーヤーが起動していない場合は HF Error 68 となって、再接続するにも I-K900 の電源を入れなおさないといけないという、ダメダメ仕様のようです。

面倒っちゃ面倒ですが、理由が分かれば、まだ付き合えるというものです。それにしても、こんな酷い仕様で製品を出してしまうメーカーは反省して貰いたいです。ジャパンブランドでも KENWOOD は二度と買いません。

KENWOOD のカーオーディオ I-K900 と KCA-BT300(Bluetooth アダプタ) を使っていますが、iPhone4S を iOS6 に上げてから接続できなくなっていました。Bluetooth のデバイス一覧にも表示されず、ペアリングがまったく出来ない状態なのです。

結論から言うと、カーオーディオ側が不具合を起こしていたのが原因で、電源を切ってもエンジンを切っても解消しないので、iOS のアップデートが原因だとすっかり勘違いしていたようです。解消するには、機器のリセット(工場出荷状態に戻す)が必要でした。

機器リセット(工場出荷状態に)するには、ボリュームノブ、メニューボタン、ソース切替ボタンを同時に3秒間押します。いったん電源が切れ、次に起動したときに、デモモードになれば成功です。ペアリングが可能になっているはずです。

12