してログ

ハードオフで2,160円で購入してきました。パネルに目立つ傷があるということで少し迷いましたが、4:3 で縦に回転できるものを探していたので買いました。その目立つ傷はゴシゴシ拭いたら取れたので、かなりいい買い物だったかなと思います。

早速PCに繋いで映してみると、高感度ノイズのようなランダムドットのちらつきがあって一瞬、失敗したかなと思ったのですが、改善することができたので紹介します。症状で調べてみると「ATI社ビデオチップ搭載ビデオカード利用時の画面点滅・ ノイズについて」というサポート情報を見つけました。こちらはNVIDIAのビデオカードですが、似たような設定が無いかチェックしてみると、NVIDIAのコントロールパネルで「ディスプレイ>解像度の変更>カスタマイズ>カスタム解像度の作成>タイミング>ブランクを低減したCVT」に変更したところ改善しました。ちなみに、この現象はD-SUBでは発生していません、またDVIでも解像度を落とした時も発生しませんので、これで切り分けできると思います。

黄色いのが発生したノイズです
黄色いのが発生したノイズです
ブランクを低減したCVT
ブランクを低減したCVT

また、発色が若干緑が被っているような感じがするので、Windows の調整機能で補正してあげたらすばらしい映りをしました。写真を表示してもかなり引き締まった印象ですし、解像感は申し分ありません。

最近のディスプレイは16:9などの画面アスペクト比が多いですが、縦にして使う場合長すぎて使いづらいと思います。このディスプレイは4:3なので、縦にしたときちょうどよい比率(感覚的には16:9の横と、4:3の縦は同じ比率)に見えます。人間の目の特性なのか、横と縦とで長さの感覚が違っているようですね。

ちなみに、ATI Radeon 7000(H700H64-1TOP-R)の WindowsXP も繋げて回転させたかったのですが、どうも回転してくれないようです(設定項目はあるものの設定しても適用すると元に戻る感じ)。マイクロソフトのサポート情報に関係しそうな記述がありましたが、そこに書いてあるメーカーから最新ドライバを当ててもだめでした。Radeon って他にもリモートデスクトップで固まったり、あまりいいイメージが無いなぁ…。

今回はジャンクディスプレイの購入品の紹介でした。ディスプレイは処分するのにお金がかかりますので、実際に映りを確認させてもらったほうが良いでしょう。ということで大きさ、映り、お値段、かなりお買い得、これで縦シューするとすごくイイです。

先日公開したゼビウスの改造コードをMAME用チートファイルにしてみました。見よう見まねでチートコードを書いたのですが、ROMをハックするよりいい仕組みだと思います。ただ、広範囲の書き換えや prom などはどうしたらいいのか、色々と分からないことばかりで、パレットの書き換え、キャラクタの書き換え、プログラムのパッチなどはまだ難しいです。

ダウンロード
使い方
  • チートが有効になっていない場合は、mame.ini で有効にしておく
  • ダウンロードしたファイルを解凍し、cheat ディレクトリに置く
  • xevious を起動しチートで "46th sol bug-fix" の項目があるので on にする

容量が足りなくなった仮想マシン(WindowsXPのシステムディスク)を拡張する方法をメモしておきます。再インストールすることなく、簡単に容量を拡張できるようです。

  • 拡張する仮想マシンは停止しておきます
  • ESXiのSSHを有効にして、適当なターミナルで接続します
  • システムディスク(vmdk)を調べておき、"vmkfstools -i winxp.vmdk -d thin winxp_ex.vmdk" のようなコマンドでコピーします
  • 仮想マシンの設定を開き、コピーしたディスクを追加します
  • コピーしたディスクの設定で容量を増やしておきます
  • 仮想マシンを起動し、ディスク管理で確認しておきます
  • コマンドプロンプトを開き、"diskpart" を実行します
  • "list volume" のコマンドで、追加してディスクの番号を確認します
  • "select volume 2" のコマンド(番号は確認しておいたもの)で操作するボリュームを選択します
  • "expand" コマンドで残り容量分を拡張します(即反映されるので注意)
  • "exit" で終了します
  • 仮想マシンをシャットダウンし停止させます
  • ESXiのSSHに戻り、今までのシステムディスクを削除します
  • 拡張したシステムディスクをコピーで戻します "vmkfstools -i winxp_ex.vmdk -d thin winxp.vmdk"
  • 仮想マシンを起動して、拡張されていれば完了です

今日、ハードオフのジャンクコーナーを眺めていたら、REAL ARCADE PRO. V3-SA が置いてあって購入してきました。ちょっと迷ったのは天板マットの状態と、タバコのヤニ(少し触っただけでベタベタする)が酷かった点、あとこの状態で2,160円というお値段。でもレバーやボタンを操作してみて、今使っている FIGHTING STICK V3 とのあまりの違いにほぼ即決でレジに持っていきました。

ボロボロの天板マット
ボロボロの天板マット
でも見紛うことなくRAPです
でも見紛うことなくRAPです

家に帰ってさっと掃除してから1プレイしてみましたが、やっぱりぜんぜん違うわこれ。レバーもボタンも軽くて、正確な入力と手連のし易さに腐ってもこれがRAP、あの値段(定価)は高すぎるけどその良さを十分に実感できました。

ただ1プレイしただけで手がベタベタして気持ち悪いし、ニコチン臭がするし、ちょっと無理って感じです。一度分解して徹底的に掃除するまでは置いておこうかな。天板マットは張り替えてるユーザーもいるみたいだから、掃除のついでに工作してみようかと思っています。

MAMEだけだとアレなので、Windows95版のナムコヒストリーVol.1に収録されているゼビウスを改造して、幻の46本目のソルを出してみました。環境はWindows98seで、キーボードによる操作なのでかなり苦労しましたが、見事に出現して感激しました。他には、Ultra2000版のゼビウスもエミュレータ実装なので同じことができると思います。

NAMCO HISTORY VOL.1 XEVIOUS
NAMCO HISTORY VOL.1 XEVIOUS
NAMCO HISTORY VOL.1 SUPER XEVIOUS
NAMCO HISTORY VOL.1 SUPER XEVIOUS

こうなると、アーケード基板でも見たくなりますが、実家で探したところコントロールボックスが捨てられたのか見当たらなくて(基板はありました)、すぐには出来なさそうです。自作するか中古で買ってくるか、とにかく動作確認ができたらROMライタで試してみようかと思います。

関連記事

最後のソルはかなり意外(というか陰険)な場所でした。「ゼビウス・ガンプの謎はすべて解けた!? 」のガンプモードでソル全42本、スペシャルフラッグ4本、すべて自分の力だけで見つけました。見返してみると、いかにもゼビウス的なありそうな場所には無く、反則的な隠し方がされている感が否めません。これクォータービューだと探し当てるの無理なんじゃないでしょうかね。

このソルはイカンでしょ
このソルはイカンでしょ

初期のクォータービューがイマイチで iPhone の肥やしだった本作を今更ながらプレイしてます。縦スクロールのほうが操作性も良くて、こっちをメインにしてクォータービューはオマケにしたら成功したかも知れない。ガンプとVSのほうはソルを探索中ですが、なかなか探す暇がないゲーム性となっていてあまり探せてません。とりあえず、エリア4のソルはどこでしょう?

まともな攻略サイトが無いようですので、メモ代わりにソルのスクリーンショットを集めた攻略ページを作りました。オリジナルモードはまだ探索率50%程度となっております。アーケードモードは非破壊(周囲)イメージでコンプリートしました。

先日上げたゲームのプレイ動画、著作権がどうたらが付いた関係かで画質が宜しくないし、誰も再生していないので消してしまった。あと、新しいチャンネルにしようとしたけど、まずブランドアカウントを作ってください、と出て名前入れて作成すると普通にチャンネルが出来てると思うんだけど、なんだこれ。今までのアカウントに、新しいチャンネル作るだけでいいのに。最近こういう訳がわからんような、サービスが多くてこまります。

上がオリジナルのカラーです
上がオリジナルのカラーです

小説ゼビウスに出てきたような記憶がある、イヴ機の黒いソルバルウに改造してみました。上がオリジナルの白、左が灰色バージョン、右がかなり黒くしたバージョンです。単体で見るとなかなか良さそうだったのですが、いざ書き換えてみるとちょっと残念な感じです。

実際にゲームを書き換えてみたの図
実際にゲームを書き換えてみたの図

並べてみるとやはりオリジナルの明るいソルバルウがいいと思いました。ゼビウスってなまら完成度が高いので、どんな改造も蛇足になっちゃうんですよね。青いラインすら別のに変えるとしっくりこないのには感服致しました。

ゼビウスの設定でゼビ語文字という珍妙なものがありますが、それをゲームのフォントに組み込んでみました。単色の文字だと2進数に直してダンプするだけで文字が見えくるので、ツールを作るのも割と簡単でした。ちなみに、ゼビ文字は数字が16進数なのですが雰囲気が出れば良いということで、ご了承ください。

簡単な字形なのでそうかと思いきや、実際にドットを打ってみるとかなり辛いです。もっとウェイトのあるフォントにしたかったのですが、細い線を使わないとまるでうまく行きません。あと、設定されていない記号などは適当にデザインしました。ちなみに、「&」はシオナイトがドッキングする様子、「?」と「!」は悩みましたが雰囲気は壊していないと思います。

完成したゼビ語フォント
完成したゼビ語フォント
実際に書き換えてみるとこんな感じです
実際に書き換えてみるとこんな感じです

実際にプレイもできますが、スコアがぜんぜん読めない以外は支障は無いでしょう(何が書いてあるかは読まなくても分かりますし)。あ、でもネームエントリは正しく入力するのは、まずムリと思います。講座にでも行って、正しいゼビ語を習得しましょう。