してログ

今見終わるところです(今更だけど)。正直、なんであんなに騒がれていたのかわかりません。感情移入できる部分が無く、展開も盛り上がりに欠け、設定に説得力が無く、申し訳ないが絵が綺麗という感想しか残らないと思います。この監督さんの作品はだいたいそんな感じですね。やっぱり観に行かなくて正解でしたね。

また富士通PCのセットアップを依頼され、苦い経験があるので若干警戒気味にやってみました。結論から書くと、改善の跡は見られるが、相変わらずな部分が目立ちました。今回の機種は、ESPRIMO D586/PX で Windows7 (Windows10 ダウングレード) のデスクトップPCです。前回と同じく、ダウングレード版なので Windows10 にリカバリできます。

説明書に書いてあるメニューが無い

まず、紙のマニュアルに「リカバリ手順については、パソコンを起動してデジタルのマニュアル(PDF)を参照」(文言は記憶なので違います)とあるので、Windows7 を起動して確認しました。それによると、「スタート>すべてのプログラム>FUJITSU-ディスク作成」からドライバディスク等を作成する、とあります。しかし、そのディスク作成のメニューがありません。ちなみに、ドライバディスク等は一式入っていましたが、念のため指示された手順に従って作業しております。

これはまた酷い製品構成だと思いますね、富士通さん。恐らく苦情が来て、ドライバディスク等一式を付属させるようにしたのでしょうけど、説明書を修正し忘れたんでしょう。指示されたディスクの作成ができないので、付属のディスクがそれに当たるものと信じて作業を進めましたが、ユーザーとしては不安でしたね。

相変わらず不適切なリカバリメッセージ

リカバリ手順で表示されるメニューも相変わらず酷かったです。「ディスク全体をご購入時の状態に戻す」と表示されますが、そもそも Windows7 から Windows10 にするのに「ご購入時の状態に戻す」というメッセージが変だとは思わないのだろうか。

また、ディスクの確認をスキップせず行いましたが、「リカバリディスクまたはリカバリディスク1と書いたディスクを入れてください」というような指示が出ます。ディスクは Windows7 用が2枚、Windows10 用が1枚、な訳でこの説明だけではどれを入れればいいのか分かりません。しかも、Windows7 のディスクの表記は、「リカバリディスク~(離れた位置に)~1/2」です。これも結論から言うと、Windows7 にリカバリする場合は「リカバリディスク Windows7 ... 1/2」を、Windows10 にリカバリする場合は「リカバリディスク Windows10」を入れればいいようです。(※リカバリディスク等の表記は記憶で書いています)

Office 2016 Personal はリカバリされません

Office 2016 のプリインストールモデルですが、上記手順ではこれが復元されません。メッセージどおり購入時の状態に戻っていませんし、そのことはどこにも書いてありません。これも結論から書くと、ライセンスカードにあるセットアップURLにアクセスして、ダウンロードする必要があります。

しかも、ダウンロードには Microsoft Live アカウントが必要で、2016 版は分かり難い場所にあるため、一般の人間が分かる訳がありません。手順の流れは、カードに記載のセットアップURLにアクセス > ログインもしくは新規アカウント作成 > カード記載のコードを入力 > セットアッププログラムのダウンロード > 同セットアップ > オフィス起動時にもう一度カード記載のコードを入力 > やっと利用可能に、となります。

改めて富士通、買わない、勧めない

という訳で、改善されていて致命的な状態にならないにしても、いかんせん中途半端であり、相変わらずユーザーフレンドリではありませんでした。まずは日本語を勉強して事実に即したメッセージを、そして印刷物、デジタルマニュアルに矛盾が無いか十分確認してから製品を構成して欲しいと思います。

最後に、リカバリ後の Windows10 のメニューには「FUJITSU-ディスク作成」のメニューがありました。

もういらねーっつうの!

アクセスログに残るユーザーエージェントで、最近やたら長いものが散見されるようになってきた。独自にログ解析するのにデータベースに書き込んでいるが、設計長256文字にしていたせいでエラーになるので気づいた。例えばこんな感じので、何が何やらどうしてこうなったって感じのやつです。

Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_3 like Mac OS X) AppleWebKit/603.3.8 (KHTML, like Gecko) Mobile/14G60 [FBAN/FBIOS;FBAV/140.0.0.63.89;FBBV/70896504;FBDV/iPhone6,1;FBMD/iPhone;FBSN/iOS;FBSV/10.3.3;FBSS/2;FBCR/ワ-イ-モ-バ-イ-ル-;FBID/phone;FBLC/ja_JP;FBOP/5;FBRV/70896504]

Google アナリティクスでは「Safari (in-app)」などと表示されるやつで、この辺でググってみるとどうやら、Facebook アプリ内で表示された場合にこのような ua を通知してくるらしいです。原因が分かったので、DB に入れるときに切り詰めるようにして対処しました。こういった従来にないログが残されるようになってきているので、ログを扱うプログラムは何らかの対策が必要無いか見直さないといけないかも知れません。

メールの取得に異常な時間が掛かるとかで、見たところ「Windows Live メール(Windows 7)」の送受信の処理で600通程度の表示で詰まっているような感じです。待っていれば新着メールも受信して正常終了(エラー表示やログ等は出ていない)になります。アカウントの設定では、POP3 のサーバーで取得済みメールのコピーはサーバーに残らないようになっています。しかし、何度受信しても600通の表示は変わらない(削除されていない)し、毎回長時間待たされます。

このメーラーからサーバーの生の反応を見れるか分かりませんので、telnet の出番です。Windows7 なので標準で入っていませんが、コントロールパネル「プログラムと機能」から「Windows の機能の有効化または無効化」で telnet を追加できました(OS のメディアは必要ありませんでした)。

早速、問題のユーザーで telnet から接続してみると、表示された600通の残メールがありましたが、DELE コマンドで削除も可能で特に問題があるように見えません。メーラーが送るコマンドを想定して手動で操作してみましたが、特段問題があるような反応もありませんでした。何通か消した状態でメーラーで送受信してみると、表示されるメール数は減りますが、残りのメールは削除してくれません。すべてのメールを手動で削除するのは不毛な作業ですので、ちょっと困りました。

悩むこと数分、思いついたのはエクセルの使用です。エクセルを起動し、DELE 1 とセルに入力します。そのセルのフィルハンドルをドラッグして、DELE 600 まで複製します。最後に範囲選択して、コピー&ペーストでコマンドプロンプト(もちろん telnet で接続済み)に流し込みます。サーバーの返答「OK」が前後しますが、これで確認(LIST コマンド)すると全部消えたようです。

メーラーの送受信も一瞬で終わるようになり、新しいメールも受信後サーバーから削除されるようになりました。結局、何が原因だったのかまでは分かりませんが、ともかく解決することができたようです。

「てろん」「てんてろりん」「てろん」「てろん」といった感じのやつ。前から気にはなっていた、USBのカードリーダーがひとりでに切断と接続を繰り返す、というこの問題。ずっとUSBコネクタの接触不良か、カードリーダーの劣化だと思っていました。

使っているときは大丈夫だったのですが、今日は違ったので色々と調べてみると、解決方法がありました。「電源とスリープ」の設定を開き、「電源の追加設定」「プラン設定の変更」「詳細な電源設定の変更」の順にクリックします。設定項目の中から、「USB 設定」「USB のセレクティブ サスペンドの設定」を開け、これを「無効」に変更します。これで解消されました(静かになりました)。

こ、こんなところに
こ、こんなところに

ジャンクのPS用ジョイスティックをFC互換機用に改造してみたのでご紹介。FC互換機のコントローラは操作し難かったり、耐久性に問題があるものばかりで、シューティングだと辛い。今回はかなり遠いハードオフまで出かけて見つけた、HORI Fighting Stick PS(300円)を使ってみました。

ネオファミ用コントローラの基板
ネオファミ用コントローラの基板
リード線をハンダ付け
リード線をハンダ付け
ジョイスティックに実装
ジョイスティックに実装
完成したコントローラ
完成したコントローラ

中央の連射スイッチ、セレクト、スタートボタンのパネルは死んでいます。ネオファミの連射ボタンを□△に、セレクトとスタートはR1とR2に配線しました。余ったL1とL2はBとAを複数配線して、操作しやすいボタン配置を選べるようにしています。逆にSLOW(スタート自動連打のトグルボタン)は使わないので配線しませんでした。

特に難しいところは無かったのですが、ポイントとなる部分は次の通り。互換機の基板をどう固定するか悩みましたが、両面テープとゴムマットで貼り付けました。元のボタンの部分は直接基板に実装されていましたので、基板の取り外しに苦労しました(ハンダ吸い取り線を使用しました)。この部分はタダの足で芯線をカラゲルことができないので、多めにハンダメッキして横から当てて溶かしてくっ付ける戦法を取りました。あと、連射用のグランドは別になっているので注意が必要です。もうちょっと細いリード線を使えば楽だったかもしれません。

HORI Fighting Stick PS

ネオファミ用コントローラ

ハンダ吸い取り線

2017-08-21 04:55~05:15
2017-08-21 04:55~05:15

恐らく天頂環よりレアじゃないかと思うノーマル虹、映ってました! カメラの方向が西向きなので、朝しか映りません。なので1年に1回あるか無いか程度の確率だと思います。良く見ると、僅かに副虹が見えるので、今回は認定させていただきます。

また赤い半透明のずんぐりとしたコントローラを買ってきたのですが、今度は斜めが入らない。4方向はちゃんと入るし、右上も入るのですが、そのほかの斜めはまっただくだめ。こういう互換機のコントローラってまともなのあるんでしょうか。無いんでしょうね。中国製に期待するのがそもそも間違いですよね。

改造用のジョイスティックも探しましたが、必要なボタンが欠けていたり、そもそも3ボタンしか無かったり。コントローラでこんなに苦労すると思わなかったなぁ。

諦めてニューファミコンのセット買おうかと思ったのですが、こちらもこちらで専用形状のコネクタなんですよね。なんでスーファミと共通しないの? バカなの? ゲーム業界が衰退するの分かる気がするわ~。

誤って電源プラグが抜けてしまって、リビルド途中のReadyNASもブチ切りされてしまいました。ヤバイなーと思いながら復電してみると、何事も無かったごとくリビルドが再開されて助かりました。リビルドのパーセンテージも中断してところから再開されているようです。

このReadyNASは、iSCSIを割り当ててあって、ESXiのゲストOS(しかもシステムボリューム)にしてあるのですが、特に問題もなくゲストOSは実行されていました。つまり、iSCSIは一時的に接続が切れても、問題が起こらないようになっているらしいです。以前から、ReadyNASのファームウェアアップデートを躊躇して(リブート時にiSCSIが切れるから)いましたが、その心配は無用だったようです。という訳で、ついでのファームウェアアップデートも行っちゃいました。

ファミコン互換機は、先月購入したネオファミしか持っていませんが、昨日コントローラが壊れました。症状は方向ボタンが上に入らない、分解してみると方向キーの裏にねじ止めされている十字の羽のようなプラスチックパーツが折れていました。これでは接着剤で着けてもすぐダメになるだろうし、修理の手立てがありません。仕方ないので、別なのをハードオフで調達しようと探してみることに…。

同じ機種のものは無かったのですが、他のFC互換機のもの2つほど試してみました。白色でプレステタイプの形状、中央に「16bit」と書いてあるもの、これはキー配列が違うらしく動きませんでした。紺色でプレステタイプの形状、「Game Cassette COMPUTER ZERO」と書いてあるもの、こちらは一応動くものの十字キーの上が入りにくい感じ。分解してみると、十字ボタンの裏側にやはり十字のプラスチックパーツがあり、その一部が欠けていました。こちらは、製造時のパーツ切断時に欠けたような感じなので不良品だったのでしょう。

ユーザーレビューを見てみましたが、ネオファミ以外の互換機のコントローラは総じてダメなようです。やはり上が入りにくい、などというレビューも散見され、バリなど工作精度が悪いためじゃないかと思いました。ネオファミのは使い易かった(最初だったので気にしていなかったが)けど、耐久性に問題がありそうです。残るは適当なジョイスティックを調達して、分解した基板とコネクターを再利用する形で2個1する、という手でしょうか。