してログ



今日はチラチラ雪模様の冬本番到来
手水場の屋根にタオルがたくさん干してあって、雰囲気壊しまくってた
今思うと構図に組み込んだ方がおもしろかったかも
寒いと誰も手を洗って参拝しないんだろうな

今日はこれから忘年会なため、失礼つかまつる
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


ダブルタイヤのリムが深いホイル、なんか好きなんですよね
バスとかトレーラーとか内輪差の有る車両が、交差点をよっこらしょと曲がるとことか


Topaz Adjust は単写の素材から、擬似HDRを作ったり、組み合わせて表現力を豊かにするフィルタ
Photoshop のプラグインで、Elements でも利用可能。
体験版があるので、今回はそれを利用してみた。

正直色々とプリセットを適用してみても、すげぇとかなんないんですけど、
むしろケバくなったり、ノイジーな感じになったりで、相当な暴れ馬っぷり。

プリセットでは、Spicify か Psychedelic なんかがちょっと、おぉって感じかな?
でもツヤツヤ、ピカピカ、そしてクリアな感じが得られないのですよ。
最終的にはレタッチなんでしょうか....。

まあ、ケバくてもOKな素材を選んだのが、このトラック。
Photomatrix でスムーズ&暗めに擬似HDRを作って、Topaz Adjust の Spicify を適用。
タイヤの溝のディティールが浮き出て、良い感じになりました〜

※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


今日は一日雨が降ったり止んだり
空は曇って流星群は望み薄
(写真は、本川大橋の水門)


HDRに欠かせない機能、オートブラケット(AEB)について調べてみた。
予め書いておくが、間違っている可能性もありますんで、そのおつもりで。

AEBは同じ構図で露出を変えて複数枚の撮影を自動で行う機能だが、
カメラによって一度に撮れる枚数や、設定できる幅なんかに差があるようだ。
困るのはデジイチだから大丈夫という訳でもなく、かなり高級機種じゃないと2ステップ3ショットなこと。
(メーカーサイトで仕様を眺めても、あまり詳しく書かれていない)
最大4段だと、ちょっと不足気味で、暗部や空にノイズが現れてしまう。

不思議だったのは、明らかに性能の劣ると思われるコンデジで5ショットとか撮ってる方がいらっしゃること。
調べてみると、どうやらファームウェアをハックして、機能を強化してるみたい。
(CHDKというキーワードで検索してみてください)

試しに、2ステップ3ショット(4段)と、1ステップ9ショット(8段)を作り比べてみると、
暗部と空などのディティールが明らかに良くなり、ノイズも減った。

こうなってくると、常に広いレンジで撮りたくなり、最大4段なのが恨めしい。
三脚でがっちり固定して、露出補正とAEBを組み合わせれば撮れるけど、すんごい面倒。
それに、ダイヤルに触ると微妙に構図がずれて、エッジ部分に蛍光色の線が立っちゃったりするし。

元々HDRやりたくて、EOS KissX4 買った訳じゃないので、贅沢は言えないと思うけど、
そんなに難しくないと思うし、Canonさん、このクラスのデジイチでもAEB強化してくださいな。
それかファームウェアを誰かハックしてくださいまし。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


せっかく楽しみにしてたのに、天気予報は悪くなる一方だっ
画像は数週間前の星空。そう練習までして待ってたのに
流れ星でも流星群ネタ。思い出さすなよな
この分だと来週の皆既月食もヤヴァイ

※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


単写からのHDR
多車線道路でバスに並ばれたり、挟まれたりすると恐い
県境あたりの高速のトンネルでうしろからピッタリとか
俺の愛車は100km/h維持して坂道上れんのよ

しかしな〜
HDR諸先輩方の作品観てると、ついつい魅入ってしまいますね〜
あのレベルにはなれる気がしないな、本当にまったく
自分の場合、写真自体の腕前が無いので、当たり前だろうと
あまりにも圧倒される作品群を観た後なのでちょっと凹んでます
まー生暖かく見守ってくださいな
(どなたか本書いてくれると1冊は確実に売れます)
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


昼間から餅つきで酒飲んで、夕方まで寝たからぜんぜん眠くならん
人物やりたいと、杵振るうオヤジを素材にして弄り倒してもぜんぜんビビッって来ず
仕方ないので、これを

枝がうねうねしてる木がエイリアンっぽくて
それを活かす構図を探していたらこうなった
街灯と背後の木が、ひとつ目のエイリアン
手水場の屋根がウルト○マン、突起からビームが出る(たぶん)
見えてこない?
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


県立図書館に通じる園路にあるドングリの木(奥に見える幹)
ちょっと小振りでかわいいドングリです

幹の右側が白飛びしていたのですが、露出-2のカットで救済できました
手前の枝も邪魔者ですね。現地で確認する癖つけなきゃねっ

※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


バシバシ撮ってきて、バッチ処理でHDR合成かけてメシを食う
最近日課のようになってきたが、今日は地域の餅つき大会で酒飲んだので撮影はナシ
で過去合成に失敗した中から、なんとか救済できないか試行錯誤などを

この作例の右上の明るい部分ですが

普通に、露出-2、0、+2をソースにして合成した結果、異次元の窓が空いた
原因は元画像の白飛び。確認すると、0、+2は明らかに白飛びが

そこで、露出+2の画像を捨てて、0、-2だけで合成してみた結果がこれ
異次元空間の穴が消え、無事通常空間に戻りました
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です