してログ

前ヤフーショッピングにあったセブンアンドワイだけど、セブンネットショッピング移行したんですよね。それで、旧ヤフー店には、外部リンクで「セブンネットショッピングへGO!」となっている。これって外部リンク禁止のはずなのにさ、みんな同じルールでやってると思っている出店者は黙っちゃっていいの? 明らかな外部サイト誘導だと思うんですが。。。

あと、今日気づいたけどヤフーショッピングの検索で商品を検索すると、セブンネットショッピングの商品も検索結果に表示される。ご丁寧にも商品名に「(外部)」と表記されてる。なんだこれ、あの検索結果ってさヤフーのモールへの出店店舗だけしか出ないんじゃないのか。

会社関係がどうなっているのか知らないけど、明らかな身内優遇な特別扱いっぽい。

と、ヤフーブログでつぶやいてみる。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
LED電光掲示板風GIFアニメ・ジェネレーターに、テキスト入力から作成できる機能を追加しました。フリーのビットマップフォント(M+ BITMAP FONTS)を使って与えられたテキストを描画します。

LED電光掲示板風GIFアニメ・ジェネレーターrev2
http://landhere.jp/ledsb/


ビットマップフォントをPHPで描画する方法ですが、どうも標準では無かったようでしたので、BDFというビットマップフォントのフォーマット(テキストなので容易に解析できます)から画像を生成して1文字ずつコピーする方法を取っています。グリフと文字のマッピング用にテキストファイルでインデックスを作っておくのがポイントです。

本当は、新幹線の車内にある電光掲示板ニュースのような、明朝体のフォントを使いたかったのですが、ライセンスの問題からフリーのものを探しました。なお今回は12ドットのフォントを使いました。

まだ改善の余地はありますが、ご要望次第といたします。それでは使ってみてくださいね!
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
この手のサービスで、signbotというのがあるけど日本語ダメなので、言語に依存しないものを自作してみた。元画像を作ってアップロードする形なので、文字以外にもいろいろと応用が効きそうです。

http://landhere.jp/ledsb/

説明にもある通り、下記の制限があります。

・アップロードする元画像は、500x100以下のサイズで、白黒2値(白=光らせるドットを#FFFFFFで描けば良い)で、画像自体はフルカラー、にしてください
・出来上がるGIFアニメは、横50LED(1LEDは3ドットで構成なので、50×3ドット、プラス余白の1ドット)、縦は元画像の高さ分のLEDになります
・つまり、100×10の元画像なら、301×31ドットのGIFアニメになります
・フレームレートは、5/100秒で、2ドットスクロールになります

今のところ、とりあえず作ってみました的なものなので、いろいろと制限あるのはごめんなさい。
要望がありしだい拡張していきたいと思います。



※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
今月、7000匹も死ぬという事故が起きたマリンピア日本海の救援のために来たと思われる、アクアマリンふくしまの特殊車両を市内で出くわしたので、激写してまいりました。アクアマリンふくしまさん、ありがとうございます。


※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
同様のサービスはすでにあったのですが、っぽい極太ゴシック体で作りたかったので、簡単に作成してみましたので、公開します。

極太ゴシックフォントですが、M+ OUTLINE FONTS で配布しているものを利用しました。ただ、教育漢字までの収録らしいので出ない漢字があります。IPAフォントも選べるようにしたので、使いたい漢字が出ないときは切り替えてください。極太ゴシックが良い場合は、ひらがなで我慢しましょう。他にフリーで配布されている極太ゴシックフォントがあれば教えてください。

高橋メソッド風GIFアニメ・ジェネレーター
http://landhere.jp/tkmethod/

こういうGIFアニメが作成できます
http://landhere.jp/tkmethod/dest/tkm_17a4b7a58814a20e470c5d7ce397339a.gif

M+ OUTLINE FONTS
http://mplus-fonts.sourceforge.jp/mplus-outline-fonts/

IPAフォント
http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/index.html



※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
前から嫌いな番組だったんだが、飛び出せ科学くんが裏に引越してきてそっちを見たいのに、チャンネル争いでどうしても、志村どうぶつ園のほうを見させられるんだわ。夕ごはん時なので、画面は見てないにしても、あの小馬鹿にしたような、「ピヨッピヨッ」って効果音だけは耳に入ってきてだんだんイライラしてくる。

あの番組、どうも動物を玩具にして弄んでいるようにしか見えないんです。動物に服着せたり、温泉に入れてみたり、バスなどに乗せてみたり、これのせいで勘違いした飼い主が増えないといいんですけどね。

動物番組って昔はもっとこう、野生のありのままの姿をドキュメンタリータッチで紹介したり、実験クイズとかも生態に関係した興味深いものだったり、見ていてためになるものがあったように思います。

まー、引越ししてきた「飛び出せ科学くん」が見れ無くなったので、余計この番組の内容が腹立たしくなっただけっちゃそれまでなんだけど、早く打ち切ってもらいたいと思います。


※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

Windows Server 2003 でファイルサーバーを構築したはいいが、Vista や XP などから共有ファイルにアクセスすると異常にレスポンスが遅くなる問題に悩まされていた。普通に開く分には全く問題ないのだが、右クリックすると30秒近くレスポンスが返ってこない。何の罰ゲームだいったい。

で、今日見つけたのが、下記のサポート情報。
http://support.microsoft.com/kb/948496/ja

この KB948496 を適用したところ、サクっと右クリックメニューが表示されるようになった。同様の問題でお悩みの方は、ぜひお試しあれ。

※この記事は Y!ブログからの転載です
地デジのtsが溜まってきたので、CMカットとエンコードしてコンパクトに保管したい。いろいろとフリーのソフトウェアを試したけど、複数のソフトを組み合わせなければならず、CMカット時に音ズレしたりと、なかなかルーチンに出来ず、普段使いにはちょっと不向きな感じ。

市販も含めていろいろと試した結果、TMPGEnc 4.0 XPress に落ち着いた。

ただ、希望として H.264/AVC にしたいのだが、残念ながらこのソフトでは満足いく画質にはエンコできない。はっきり言って使い物にならないので、divx で行くことにした。これなら、TVersity 経由で PS3 で再生してもトランスコードなしで再生できるみたいだし、画質やサイズなどの要求を満たしたものになるので、これで目を瞑ることにした。

その他にも、1本ですべての処理ができる点、バッチエンコードができる点、CMカットが非常に楽な点などが決め手だったし、たまたまブックオフのセールでオフィシャルガイドを50円でゲットできたのが大きかった。細かい使い方とかヘルプだけでは分からない点が補えた。けど、コレくらいの内容はそもそもヘルプに入れておいて欲しい。この本をPDFでソフトに同梱してくれてもいいんじゃないかなぁ。

さて、特にお勧めな点がCMカットなので、ちょっと書いておこう。

最初カット編集で、シークバーをちょっとずつ動かしてCMを探していたのだが、サムネイルの左右でマウスの右クリックを使うと劇的に楽になるのに気づいた。この場所で右クリックすると、早送りや巻き戻し状態になり、プレビュー画像がモザイクになってレスポンスが良くなる。クリックする位置も中央からの距離に応じて加速するようなので、CMを素早く見つけることが可能だ。CM部分を見つけたら、その頭とお尻の部分でカーソルキーの左右を使って微調整してカットすればひとつ終了。1時間もののドラマならこれを4回くらい繰り返せば1話終了。慣れれば数分でこなせるようになると思います。

フリーソフトで無いのがアイタタだけど、貴重な時間を買ったと思えば安いもんです。

これで H.264/AVC にエンコードしたときの画質が良くなれば、最強なソフトなんだけどねぇ。
x264を外部呼出ししたりできないんだろうか。。。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
大抵のBDは、デカイ m2ts が本編な訳だが、中には細切れになってて上手く繋げてあげないといけないものがある。今まで目で確認して、どれとどれを繋げればいいいのか判断しながらやってたけど、とっても面倒なので別な方法を探してみた。

ちゃんとツールがありましたねぇ。BDの中には、プレイリストが入っているので、それを利用すれば良いらしい。

まず、BDの中に入っているプレイリストから、本編を探す方法ですが、BDInfo というツールを使います。BDInfo を起動したら、Browse をクリックして、BDをイメージのディレクトリを指定します。すると、プレイリストの一覧が出てくるので、収録時間を参考にして本編らしいものを探しましょう。ソースによっては、解説だとか、ディレクターズカット版だとかあるので、迷うこともあると思います。

本編のプレイリストを見つけたら、tsMuxeR で読み込ませます。ここで映像や音声、字幕のトラックが一覧されるので、明らかにいらないものはチェックを外してしまおう。最後に出力ファイル名を指定して、Start mux すれば出来上がり。

後はいつもの通り、HDConvertToX に掛けて mp4 に仕上げるなししてください。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
飛び出し事故で生死不明だった金魚ですが、先ほど餌を食べているところを確認。

どうやら、復活できたようです。

よかったよかった。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です