してログ

昨日アナウンスされたのだが、画像のURLがアカマイなんとかから変更になるらしい。
つい先日、画像いっぱい貼ると、すぐ文字数制限オーバーになるって質問形式でクレーム入れたんですよ。
それが元で直してくれたとは思っていないけど、実にタイムリーな仕様変更でありがたい。

そもそも、このアカマイってアドレス、どうしてこうなったのか疑問なほどカオスな感じで、運営側も変えたかったんだろうと思う。たぶん。
なにはともあれ、短くなるし、しいてはフリースペースで使える画像の量が増えるので嬉しい。

だが、Yahooストアで掲載した画像を店長ブログで使っている場合や、こっそり内緒で他のサイトでちょっと使ったりしている場合は、来年3月ぐらいで表示できなくなりそうなので、要注意だ。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
全角文字をカテゴリ名にしてカテゴリを作成すると、自動的にカテゴリIDが付けられる(恐らく文字のバイト列を16進表記したもの)。
これだと、URLが分かりにくくなるのだが、作成方法を工夫すると好きなIDにすることができたので紹介しておく。

例えば、「本」という名前のカテゴリを「book」というIDで登録する場合の手順は下記の通り。

1. カテゴリ名を「book」として、カテゴリを作成する

2. 作成した「book」カテゴリを編集して、「本」に変更する

これで、URLでは、book.html の「本」というカテゴリページにできた。
1バイト文字は、そのままIDになるのを利用した小技だが、うまく使うとURLが分かりやすくなるのでオススメだ。

ただ、CSVアップロードなどでカテゴリを追加する場合は無理なので、予め一個ずつ手作業で追加しないといけない。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
一日一万歩を目標に歩いている。
ウォーキングの講習会では、普通の人でも一万歩ぐらいは生活の中で歩いていると、言っていたが、どうも歩数計で計ってみると、生活の中で歩くのは2〜3千歩ぐらいのようだ。ほとんどパソコンの仕事なので、そうなんだろう。

なので、散歩として意識して歩くのは、7〜8千歩ということで、散歩コースを変更してみた。
すると、約4〜5km歩くことになるみたいだ。これは約45分〜1時間コース。

こうやって見ると「歩く」を実践するには、歩数計は必需品。
あるのと無いのとでは、気持ちの持ち方が変わってくる。
目標まであとちょっとだから、もう少し歩こうとか、思うようになった。

で、実践してみてのダイエット効果だが、2週間で約1kg〜1.4kgずつ落ちて来た。
あと一ヶ月ほど続ければ、目標体重クリアとなるが、どんなもんだろ。

※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
昨日は、深夜〜お昼という長い間ストアマネージャーで注文情報にアクセスできない(表示しても個人情報の部分が全部XXXXXで表示される)問題と、承諾メール等を送信しようとすると失敗するという障害が起きたようだ。

特に注文情報の主要情報にアクセスできないのは致命的で、午前中に注文データの処理を行っている当店にとっては一部のお客様の発送分を翌日に遅らせなければならないという事態となってしまった。

このせいで、たぶんメールが来ないからだと思うが、三重注文が入ってキャンセル手続きしなければならなかったり、送信されてないと思われるメールの再送信をしたりと、一日振り回される結果となり、多大な迷惑を受けた。

こういう大規模障害は、過去にもあったが、その月のシステム利用料などを割り引くなどしてくれないかな。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
前のエントリで書いた「Yahooストアシステムの痒いところ」だが、「■バナーやリンクの効果を測定するツールが欲しい」は、調査用リンクという機能で実現できるのが分かった。

/blog/a300.html

調査用リンクは、ストア内のバナーの効果測定にも使える。
使い方もシンプルで、調査用リンクに名前を付けて作成し、作成されたURLの後ろの「index.html」をストア内の特定のページのものと入れ替えて使用すればOKだ。検索結果にもリンク可能なので、カテゴライズするのが面倒で、検索結果でショップを構築している場合でも対応可能なようだ。

このリンクをバナーのリンク先に指定しておけば、どのバナーがクリックされているのか測定でき、効果の低いバナーを入れ替えたりする際の判断基準にできる。

これは使わない方が損な機能だろう。と言う訳で、ストア内のバナーをすべて調査用リンクに置き換えてみた。

※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
セイコーのSLIMSTICKという歩数計を買いました。7セグの表示が好きじゃないので、ドットで表されている機種で小さいやつということで、これになりました。ちなみに歩数計を買うのはこれが初めて。

使い始めて、歩数カウントの精度にびっくりだ。だいぶ誤差が出るのかなと思っていたら、かなり正確にカウントしてくれる。動き出して数秒間は、本当の歩行かどうか判断するみたいなので、ちょっと動いただけではカウントしないのも良い。ポケットの中でも、ストラップで首からぶら下げても、カバンの中に入れても問題無くカウントしてくれます。

私の場合、一日身につけてみて、大体12000歩といったところ。そのうち散歩で4000歩は歩くので、日常生活では8000歩程度とちょっと少ない部類なのかな。ちょうど先週、ウォーキングの講習会に参加したときに、「普通の人でも日常生活で1万歩は歩いている」ということをお聞きしたばかり。やはり、ドアtoドア&デスクワークでは不足気味になるんだなぁ。

いつもの散歩コースが、4000歩、2.5kmというのも分かった。本当はもうちょっと歩いているつもりだったけど、意外と少なかったので、もうちょっと5kmくらいのコースを考えようと思います。ただ、1時間コースになるので時間を取れるかどうかのほうが問題かも知れません。

そう言えば昨日、久しぶりにWiiフィットに乗ってみた。1ヶ月前より1.4kg減してて、ちょっと安心。運動を心がけるようになったのと、夕食のおかわりと夜食、間食をしないようにした成果だと思います。このまま続けて、最低5kgは落としたいな〜。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
楽天と比べると、システムとしてのデキはYahooストアのほうが断然上だと思うが、それでも痒いところはあるもんだ。いくつかは改善要望を出したものもあるが、あまり聞き入れてくれないのが現実。

人の作ったシステムを使う以上、仕方ないことではあるが、簡単な割に効果大なものもあるので普段プログラムを書く人間にとっては、無駄な手作業を強いられているようで、何とも歯がゆいキモチになるんだわ。

■商品データのCSV一括アップロードで、警告とエラーは別にカウントして欲しい
Yahoo product code を修正した旨の警告が山ほど出る中で、文字数制限オーバーなどのエラーを探すのがとても大変だ。警告は出ても商品が登録されるが、エラーは登録されない。明らかに異なる性質の通知なのだから、別々にカウントしていてくれれば、エラーもさぞかし探しやすいことと思う。

■カテゴリの表示順序は自動でソートする設定が欲しい
いちいち順番の数字を弄っていられるのはカテゴリが少ないストアだけ。商品数やカテゴリ名でスパっとソートする機能を入れてもらいたい。

■商品が入っていないカテゴリを非表示にして欲しい
ストアの運営上、一時的に商品が入らないカテゴリが発生することがある。たくさんカテゴリがあると、チェックは厳しいので、商品が無い場合はショップに表示しないような設定が欲しい。

■ストア内検索表示のカスタマイズ
「画像を大きく」の表示を、ストアの商品陳列と同じ列数にしたいが、微妙に幅が異なるのか、1列抜けてしまうことがある。また、行の途中で商品が抜けることがある。ソースは見ていないが、float:left とかでブロック要素を配置したときに、上の行の何かに引っかかって崩れてしまう現象っぽい。

■カテゴリアイコンの自動化
カテゴリがたくさんあると、手動で設定するのがものすごく大変だ。カテゴリに分類された商品の中から、適当に選んでカテゴリアイコンとしてくれるような設定が欲しいところ。

■カテゴリIDのダウンロード
カテゴリIDは、カテゴリ名から自動的に作られる(EUCの16進かな)みたいだが、重複があると後ろに1、2などと付くようでアップロードしてみないとどんなIDになるか分からない。問題なのは、この自動で付いたカテゴリIDがダウンロードできるCSVに含まれないこと。おかげで、新しいカテゴリが増える度に、自分のショップを隈なく探索するクローラを自作して対応している。ヤフーのほうで、ちょろちょろって直しくれれば、こんな苦労はしなくていいのにな。

■内部検索用データ
商品が多いと、動的な検索結果を有効に活用したくなるのだが、現状では商品名や商品情報などにキーワードを埋め込んで検索させる、という方法しかない。問題は、ヤフーの検索ロジックが不明なため、意図した検索結果となるのか判断しづらい点だ。それに商品名でやってしまうと、商品名以外を入れるなというレギュレーションに違反すると思われる。例えば「送料無料」を入れたとしたら赤だろう(これについては別に書きたいことがあるので別エントリで)。なので、ショップが商品に自由にタグ付けでき、検索リンクを作れるようなデータ項目を増やして欲しいと思うのだ。

■フリースペース用HTML容量の増量
たいてい1万バイトだと思うが、これはあまりにも少なすぎる。商品をちょっと綺麗に配置したりすると、すぐ容量オーバーだ。楽天と違って、画像とか容量気にせずバンバン利用できるヤフーなのだから、HTMLの容量でケチケチしないで欲しい。たぶん、仕様決めのとき適当に設定されたサイズなのだろうし、意味も無い制限だと思うのだが、一度決まってしまうとなかなか変更難しいといったところか。

■フリースペースで特殊タグ
全部HTMLで書くのはしんどいので、簡易書式で商品コード並べたら、陳列できるとか、Wikiのような使い方ができたらいいと思う。

■これを買った人はこんな商品も買っています
標準ではこの機能が無いので、自作してしまった。うちは、この手の自動生成が多いので、商品データアップロードは、全商品上書きだ。ちなみに。

■送料計算をグループ毎に別々にしたい
このグループは標準テーブルで計算。このグループは送料込み。このグループは一律いくら。などできれば、配送センターが異なる商材をたくさん展開できて便利なのにな、と思う時がある。

■統計グラフに移動平均線を
確か昔はあったとおもうんだけど今のは無い。細かく上下するグラフを見ても傾向が読み取れない。改悪だ。
その他、曜日毎の傾向分析ができるグラフが無い、などグラフに関しては表示しても無意味なものが多く、自己満足でシステム作ったんじゃないかと思ってしまう。仕方が無いので、自前で分析してグラフを描くツールを作成したので、どうでもいいっちゃいいんだが。

■バナーやリンクの効果を測定するツールが欲しい
バナーや、キャッチコピーの効果測定にクリックカウントが取れるような仕組みが欲しい。外部リンクを許可してくれれば、簡単なのだが、こういう場合の特例とか作ってもらえないだろうかね?

いろいろ書いたが、今日はここまで。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
日本語のほうは固定幅なので良いのですが、アルファベットのほうはカーニングを考慮しないと不恰好なようでしたので、考慮するように改良しました。

LED電光掲示板風GIFアニメ・ジェネレーター
http://landhere.jp/services/ledsb/

こんなに風に美しくなりました。2バイト文字のほうもプログラム的には考慮していますが、フォントのほうで固定幅になっているので、1バイト文字のみの文字間隔が調整されます。


※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
通常のファイル転送でファイルを入れられるもの、ということで、iriver E30 mate をチョイスしました。
箱から出して、とりあえず幾つかファイルを転送して、接続解除。そしたらいきなりフリーズしてどうにもこうにも。

電源ボタンも含めどのボタンを押しても、長押ししても画面は固まったまま。
ハズレかと。

かなり悩んだ末、脇にピンホールのリセットボタンがあることに気づく。
早速押してみると、ようやく回復してくれました。

使用感は、まあ普通。
操作ボタンの使い方が独特で、ちょっと戸惑ものの、慣れれば問題なし。

でも、mp3 のタグが文字化けするのが直せない。
SuperTagEditorでID3v2に変換してみたり、UTF-8に変換してみたり、いろいろやってみてもダメなファイルがある。
う〜ん。タグなんかもう、UTF-8固定でいいから、文字化けレスな感じにして欲しい。

あと、コレの最大の欠点は、触感だけで操作ボタンの位置がわかんないってこと。
ポケットの中で操作したい、という使い方は考えなかったの?

それから、ストラップ付けられるとこ用意して欲しかったな。首からぶら下げたかった。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です