2019年10月1日 : してログ

2台あるうち1台の ReadyNAS 104 で転送速度が 10MB/s と遅い問題に悩まされていましたが、原因が暗号化ボリュームにしていたためと分かりました。この機種は、ソフトウェアで暗号化するようですので、ハードウェアで行う機種に比べてかなり転送速度が落ちてしまうようです。しかし、暗号化によって速度低下するのは理解できますが、このように著しく低下するならもっと周知して欲しいと思います。

解消するためにボリュームの再構築で、全データをどこかに退避しなければなりませんが、8TB ぐらいあるので置き場所に困っています。所有している PC と外付けに分散すればなんとか退避できそうな算段はあるのですが、問題になっている転送速度が 10MB/s だと何日掛かるやら...。これから NAS を導入する際には、設定に十分な検討が必要だと思いました。

しかし、10MB/s 以下の転送速度では誰かが大きなファイルを転送するだけで、他の接続はほとんど出来なくなります。実質ファイルサーバーとしては利用できなくなる訳で、あっても使えない機能なら宣伝するのやめて欲しいと思います。ネット上のレビューなども暗号化できますとは紹介していても、転送速度の低下については触れられていない無責任な内容が多いです。

暗号化解除するのに今、全ファイル(8TB くらいある)を所有 PC や外付け HDD に分散して退避しているところです。この退避で常にファイル転送していますが、この状態だとファイルサーバーとしての利用は難しいです。退避だけで何日も掛かるのに、その間ファイルサーバーが使えないのは非常に辛いですが、やるしかないですね。