2017年11月28日 : してログ

こんな感じでなぜか起動しません
こんな感じでなぜか起動しません

新しい ESXi ホストを構築するのに 6.5 を入れてみました。管理クライアントがウェブベースのものになって使い勝手が良く、新しめの Windows マシンは問題なく動作しました。ただ、古い WindowsXP や Windows 2000 Server が起動すらしない現象が起こります。新規に仮想マシンを作ってみたり、VMのバージョンを落としてもダメです。また、旧 VMware 製品で動いていたインスタンスをコンバートしても同様でした。これ何なんだろう? ネットで当たっても中国語で質問してる人がいるくらいで、他に報告や回答は見つからないです。

「仮想マシン win2000sv のパワーオンに失敗しました。仮想マシンから切断されました。 詳細についてはここをクリックしてください。 」

  • 状態:失敗 - 仮想マシンから切断されました。
  • エラー:
    仮想マシンから切断されました。
    トランスポート接続 (9) を確立できませんでした: There is no VMware process running for config file ... win2000sv.vmx。
    リモートが切断されました

ちなみに古い Linux マシンは動作しました。今回は古い Windows を動作させる必要があるので、仕方なく 6.0 を採用したいと思います。あまり同様の情報が無いので、環境に依存した問題なのかも知れません。何かご存じの方はコメント欄にてご教授ください。

追記:バージョン下げて試験

6.0でも同じだった
6.0でも同じだった

結局 6.0 でもダメで 5.5 まで落としたら動作するようになりました。この症状ですがストレージの参照は普通にできますので、アクセスに問題があるようには思えません。また、仮想マシンの作成で Windows7 など選んだ場合は起こりません。問題は仮想マシンの設定ファイルにありそうなので、何が違うのか見比べてみようかと思います。

追記:調査結果

どうやらゲストOSの種類で“Windows 2000 Professional”/“Windows 2000 Server”を選択すると起動できないっぽい。起動しない“Windows XP”もアップデートしたもので元々の種類が 2000 Pro だったようです。試しに、“Windows 2000 Server”で新規作成し、設定編集でゲストOSを“Windows XP”に変更しただけで起動しました。他に問題無いか、もう少し調査してみます。

追記:結局のところ

新しく仮想マシンを作る場合は、“Windows XP 32bit”で作成して Windows 2000 をインストールすればいいと思います。既存の Windows 2000 仮想マシンを持ってくる場合は、設定ファイル(vmx)をテキストエディタで開いて無理やり変える、という対応で今のところうまく行っています。

guestOS = "win2000"

このようになっている部分を次のように変更します。何か不具合が起きるかも知れませんので、自己責任でお願いいたします。

guestOS = "winXPPro"

ちなみに、別ハードの 6.0 では Windows 2000 のゲストOS設定でも起動するので、何らかのハードウェア絡みの問題と思われます。