2016年2月17日 : してログ

ESXi サーバーを SSD 化するのに伴い、5.5u1 から 6.0u1 までアップグレードしようと作業していましたが、起動中にこの画面が表示されて停止してしまいます。 しかも同じ条件で起動に成功することもあるし、ただ再起動しただけで停止したりと、とにかく不安定な状況でした。 ひとつひとつ原因を探ってみましたが、現在のところ特定には至っていませんが、マザーボード(チップセット)か UEFI ファームウェアに原因がありそうです。

仕方が無いので 5.5 build 3343343(にしてもすげービルド番号だ)をインストールして様子を診ているところですが、こちらは今のところ問題ありません。

問題の発生する環境
  • マザーボード:ASRock Z87 Pro3/Pro3 C2(Z87 1150 DDR3 ATX)
  • CPU:Intel i7-4770K
現象の詳細
  • 起動中(またはセットアップ中)に突然、パープルスクリーンに切り替わり「checksum BAD」と表示され停止する
  • 停止するタイミングは決まったパターンが見られない
  • インストーラは、CD ブート、USB ブート問わず発生する
  • インストールできた場合でも、起動中に発生することがある(SSD、HDD、USB メモリを問わず)
  • 試行錯誤中、UEFI のブートドライブが表示されなくなることが何回かあった
  • 起動に成功した場合は、リモートから接続してゲスト OS を起動したりしても特に問題は無い
SATA 関係が怪しいが…

UEFI(最近ようやく“ウエファイ”って読むことにしたよ)で散々あれこれやってみても結局解決しない。 チェックサム不一致ということなので、HDD の読み書きが疑わしいのだが、SSD や USB メモリなど異なるデバイスでも起こるときは起こる。 終いには、CD でブートしている最中にも停止したのを見て、もしこれらのコントローラが原因なら BIOS アップデートかな、と。

次にメインメモリを疑う

とりあえず 8GB × 4 だったので、適当に1枚を選んで試す、全部試さなかったけど改善せず。 メモリ検査ツールを探したら、Memtest86+ というのが良いということで、2時間ぐらいかけて1パス完遂してみたが、何のエラーも報告されなかった。


追加:BIOS アップデートしてみた

本当はショップの BTO で組んだ PC の場合、リテール品のマザボと微妙に異なる場合があるので、メーカーからの BIOS アップデートはしない方が良いのだが、一縷の望みをかけて実行してみました。 インストールは問題なく終わったものの、初回の起動時にパープルスクリーン、はい終了。 次の ESXi アップデートで直ることを期待して、5.5u2 を使うしかないようです。