[雑記] 富士通 LIFEBOOK S936/MX とかいう欠陥製品 : してログ

[雑記] 富士通 LIFEBOOK S936/MX とかいう欠陥製品

パソコン雑記富士通 2016422

Windows7 (10DG) なので、Windows7 がプリインストールされ、リカバリディスクとして Windows10 が付くモデルで、最初から Windows10 を使う予定だった。 プリインストールの Windows7 は用が無いため、一度も起動せずに Windows10 のリカバリ作業に入ったのだが、どうやらこうすると詰むようだ。 結論から言うと、一回 Windows7 で起動し、ドライバーディスク等を作成しておく必要がある。

簡単に削除されてしまうリカバリ領域

ハードディスク上のリカバリ領域は、ふつう簡単には削除されないのだが、Windows10 のリカバリディスクで起動して処理を進めると簡単に削除される。 Windows10 のリカバリディスクからのインストールで、リカバリ領域を潰す確認があったかどうか分からないが、それほど重要な確認っぽくは無かったはずである(後で自分が悪かったのか確認してみるつもり)。 でも少なくとも「yes」と入力させたり、2度確認を取るなど、リカバリ領域は特殊な操作をしない限り削除されないようにすべきじゃないか?

ドライバーディスクは付属させるべきでは?

プリインストール環境で、ドライバーディスクを作成する必要があるなら、同梱の書類等で分かるようにしておくべきだ。 マニュアルはネットから PDF をダウンロードするという対応になっているが、そんなところに書いてあってどうしろというのだろうか。 ドライバーディスクが無いと、インストールできないのだから、ディスクのチェックをスキップできてしまうのもおかしい。 そもそも、他にネット環境が無い人は重要な情報を知りえないだろう。

日本のメーカーも落ちぶれたものだ

もう安心の日本製品ということも言えなくなったのか、そうなるともう外国メーカーと比べ優位点が無いんじゃないだろうか。 富士通は割と信頼していたメーカーなのだけれど、今回の一件でもう買わないし、人にも勧めないだろうなと思う。 まだどうなるか決まってないが、たぶん修理扱いだろう。


文鎮化の過程

過程を検証してみましたが、ドライバーズディスクが無くても進めることができるのが問題でしょう。


リカバリ起動ディスクで起動

ドライバーズディスクが無いのでスキップをしたのが間違い

この「全体が消えます」がリカバリ領域も含めてだとは知らず

ここでリカバリ領域も含めて全消去されています

ドライバーズディスクが無い

ここから進めません

ドライバーズディスクは、プリインストールの Windows7 を起動して作成しておく必要がある。 このことについて同梱書類にまったく記載が無く、リカバリディスクで起動した案内でもスキップで進めてしまうなど、不親切を通り越して欠陥商品と言わざるを得ない。 必ずドライバーズディスクが必要な訳なら、そもそもスキップなどできないようにしておくべきである。

ドライバーディスク等のメディアを作成しておかないと、ドライバーとバンドルソフト(WinDVD、Roxio Creator)の再インストールができなくなる。 しかも、修理では対応できず、復元する場合は別途費用を払って購入する必要があると言う(この対応には呆れてしまった)。

バンドルソフトを諦めて Windows10 をインストールする方法

Windows10は、MicrosoftからISOをダウンロードできるので、これを通常インストールするとことが可能だ。 ドライバー関係が必要になるが、富士通のサイト及びオンラインアップデートで揃えることができた。

  • MicrosoftからWindows10のISOをダウンロードする(USBメモリ版でも良い)
  • Windows10をクリーンインストールする
  • 富士通のサイトから、ドライバを一式ダウンロードする(ネットが使えないので別のPCが必要)
  • ダウンロードしたドライバをすべてインストール
  • 無線LANが使えるようになるので、これ経由で足りないデバイスドライバのアップデートを行う(設定のデバイスを開き、不明になっているものをすべてアップデートすれば良い)

このように、LIFEBOOKだけでは使える環境に復元できず、インターネットに繋がる別PCとWi-Fi環境が無いユーザーはどうしろと言うのか、欠陥商品と言わざるを得ない。 そもそも、簡単にリカバリ領域が削除できてしまうのが問題で、diskpart などコマンドでも使わない限り削除できないようにしておくべきだろう。

という訳で、富士通製品はもう買わない、人にも勧めない、と心に決めるのでした。

19 件のコメント
14 件のコメントを省略しています
すべて見る
LANDHERE2017-04-05 Wed 22:53
>別の罠も仕掛けられてるで!!さん
うわー、オプションによってはそもそも焼けない構成もあり得ますね。
これは酷いなー、そんなとこまでユーザーに気を使わせるとか。
どうやってドライバーズディスク作るのか、サポートで滾々と問い正したい。
富士通、もう二度と買うことは無いだろう…
滑稽な記事2017-06-30 Fri 09:57
自分には技術があるという思い込みでやったただの凡ミス。
どうせ安いのよこせと言って買い上げた製品なのだろう。
安いの安いのと言っているからユーザーフレンドリでないコスト掛からない製品しか生み出されないことが分かっていないのだろうか?
DVD1枚提供するためにどんだけのコストかかっているのか分かっているのだろうか?自分が~自分が~といって自分のことばかり言っているようでは先はないな。ちなみにどちらのブランドのかたですかね?
LANDHERE2017-06-30 Fri 12:08
>滑稽な記事 さん
この製品については、以下の三点について明らかな欠陥があると思います。

・購入者の手によってドライバCDを作成する必要があることを説明したものが添付されていない点
・リカバリ手順でドライバCDの確認をスキップできる点
・リカバリ手順の中で「ディスク全体をご購入時の状態に戻す」という事実と異なる表記がある点

なお、添付CD分価格が上がるのは別に構わないと思っていますし、
添付しないのであれば上記のような商品構成では言われても仕方ないと思いますよ。
また、私は一般のユーザーでありメーカーの人間などではありません。

書いてもいないような思い込みで決めつけられるのは心外ですね。
ご批判されるなら、具体的な記事内容について言及してください。
inba2018-01-20 Sat 23:18
ちがう件で情報検索していて、最近体験して疑問に思っていた件をここにみつけました。やや前のA574系です。
私の場合は、8.1-7ダウンの法人向け中古PCを購入し、8.1で使うため即ディスク全体リカバリを行いました。バージョンの違いはあれど、blog筆者様とほぼ同じプロセスを踏んでいると思います。ドライバーズディスクをskipできましたし。(用意せず)
skipしたので8.1後は、富士通ドラーバーズ検索の機能が、「リカバリー領域が見つかりません」と出て使えなくなります。幸いドライバー類は、富士通サイトの方で使用最低限のものは入手、更新できるのでなんとそれほど不自由なく使えてはいるのですが。
ちなみに、7(32/64)と8.1のリカバリディスクはついていました。
もしかしたら、リカバリディスクで再度7にすれば、ドライバーズディスクがそちらに入っているのかもしれませんが。あるいは、ないかもしれません。
あと機種のガイドにある領域変更については、7のリカバリガイドにしか説明がなく、8.1にすると「ユーティリティ」がトラブル解決ナビには出てこなくなるなど、ガイドの説明の方法が無理になるようなケースあり。リカバリ後はCドライブのみになってしまいました。これはOSの方の機能でC,Dに分け、ボリューム変更しましたが。(その過程で20gリカバリ領域らしきものは存在しているようでした)
購入機種のFVMのガイド等含め、対応がいろいろ適切でないと感じておりましたが、記事を読ませていただいて自分だけではなかったとちょっとほっとしました。
記事情報開示ありがとうございます。


LANDHERE2018-01-23 Tue 09:33
> inba さん
この記事の機種には何のドライバディスクも付属していませんでした。
最近、別の富士通ノートPCを触る機会がありましたが、そちらにはドライバディスクが付属していましたので、同様のクレームが多く寄せられたのでしょう。
ただ、相変わらず不適切な説明文やマニュアル表記が散見され、このメーカーの姿勢は不誠実だと再認識しました。
名前:
コメント: