[雑記] ディスプレイ購入計画その1 : してログ

[雑記] ディスプレイ購入計画その1

年末に壊れたメインディスプレイの代わりに、大画面モニタを購入計画が持ち上がっています。元々が 1680×1050 という中途半端な解像度だったので FHD のモニタでもぜんぜんいいのですが、どうせならもっと高解像度&大画面化したいなあという訳です。それで色々と調べたところ、32インチ WQHD(2560×1440)がバランスが良さそうなので、これを軸に選定作業を進めて行くことにしました。

WQHD に決めた理由

メインモニタが壊れて、サブモニタとして使っていた FlexScan L885 をメインモニタに昇格して利用していました。このモニタは UXGA(1600×1200)の解像度で、なかなか快適な広さだったので 1080 にダウングレードするのが嫌だからです。あと、無くなったサブモニタはサーバー用に使っていた 1024×768 を使っているので非常に狭い、早く L885 に戻したい。

ちなみにサブモニタは縦にして A4縦の資料を見るのに使っていました。この目的だと 4:3 の UXGA ってこれ以上無いってくらいぴったりなんですよね。実はハードオフで 1,500円で購入したものなのですが、まじでいい買い物したと思っていました。今となっては、4:3 の UXGA ってなかなか無いですからね。縦スクロールのシューティングやるのにもぴったりです。

グラフィックボードが WQHD に対応しているか問題

今使っているメインPCは、ドスパラで組んでもらったものなので何のグラフィックボードが搭載されているか確認してみました。ドスパラだと購入時に構成表を渡してくれますのでこういうとき便利です。それによると、Palit NE5X66001049-1060F(GTX660 2G GDR5 2D1H1P)のようで、仕様をみると「Dual-Link DVI x2」「最大解像度 4096×2160」とあります。

今では無くなりつつある DVI ですが、WQHD に出力するにはデュアルリンクに対応していなければなりません。このグラフィックボードは、DVI しか端子がありませんがスペック的には問題なさそうです。

DVI 端子のある WQHD ディスプレイが少ない問題

というか1機種しか見つけられませんでした。それが Acer EB321HQUBbmidphx です。その他のディスプレイは、HDMI と DisplayPort だけの仕様。DVI はもう終わった規格なんですねぇ。

この Acer をポチるかグラフィックボードも交換することになりそう。正直グラフィックボードはゲームしないから今ので十分なんですよ。やたらインターフェイスを乱立させるのやめて欲しいです。

DVI → HDMI 変換アダプタが WQHD を映せるか問題

グラフィックボードも交換するのはお財布に悪いので、変換アダプタを検討してみることにしました。そのような製品はいくつかあるのですが、詳しい仕様が書いてありません。具体的には、DVI デュアルリンクから HDMI 1.4 への変換ができるかどうか、です。DVI 側のコネクタピンの本数を数えても、デュアルリンクのピン数でありながら非対応というレビューがあったり、品名に 1080P と書いてあったり、正直訳が分かりません。

商品名にデュアルリンクと表記してある製品を見つけたのですが、価格が安くてとっても不安。価格コムのクチコミに変換アダプタで映せたというのがあったのですが、製品名までは分かりません(これなのかなあ)。まあ280円なので試してみようかと思っています。

他にデュアルリンク表記の2製品を見つけたけど1万円以上。正直、変換アダプタに1万円は出したくは無いです。変換ケーブルに検索対象を広げて探してみようと思います。

入力切替の操作が面倒な問題

今使っているディスプレイは、独立した入力切替ボタンが付いていて2系統を交互に切り替える方式になっています。調べたところ、ツリーメニューを操作しないと切り替えられないディスプレイばかりです。リモコンが欲しいところですが、安価のモデルには付いていません。正直、これがネックで購入に二の足を踏んでいます。

デスク回りはすっきりさせたい派なので HDMI 切り替え器を挟むのは論外ですし、高級な切り替え器でないとディスプレイの設定がいちいち変わってしまう恐れもあります。入力切替は頻繁に利用するので、この操作感が悪いと嫌なんです。

日本製が壊滅状態な問題

ディスプレイはずっと日本製を使ってきましたが、最近は安価な海外製に淘汰されつつあります。しかも、それに対抗してからなのか日本製の信頼性もずいぶん落ちてきています。今まで使っていた EIZO FlexScan S2031W はライン抜けやカラー異常でお陀仏、別の iiyama ProLite E2208HDS は電源が10分くらい点かない有様です。海外製は通電時に異音がしたり、突然まったく点かなくなって故障したりで耐久性は悪いイメージがありますが、日本製もそんな状態だったら安い方がいいですよね。

実は、他の製品のイメージが悪くて IODATA は検討から外していたんですが、調べてみると元は三菱なのだそう。そうなってくると IODATA 製がいっきに検討トップに踊り出ます。三菱といったらダヤモンドトロンにだいぶお世話になっておりました。

という訳でまとめです

  • 必要スペックは、32インチ WQHD(2560×1440)、IPS液晶、ノングレア
  • DVI → HDMI 変換アダプタ(またはケーブル)をかます(ダメならグラフィックボード交換を検討)
  • IODATA 製ディスプレイ(値段次第で海外製も検討)
  • 予算は5万円以下
こんな感じです。
0 件のコメント
名前:
コメント: