[サービス] 大気光象時計を改良してみた : してログ

[サービス] 大気光象時計を改良してみた

数年前に作っていた大気光象時計を、このサイトの右側に常時配置する向けに改造してたら「あれっこれ違うんじゃないの」と思ってしまったので、ついでに改良してみた。

24時間計を180度回転

昼間時間を扇形に示していると、24時間計は0時の位置を真下に置いたほうがいいと思いました。今までは真上だったので、昼間の範囲が下側に示されるので昼夜が逆転しているように見えるためです。

南半球の太陽方位

24時間計と同様の理由で、南半球では昼夜が逆転したように見えていました。とりあえず、同じように180度回転させてみましたが、逆回りにするか迷っています。北半球の我々は文字盤を南向きに見て、左(東)から昇って右(西)に沈むと自然に見えます。南半球の人は文字盤を北向きに見て、右(東)から昇って右(西)に沈むのがいいんじゃないかと思います(たぶん)。

ただ南半球はまだこんがらがってるので、じっくり考えて対応したいと思います。北半球はやはり、北を上にして左回りに太陽を動かすのが良さそうです。

24時間計の腕時計を見ると0時が上なのですが、昼間を上にするなら0時を下にしなければならなくなり、腕時計と逆になっちゃうけど仕方が無いです。同じような理由で、太陽方位も北半球だと南に向いて左(東)から昇り右(西)に沈むというのが自然なため、上が南で下が北という地図の見方と逆になってしまいます。こう考えると、南半球の表示のほうは地図を見る方向と一致して分かり易くて、なんか悔しいような気もします。

0 件のコメント
名前:
コメント: