[VMware] ESXiでWindowsXPのシステムディスクを拡張する : してログ

[VMware] ESXiでWindowsXPのシステムディスクを拡張する

容量が足りなくなった仮想マシン(WindowsXPのシステムディスク)を拡張する方法をメモしておきます。再インストールすることなく、簡単に容量を拡張できるようです。

  • 拡張する仮想マシンは停止しておきます
  • ESXiのSSHを有効にして、適当なターミナルで接続します
  • システムディスク(vmdk)を調べておき、"vmkfstools -i winxp.vmdk -d thin winxp_ex.vmdk" のようなコマンドでコピーします
  • 仮想マシンの設定を開き、コピーしたディスクを追加します
  • コピーしたディスクの設定で容量を増やしておきます
  • 仮想マシンを起動し、ディスク管理で確認しておきます
  • コマンドプロンプトを開き、"diskpart" を実行します
  • "list volume" のコマンドで、追加してディスクの番号を確認します
  • "select volume 2" のコマンド(番号は確認しておいたもの)で操作するボリュームを選択します
  • "expand" コマンドで残り容量分を拡張します(即反映されるので注意)
  • "exit" で終了します
  • 仮想マシンをシャットダウンし停止させます
  • ESXiのSSHに戻り、今までのシステムディスクを削除します
  • 拡張したシステムディスクをコピーで戻します "vmkfstools -i winxp_ex.vmdk -d thin winxp.vmdk"
  • 仮想マシンを起動して、拡張されていれば完了です
0 件のコメント
名前:
コメント: