[植物・花] 梅護寺の八房の梅 : してログ

[植物・花] 梅護寺の八房の梅


越後七不思議のひとつ、八房の梅です。この梅はひとつの花に8個前後の実を結びます。花を良く観察すると、雌しべがその数分あるそうですが、柵があるため肉眼では数えることができませんでした。花自体も見事な八重咲きで、非常に豪華です。

この梅護寺には、先日ご紹介した、もう一つの越後七不思議である珠数掛桜もあります。過去に訪れた越後七不思議と共にどうぞ。

珠数掛桜(じゅずかけざくら)
逆さ竹(さかさだけ)
繋ぎ榧(つなぎガヤ)
八珍柿の原木(はっちんガキのげんぼく) ※これは七不思議プラス1です



↑雌しべの数が8本前後あるそうですが…


↑名前が表す通り、見えるだけで7つも実をつけています(5/9撮影)




↑満開の珠数掛桜もどうぞ(^^)


04/19 阿賀野市小島377 梅護寺
Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
TMI RAW×1→Photomatix / Photoshop
Tags #植物 #梅 #天然記念物 #越後七不思議
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
0 件のコメント
名前:
コメント: