Windows10 : してログ

12

前から Windows 10 が嫌いで仕方ないんですが、今日また嫌いになる出来事が...。それはファイルの関連付け、今までこんなことで苦労なんてしたことがありませんし、解決できない、原因も分からない、えーそんなバカなというような感じです。

やりたかった事

今まで愛用していたテキストエディタ(ちなみに terapad)がさすがに古くなって少々改善したい点もあったことから、重い腰をあげて notepad++ に移行することにしました。こういったツールはポータブル版(インストーラなしでコピーして配置するだけで使用できる)に決めているので、zip 版を用意しました。

トラブル発生

解凍したファイルを配置して、ファイルの関連付けを notepad++ に変更するだけでいいはずなんですが、どうやっても関連付けることができません。

  • notepad++ の設定からの変更
  • 右クリックメニュー > プログラムから開く > 別のプログラムを選択 > 常にこのアプリを使って開く
  • ファイルのプロパティ > プログラムの変更
  • 設定 > アプリ > 規定のアプリ > ファイルの種類ごとに規定のアプリを選ぶ
  • GUIで行った作業と同等のレジストリ変更
  • システムの回復(DISM & SFC)
  • 完全なシャットダウン
  • 「このファイルは他のコンピュータから取得したものです」の解消
  • ちなみに最初の手順でやって3環境中1環境だけ成功

こんな感じでやって諦めました。レジストリを確認しながらGUI操作をしたり原因を追究しようとはしましたが、怪しい一点のみを除いて訳が分かりません。とにかく、エラーも出ないしまったく変化しないしで、ほとほと疲れました。

怪しいのは一点のみ

これについて、ひとつだけ成功した環境がありました。レジストリを見比べたりしても原因が掴めず悩んでいたところ「再起動が必要です」というメッセージが出て「あー」ってなったんですよね。他の失敗環境ではアップデート済みでしたので、今月のアップデートを適用したかしてないかの違いでは無いか、と。今までもアップデートがらみで色々あった Windows 10 ですから十分あり得ると思われます。

追記:別の未アップデート環境で試したところ何の問題もありませんでした。来月以降のアップデートで修正されることを期待します。

ほんと勘弁して欲しいわ Windows 10

こんなアップデートの度に不具合でゴタゴタする OS は未だかつてありませんでした。マイクロソフトもようやく気付き始めたのか、アップデートサイクルを見直す動きもあるみたいです。はっきり言って余計な機能が多いし、かつてのようにビジネス向けとパーソナル向けで分けてやって欲しいですね。最近ので言えば、Windows 7 をビジネス向けに延長サポートしつつ、Windows 10 はパーソナル向け、というのが理想形な気がいたします。アップデートに3時間以上も掛かるのに仕事ではとても使えないっすよ。

Windows10 が最新版にアップグレードできない問題を解消するために、ESXi をアップグレードすることにしました。下位バージョンの 5.5 で問題無いことと、NIC も外した最小構成でもダメだったことから、6.0u1 固有の問題が疑われました。

アップグレード手順

概ね下記の手順になります。アップグレードによって、ファイルシステムのサポートが終了したりするので、事前に調査しておきましょう。メジャーバージョン同士でもクライアントがウェブベースになったりしていますので、注意が必要です。

  1. ファイルをダウンロード
  2. ESXi からアクセスできるファイルシステムにコピー
  3. すべての仮想マシンを停止
  4. メンテナンスモードに切り替え
  5. アップグレード
  6. 再起動
  7. メンテナンスモード終了
  8. 停止した仮想マシンを起動

ダウンロード

my vmware から、製品名を "ESXi (Embedded and Installable)"、バージョンを選んでファイルを検索します。リストには、"update-from-esxi6.5-6.5_update02" など update の付いたものがあります。恐らく、update 付きのものはそこまでの更新ファイルをまとめたもの、付かないものは差分と思われますので、内容をよく確認して差分ファイルも必要か判断してください。

アップグレード

まずアップデートファイルの内容(プロファイル名)を確認します。今回のファイルは下記の内容でしたが、日付の違いと後ろの "s" はよく分からないのですが、"ESXi-6.5.0-20180502001-standard " を入れることにしました。

esxcli software sources profile list \
-d /vmfs/volumes/hdd/update-from-esxi6.5-6.5_update02.zip
Name                              Vendor        Acceptance Level
--------------------------------  ------------  ----------------
ESXi-6.5.0-20180501001s-standard  VMware, Inc.  PartnerSupported
ESXi-6.5.0-20180501001s-no-tools  VMware, Inc.  PartnerSupported
ESXi-6.5.0-20180502001-no-tools   VMware, Inc.  PartnerSupported
ESXi-6.5.0-20180502001-standard   VMware, Inc.  PartnerSupported

調べたプロファイル名を指定して、アップデートコマンドを発行します。ファイル変更を行わない "--dry-run" オプションもあるので、動作を確認する場合は指定してください。

esxcli software profile update \
-p ESXi-6.5.0-20180502001-standard \
-d /vmfs/volumes/hdd/update-from-esxi6.5-6.5_update02.zip

更新作業は一瞬で終わりますので、ホストを再起動して適用されたか確認をします。今回は懸念していた問題は何も無く、あっという間に最新版にアップグレードできてしまいました。

アップグレード結果

全ての仮想マシンを停止するので、今までアップグレードしてきませんでしたが、案外簡単に時間もかからずアップグレードできることが分かりました。しかし、いつもこんなうまく行くとは限りませんから、バックアップシステムがあると安心だなと思いました。iSCSI だとロードバランサみたいにバックアップシステムを使うことはできませんが、NFS ならそういった構成もありかなと思います。

さっそく Windows 10 のアップグレードを試したところ、ブルースクリーン&ロールバックは発生せず、問題なく April 2018 Update を適用することができました。結論としては「ESXi6.0u1 のホスト環境では Windows 10 1603 以降の仮想マシンは動作しない」ということでした。

追記:別環境5.5→6.7アップグレード

相変わらずサイトが分かりにくいので my vmware から、アップデートファイルのダウンロードページまでのパスをメモしておきます。5.5からアップグレードする場合、いったん6.0に上げてから6.7へと2段階で行います。

  1. my vmware にアクセス
  2. 右側の Quick Links から All downloads に行く
  3. 右側の Other Downloads から Download Patches に行く

メジャーバージョンを上げたためか、ライセンスキーの更新も必要なようでした。この取得先も分かりにくかったので同様にメモしておきます。

  1. my vmware にアクセス
  2. 右側の Quick Links から All downloads に行く
  3. 表示された All Products からVMware vSphere Hypervisor (ESXi) の View Download Components に行く
  4. 製品リストが表示されるので Download に行く
  5. License & Download にライセンスキーがある(執筆時点ではこのページ

タイトル通りなのですが、私の ESXi6.0u1 の環境では Windows10 が Windows Update や更新アシスタンスによるアップデート、インストールメディアから起動、いずれも "KMODE EXCEPTION NOT HANDLED" のブルースクリーンになりロールバックされてしまいます。そんな訳で Windows7 を使い続けて来たのですが、そろそろ Windows10 の環境も無いと困るので重い腰を上げて調査しています。最初に断っておきますが、まだ解決できておらず何の参考にもならない記事になります。

状況について整理

  • Windows 10 1511 からアップグレードすると、再起動時に "KMODE EXCEPTION NOT HANDLED" のブルースクリーンが表示されロールバック
  • Windows Update、更新アシスタンス、インストール CD、何れの方法でも失敗
  • 「PC を初期状態に戻す」を実行し、Windows 10 のみにしてもアップグレードに失敗
  • 非標準サポートの RTL8168 の NIC を使っていたので、デバイスマネージャで削除&仮想マシンのデバイスからも削除、この状態でも失敗
  • 仮想マシンのバージョンを8~11の間で変更してもダメ
  • 新しい仮想マシンで上記ひととおり確認してもダメ
  • BIOS、EFI、ハードディスクのタイプ、SCSIアダプタ、考えられる組み合わせすべてダメ
  • いっぽうハード構成が違う ESXi5.5 では最新の 1803 まで動作を確認
  • 6.0u1 固有の問題かも?と検索してみるが解決に繋がる情報は得られず(同様の症状の書き込みは見つかるが…)

ESXi のアップデートを検討

あまり面倒なことはしたくないので、今まではクリーンインストールしかしていませんでした。しかし、iSCSI や特殊デバイスをパススルーしていたり、あまりダウンさせたくない VM も動いているのでアップグレードを検討しています。手順はそれほど難しいものでは無さそうですが、いろいろと不安材料があります。

  • 手動で入れた NIC Realtek RTL8168 は消えないのか(そのまま動くのか)
  • 仮想マシンの設定はそのまま保持されるのか
  • 問題があった場合はどうやって戻すのか(または戻せないのか)

NIC についてはクリーンインストールでもバージョンによって入らなかったりするので、非常に不安です。そもそも Windows 10 1511 のときも突然ネットに繋がらなくなったりして、不安定だったので Windows7 を使っていた経緯があります。今回、真っ先に NIC を疑ったわけですが、デバイスを外してもダメなので無関係と思われ、その検証をする前は Intel の NIC を増設しようとしていました。

仮想マシンはすべて iSCSI に入っているので、最悪クリーンインストールしても消えることは無いはずですが、オペミスや再設定が不安(めったにやらない手順なので)です。また、特殊デバイスのパススルー設定もやりたくない作業ですので、アップグレードを選択します。

問題があった場合はたぶん戻せないので、そうなったらクリーンインストールやむなし、ということで。今回、互換性とWebベースの管理画面を避けたいという点を考慮して、6.0u3 へアップグレードしようと思っています。これが成功して Windows 10 1803 が動けば良し、ダメなら 6.5 へ更に上げ、それに失敗したらクリーンインストールということにします。Webベースになったのは 6.0u2 からでしたので、いっきに 6.5u2 にアップグレードすることにしました。

とりあえず作業手順を調査中

中途半端ですみません。作業したらまた記事にします。

アシスタンスという名の役立たず
アシスタンスという名の役立たず

長期間使用していなかった Windows10(仮想マシン)を起動したところ、予想どおり延々と Windows アップデートになりました。あいかわらずユーザーの意思を無視して、問答無用にアップデートを始めてしまうのも予想通り。しかし、今回違ったのは Windows Update では無く「Windows 10 更新アシスタンス」というものが現れたという点。

前にも書いたけど、Windows 10 の何がダメかって同じような機能やメニューが複数ある点であると思います。なんでまた Windows Update ではだめなんだと思いつつ、待てば更新終わるだろうとこの時は思っていました。ところが、何回アップデートしても再起動のときにブルースクリーンになってやり直し。Windows Update では最新版と出ますが、更新アシスタンスでは 10586 から 16299 に更新する必要があると出る。どっちが正しいのか知りませんが、今のところ解決方法が無いし、ネットで調べる気力も無いので封印しようと思います。

どうやら、Windows 10 というのはこまめにアップデートして最新版を追っかけておかないとだめな OS らしいです。一回のアップデートに数時間かかるようなアップデートを勝手に初めてしまう酷さ、そのアップデートもまともに終了しない検証不足のまま平気でリリースする質の低さ、糞 OS にも程があります。史上最低な Windows の称号を 10 に送ろう。

追記1

1日置いて気力が回復したので解決方法を調査してみました。マイクロソフトから「Windows Update トラブルシューティングツール」というものが提供されているのでこちらを実行してみました。更新アシスタンス実行後の再起動でエラーになる現象は解消したのですが、再起動後も 10586 のままです。更新アシスタンスをアンインストールし、しばらく待っているとゾンビと言われているように復活、また問答無用でアップデートが始まりました。つづく。

追記2

だめでした~。再起動時に停止しなくなっただけで、ブルースクリーンになってもログオン画面まで行くみたいです(ようは気づかなかっただけ)。アップデート失敗しているので 10586 のままなのか。こんな糞 OS 使うの嫌だな~。

追記3

それからいろいろ試してみましたが、何をやっても「KMODE EXCEPTION NOT HANDLED」となって更新に失敗してしまいます。このエラー、デバイスドライバ関係らしいので VMware Tools などの MS 以外のサービスをすべて停止した、クリーンブートを試してみたりしても改善できませんでした。

もうクリーンインストールしか道は残されていないと思いますので、ここでアップデート作業は断念します。

付けたし

ほぼ同じ環境で随時アップデートしていた仮想マシンでは最新の 16299 になっていることから、大型アップデートを順次行っていれば問題なかった可能性があります。そうであれば非常にデキの悪い OS だと思います。

いいえ
いいえ

今さっきのこと、動作が非常に重くなってフォント関係が表示されないようになったんです。タスクマネージャひらいでも、文字のとこが何も表示されてなくて、タブなんかも文字が表示されてないから薄ペラく左に寄って崩れた表示になるんですね。昔のOSでリソース不足を起こして正常に表示されなくなったような感じにです。

しょうがないので、再起動をしたんですがこれがエラく待たされるんです。シャットダウンのぐるぐるがなかなか出てこない。出てきたと思ったら「えっ」。「Windowsを構成しています○%」…。再起動するとき「更新して再起動」とか書いてなかったし、更新するんだったらやらなかったし。

えらく重かったのも、裏でアップデートしてたんだろ。結構集中して仕事してたのに、ユーザーに断りも無く作業に支障をきたすほど重くしておいて、挙句の果てに勝手に更新し始める(始めていた)とか。本当にバカにしてるとしか思えません。

こんな予期せずアップデートが始まるんだったら、仕事になんか使えないっつうの。この記事を書き始まるまでに、10分いやそれ以上待ってやっとです。もう、再起動前にやってた仕事なんか止めてコレ書いてるよ。

書き始めてもまだなんかやってるらしく、変換が遅かったり、デスクトップやタスクバーのアイコンが再描画されたりで、もうなんなの。前は Windows アップデートで3時間もかかったことあったし、いつの時代ですかね、ねー、マイクソソフト。こんなんなら Windows 2000 や XP のほうがまだ安心して使ってられるじゃねーか。

“しばらく”ねぇ…
“しばらく”ねぇ…

Windowsアップデートは更新して再起動を選択しておくべきだった。更新してシャットダウンだと、次回起動時に更新の残りが始まり、起動してからも設定やら、ドライバーの再登録やらで1時間以上PCが使えない(かった)。Microsoftってバカなの? 電源コントロールできんだから好きなだけ再起動して更新終わらせてから電源切っとけよ。あと、どのくらい時間が掛かるのか明示しとけ。

とかなんとか、前にも同じようなこと書いたような…

ブルースクリーン
ブルースクリーン
Windows Updateで3時間半も使えなくなる

前日に更新してシャットダウンをして、なんで次の日の起動に更新掛けてんだよ、バカだろ。電源コントロールくらいできるんだから、必要なだけ再起動して終わらしとけってーの。にしても、5分とかならまだ分かるよ? 3時間も掛かるのなら、予め目安時間くらい提示してくれ。仕事で使ってるんだから、これ損害賠償もんだよな。

パスワードでログオンしても、パスワード入力画面に戻される(何度も!)

タイトルどおりだが、何十回入力しても、少し処理待ちした後→パスワード入力画面に戻る、を繰り返すことがあった。数十分くらい放っておいたら、入れるようになって、電源をブチしなくて良かったのだが、いったい何だったのか。アクションセンターに更新しましたという通知があったので、これも Windows Update のせいじゃないか?

タブレットモードでレジューム復帰すると全画面表示でなくなる

従来の Windows アプリケーションだからかと思ったが、Edge でも同じようになるときがある。画面半分ほどしかアプリが表示されず、下側はデスクトップが見える状態で、直すにはデスクトップモードに切り替えてからタブレットモードに戻す必要がある。タブレットオンリーで使えない、中途半端な実装は止めてもらいたい。

いろいろと二重、同じようなのがあって混乱する

設定だのアカウントだの、同じようなものが2つあるのは混乱の元である。デスクトップモードとタブレットモードもそうだけど、明確に分けてユーザーに認識させないと、何をしていいのか直観的に分からなくなる。検索やコルタナを使ってもらおうということかも知れないが、その考えは間違っている。

新しいブラウザ Edge がダメダメ

ここに書いたけど、タブレットモードにしても、デバイス幅が 1024 に固定されるようなので、タブレット向けサイトが表示されない。上下の端っこでバウンドするくせに、引き下げてもリロードにならず、小さいボタンを押すしかない。ちっともモダンブラウザじゃない。他のブラウザは、タブレットモードに対応しておらんし、そもそもタブレットとして使うには無理があるんじゃないか?

標準のソフトキーボードでは押せないキーがある

Alt キーなど押せないキーがあるから、デスクトップアプリケーションを(キーボード・マウスなしで)完全に操作できない。最初からタブレットモードが中途半端で、デスクトップモードでの操作が必要なくせに、そうなっている意味が分からない。キーボードの切り替えがあるんだから、最初からそこで選べるようにしておけよ。で、そのキーボード出しても、ファンクションキーは Fn キーとコンビネーションで押すことになっている。あと、ソフトキーボードの左上、空いてるんだからキーボード種別ボタン、並べとけ。

ブルースクリーンが多い

Anniversary Update を入れてから、突然ブルースクリーンになって再起動になることが多くなった。しかも、そのときの再起動が遅い、チェックディスクをしてるのかも知れないが、ずっとブラック画面のまま(10分以上)ハードディスクだけ動いている状態になる。何かやってるなら進行状況くらい表示して欲しいものだ。ようやくログオン画面が出ても、デスクトップ画面までがまた長い。

ESXi6.0 で作った仮想マシンの Windows7 を Windows10 にアップグレードしようと思ったら、上記のように VMware SVGA 3D に互換性が無いということで無理なようです。 実は別環境(ESXi5.5)の仮想マシンはアップグレードに成功していて、できない訳は無いと思うのですが、この画面からは埒があきません。 以前、ISO をダウンロードしてインストールする方法の記事をどこかで見たので、それを試してみることにしました。

こちらの Microsoft のサイトに行ってみると、ISO イメージをダウンロードするのではなくて、作成ツールがダウンロードできるみたいです。 さっそく「ツールを今すぐダウンロードする」を試してみると、普通にオンラインインストールが開始され、普通にインストールが完了してしまいました。 互換性が無い警告はいったい何だったのか、作成ツールとは何だったのか、イマイチ分かりませんが、とりあえず目的は達したようです。

それにしても最近の Windows は分かりにくくなったなあと思います。 アカウントもローカルと Live と別れていて使いにくいし、コントロールパネルと設定とか似たようなのが多すぎです。 まだまだ、タブレットとデスクトップの統合がうまく行ってない感じでしょうか、今後のアップデートでブラッシュアップしていって欲しいですね。

Windows10 1511 のアップデートだけど、Windows Update のステータスで「エラー」と表示されていて、ずっとインストールされない状態でした。 エラーとだけ表示されていて、リンクになっているからクリックしてみるんだけど、その表示内容からエラーの詳細や解決方法は示されませんでした。 結論から言うと、これずっと放っておくとそのうちインストールが始まるみたいです。 エラーの内容も分からない、対処方法も分からない、いつの間にかアップデートされる、かなり時間を要するにも関わらず勝手に開始、とな。

12