VirtualDub : してログ

しばらく VirtualDub を使ってなかったら、いつの間にか連番JPGの微速度撮影ソースを開けなくなっていました。 連番JPGを開くと、グリーンスクリーンとなり、1フレームしか無い状態で開かれるようです。 Deflicker を掛けたいのでこれは困る、ということで何が原因か調査してみたところ、FFInputDriver.vdplugin が入っている場合に起こる現象のようでした。 ググって嵌るより先に、最小化してみるべきだな、とグーグルに頼り切っている自分を戒めました。

結合できない動画について
  • ドライブレコーダーの素材(同じ形式の複数の連続したMOV)

  • UniteMovie で繋いたものを VLC media player などで再生すると、映像トラックが2つあるように見え、ウィンドウが2つ同時に表示される
  • AVI に変換し、VirtualDub で結合しようとするとエラーが発生する
解決方法

エラーメッセージ「... different sampling rates (29.97020 vs. 29.97030)」からすると、繋ごうとしている動画のフレームレートが微妙に異なっているようです。 そうであれば、VirtualDub のオプションでフレームレートを変更することができますので、これを統一した無圧縮の AVI に出力すれば良さそうです。 実際に試してみたところ、VirtualDub で問題無く結合ができました。

  1. MOV を VirtualDub で開く
  2. Video frame rate control を開き、Change frame rate to に 29.9700 を入力(数字は素材に合わせる)
  3. Save to AVI で、無圧縮 AVI で出力する(デフォルト設定)
  4. 結合する MOV すべてに対して上記処理を行う(一度設定すれば、MOV を開いて Save to AVI の繰り返し)
  5. VirtualDub で最初の MOV を開く
  6. 順番に結合する MOV を、Append AVI Segment で追加していく
  7. 必要であれば編集やフィルタの適用をして、Save to AVI で結合する