TMPGEnc : してログ

今までインタレース除去のフィルターで“常にインタレース除去を行う(2倍 fps 化)”をした後、出力設定で 24fps をすればいいと思っていました。これは多くの場合うまく行きますが、CM入りで出力するような場合はそうでない場合があるようです。同じソースでも、CMカットした場合はうまく行き、CMを残した場合は(本編の)カットによっては半分のフレームレートになります。インタレース除去の方法を変更して“Weave”などにしても、ブレンドされてブラーが掛かったような動画になり、この組み合わせではうまく 24fps になりません。また、エンコード時間も2倍(2倍 fps 化すると処理するフレームが倍になるため)掛かってしまいます。

インタレース除去は“24fps化”を選ぶ
インタレース除去は“24fps化”を選ぶ

すべての場合でうまく行くかは分かりませんが、このような場合はインタレースの除去は“24fps 化(コーミング除去優先)”などを選んだ方が良いようです。それから、出力のプレビューでコマ送りして必ず確認し、更に複数の異なるカットで確認した方が良いと思います。

前に どこかのサイトで60fpsの出力プレビューで「2回に1回更新だったら30fps、2回に1回→3回に1回更新の繰り返しだったら24fps、毎回更新だったら60fpsで出力する」みたいな情報を見て「インタレース除去は“2倍 fps 化”を選んでおけば良い」というようなクセが付いておりました。しかし、これだと(本編の)カットによっては30fpsに見えたり、24fpsに見えたりするのであまり鵜呑みにしない方が良いと思いました。

地デジのtsが溜まってきたので、CMカットとエンコードしてコンパクトに保管したい。いろいろとフリーのソフトウェアを試したけど、複数のソフトを組み合わせなければならず、CMカット時に音ズレしたりと、なかなかルーチンに出来ず、普段使いにはちょっと不向きな感じ。

市販も含めていろいろと試した結果、TMPGEnc 4.0 XPress に落ち着いた。

ただ、希望として H.264/AVC にしたいのだが、残念ながらこのソフトでは満足いく画質にはエンコできない。はっきり言って使い物にならないので、divx で行くことにした。これなら、TVersity 経由で PS3 で再生してもトランスコードなしで再生できるみたいだし、画質やサイズなどの要求を満たしたものになるので、これで目を瞑ることにした。

その他にも、1本ですべての処理ができる点、バッチエンコードができる点、CMカットが非常に楽な点などが決め手だったし、たまたまブックオフのセールでオフィシャルガイドを50円でゲットできたのが大きかった。細かい使い方とかヘルプだけでは分からない点が補えた。けど、コレくらいの内容はそもそもヘルプに入れておいて欲しい。この本をPDFでソフトに同梱してくれてもいいんじゃないかなぁ。

さて、特にお勧めな点がCMカットなので、ちょっと書いておこう。

最初カット編集で、シークバーをちょっとずつ動かしてCMを探していたのだが、サムネイルの左右でマウスの右クリックを使うと劇的に楽になるのに気づいた。この場所で右クリックすると、早送りや巻き戻し状態になり、プレビュー画像がモザイクになってレスポンスが良くなる。クリックする位置も中央からの距離に応じて加速するようなので、CMを素早く見つけることが可能だ。CM部分を見つけたら、その頭とお尻の部分でカーソルキーの左右を使って微調整してカットすればひとつ終了。1時間もののドラマならこれを4回くらい繰り返せば1話終了。慣れれば数分でこなせるようになると思います。

フリーソフトで無いのがアイタタだけど、貴重な時間を買ったと思えば安いもんです。

これで H.264/AVC にエンコードしたときの画質が良くなれば、最強なソフトなんだけどねぇ。
x264を外部呼出ししたりできないんだろうか。。。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です