MS-Office : してログ

ネットワーク共有ファイルなどで開いているときに回線切断になったりすると、誰も開いていないファイルが使用中で編集ができなくなる場合があります。ちょうど昔の Windows で画像のサムネイルの thumb.db のせいでフォルダが削除できなくなったりする問題に似ています。MS-Office でも何らかの形でロックファイルみたいなものがあるんだと思いますが、そこらへんは知らなくても解消できる方法があったのでご紹介します。

設定方法

  • リボンメニューの余白で右クリックして「リボンのユーザー設定」を開く
  • ユーザー追加したグループがない場合は、右側のタブのどこかに予め作っておく
  • コマンドの選択から「リボンにないコマンド」または「すべてのコマンド」を選択する(コマンドリストが出るまで結構待たされる)
  • コマンドリストから「読み取り専用の設定/解除」を選択し(ユーザー追加のグループに)「追加>>」を押す
  • 設定が終わったら「OK」で適用する
すべてのコマンドのかなり下のほうにある
すべてのコマンドのかなり下のほうにある

追記

ロックしたユーザーが別のユーザーだからか、上記コマンドでも「通知」しか選べないような場合がありました。NAS 上のファイルなので再起動を最終手段としていろいろと試してみたところ、別のフォルダーにそのファイルを移動したところ編集できるようになりました。もしかしたら勘違いかも知れないレベルの情報ですが、試してみる価値はあるかと思います。

嘘です
嘘です

半年ぐらい無料で使えそうなので、Office 2019 Commercial Preview プログラムに参加してみました。具体的な手順は「Office 2019 Commercial Preview プログラムに参加する方法」を参照してください。

インストール手順

  1. Microsoft Collaborate にアクセスし、Office 2019 Commercial Preview に参加(Join)します
  2. Office 2019 Commercial Preview Documentation (Win32) をダウンロードします
  3. Office Deployment Tool (Win32) のパッケージをダウンロードします
  4. ダウンロードしたツールを実行します(解凍先を聞かれるので指定します)
  5. 解凍先に configuration.xmlファイルがあるのでメモ帳などで開きます
  6. ダウンロードしたドキュメントを解凍し、Volume activation for Office 2019 Preview.docx に記載してあるプロダクトキーを確認します
  7. メモ帳などを使って、configuration.xml にプロダクトキーを書き込みます
  8. コマンドプロンプトを開き setup /configure configuration.xml と実行します(セットアップをクリックしただけではインストールできません)
  9. セットアップはかなり遅くフリーズしているか疑ってしまうほどです(「すぐ完了します」は嘘です。7時間ほどかかりました)

正式版までの繋ぎとして

MS-Office を恒久ライセンスで導入したい場合、新バージョンが出た直後に購入するのが最もお得だと思われますが、それプラスこのプレビュー版を活用するのが賢いと思います。Office365 がお得なのは分かるのですが、Office の場合常に最新版が必要かというと、そうではありません。本質の機能面では、はっきり言って Office 2003 で十分なので、xlsx や docx などフォーマットが変わらない限り1個飛ばし、2個飛ばしで更新しても良いと思います。

また、恒久ライセンスであればバージョン違いではありますがライセンスが増えて行きます。古いバージョンはサブ PC や仮想環境などで利用すれば、Office365 の5台使用可には及びませんが多少のメリットと言えます。