Foxconn : してログ

Foxconn G31MX G46GMX Series N15235 とプリントさてているマザーボード、どれが型式なのかイマイチ分かりにくいんですが、BIOS アップデートです。 前やったマザーボードなので簡単に考えていたんですが、なんと Foxconn のサイトから FOX LiveUpdate が消えていて入手ができません。 他の方法はフロッピーディスクドライブが必要だし、ネットで探しても見つかりませんでした。

探し物は案外近くにあるもの

ひょっとしたら、マザーボード付属の CD にユーティリティとして入ってるんじゃないか、と思って見たらビンゴでした。 最近はほとんどネットに頼りきりで、付属の CD からではなくネットで最新版のドライバを最初から入れることが常になっています。 付属 CD なんか捨ててしまう人もいると思いますが、今回は取っておいて良かった良かった。

Foxconn はもう買わない

古い製品とは言え、必要なファイルを提供していないのはメーカーとしてどうかと思いました。 それに、マザーボードの型式が分かりにくく、G31MX なのか G46GMX なのか N15235 なのか、ハッキリしろって思う。 おかげで、N15235 でヒットしたスペック表の DDR3-1333 を見て中古メモリ買って来たら、DDR2-6400 だったよ、990円返せ、ばかやろう。

USB メモリ刺すと起動できない

昔のマザーボードで、USB ハードディスクを繋げてると、起動しなくなったり不安定なのがあったけど。 このマザーボードは、USB メモリを刺しているだけで、Foxconn ロゴでフリーズしてしまう。 これは、最新の BIOS でも改善しなかった。 メモリが少ないし、Ready Boost を使いたかったんだが、これでは使えないね。 あーあ、勿体ないけど DDR2-6400 2GB 買い直すかなぁ。