購入品紹介 : してログ

#ソニータイマー

って実在したんですね。BRAVIAのチューナーが壊れたらしく「受信できません ... E202」が出てしまいました。サービス使うと2万くらい掛かりそうだし、サイズが大きいから分解してみる気にもならないので、しばらく放っておいた。

ハードオフにHDMI出力可能な地デジチューナーがあったので購入してみました。チェック時「アナログ映りません。HDMIは映りました」ということで状態が悪いかも知れませんが、HDMIが映ればとりあえず要は足ります。

リモコン付きで、本体のボタンが効かないのがあったので助かりました。ちなみに、BRAVIAのリモコンも壊れかけ(これもソニータイマー?)てたので、TVのコントロールもできる便利なリモコンです。

ひととおり設定したところ綺麗に地デジが映り、もうしばらくBRAVIAを使えそうです。ちょっと状態の悪いジャンク品なので、すぐ壊れてしまうかも知れませんがそのときは買い替えということで。

YAGI 地上デジタルチューナー DTC10 ブラック

動作NGということでジャンク品コーナーに324円で置いてありました。アダプタと1コンのセットで見た目が綺麗でしたので購入してみました。

ネオファミ(NEO FAMI)
ネオファミ(NEO FAMI)

同じくジャンク品で購入したカセットを試したところ、キャラ化けはするものの起動できるものがいくつかありました。サンハヤトの接点復活王で端子を掃除してみると、持ってるカセットすべて起動したので、結局は壊れてはいなかった「あたり」ということでした。昨日からニューファミコンに入札しようかとウォッチに入れていましたが、これでいらなくなりました。

ネオファミ NEO FAMI

ネオファミ コントローラー

サンハヤト ニューポリコールキング PJR-S120 120ml

ヤフオクにてジャンク品として出品されていたものを2,200円(プラス消費税と送料950円)で落札できました。この機種、電源かバッテリーに問題があったのか「充電ができません」が理由でジャンク品ということでした。でもACアダプタで動くなら、画面も15.6インチと大きいので、古いゲーム機用にぴったりかなと思って買ってみました。

到着時の状態

本体は新品同様のようにパネルやプラスチックにビニールが付いて、プチプチで包んでちょっと大きめの段ボールに入っていました。本体の他には、ACアダプタ、映像ケーブル、リモコン(ボタン電池入り)、日本語の説明書が入っていました。

とりあえず、ACアダプタを繋げてみると充電中のランプが点きました。このまましばらく充電してみましたが、ジャンク品である理由の通り充電できていない様子です。ACアダプタで利用できると踏んで落札したので、これは想定内としてDVDが視聴できるか確認してみます。すると数分間は視聴できるのですが、突然電源が落ちて画面が消えてしまいます。視聴中も電池アイコンが点滅していて、バッテリーの電圧を見てシャットダウンしている感じがします。

常に low battery の表示があるのはいただけないし、数分間しか表示できないのでは使えない。内容からして、ちょっと私には直せないかも知れず、買ったの後悔し始めました。

分解と確認

気を取り直して分解してみることにします。裏の見えているネジは精密ドライバーで外せましたが、それだけでは開きませんでした。シールに隠れていたのは、「QC PASSED」の裏、型番とか書いてあるシールの左上あたりです。後者は穴の位置を指で当たって、そこだけ穴をあけると良いです。

これで上下に開けるようになりますが、ケーブルが2~3本繋がっていて途中までしか開くことができません。とりあえず手前やや左の下蓋に電池パックがあるのを確認、右端の基板にケーブルで接続してある感じです。この電池パックが悪いのか、制御基板が悪いのか、当然分かるはずもありません。それにしても簡素な造りで、厚みのある本体もスカスカな感じで、こういった実装ノウハウや廃熱設計が値段に反映されるのかなと思いました。

試行錯誤

といってもできることは限られているので、ダメもとで試すのみです。まず、電池パックのケーブルを外してみます。完全に蓋が開かないので作業がし難いのですが、うまく安定する置き方を見つけて、片手で開きながらプライヤーで外すことができました。できれば誰かに手伝ってもらうと楽に作業できると思います。

この状態で仮組みしますが、DVDドライブユニットが定位置から外れていると思います。これは下蓋からピンが2本出ていると思いますので、そこに位置を合わせて置くような感じで組みます。他は、ケーブルを挟んで潰さないように、上下の蓋を閉じてください。ぴったり閉じれたら、DVDの蓋をOPENしてみて、DVDドライブユニットがずれていないか確認します。また、上蓋にテーブ台などの重りを置いておけば、手で押さえておく必要が無くなります。

この状態でACアダプタを接続して、電源を入れてみました。先ほどまで常に表示されていた、電池マークの点滅が消えました。とりあえず、low battery の判定は回避できたようです。このまましばらく様子を見てみましたが、突然電源が落ちることもなく普通に使えるようでした。だんだんと見通しが明るくなってきました。

こうなれば、ネジを元に戻して組み直すだけです。液晶パネル根本の2本だけネジが異なるので、そこだけ注意して戻して行きます。他のネジはタッピングネジになっているので、プラスチックを壊さないように注意が必要です。また、DVDユニットの蓋の部分で裏側からパーツを留めている箇所がありますが、この部分が弱いので注意が必要です。

動作確認

組み直し終わったら、適当な映画のDVDを再生してみて動作確認をしてみます。選んだのはハリソン・フォード主演の「エアフォースワン」、ひととおり再生、メニュー、音声切り替え、字幕選択などしてみましたが問題ありません。しばらく視聴しても問題なく、いつの間にか最後まで見入ってしまいました。いやー「エアフォースワン」やっぱり面白い、何度も見ていますが「当機はコールサインを変更します。新しいコールサインはエアフォースワン」のセリフが素晴らしい。と言うわけで、ACアダプタでの利用は何の問題も無くなったようです。

製品について

今回はジャンク品で安く買えましたので不満はありませんが、正規の値段16,000円だったとしたら話は別です。全体的にチープな造りで、工作精度も悪く耐久性も不安な感じです。DVDの蓋が歪んでいてベコベコするし、ボタンを押した感じもいかにもチープです。手前の白っぽい半透明なパーツがあるのですが、これのクオリティーが低い、なんかホームセンターで売ってるエンビ板を張り付けたようなDIY感があります。本体のプラスチックの質も100均のプラスチック製品と同じレベルです。開いたときの重量バランスも悪く、液晶パネル側が重いため不安定な感じがします。あと、液晶パネルの視野角が狭いので正面から見ないといけません。とても正規の値段では買いたくない製品ですね。

まとめ

大きなモニタが安く手に入って満足しています。AVケーブルは4極ミニジャックですが、中華系のアサインになっています。見た目では分からないのですが、国内のAVケーブルとはGNDの位置が異なっているので注意です。これを買った本来の目的は、古いゲーム機をプレイするモニタとしての利用ですが、直接繋げないのでRCAの中継アダプタを取り寄せています。このモニタでプレイしながら、分岐ケーブルで動画キャプチャもしようと思っていますので、中継や変換で5本組み合わせるようなシステムになると思います。

追記(大誤算)

中継アダプタと分岐ケーブルが来たので早速ゲームで使ってみた。表示自体はうまく行ったのですが、外部入力映像を4:3で表示することができません。古いゲーム機のほとんどが4:3なので上下が潰れた表示になります。せっかく安くいい買い物ができたと思っていたんですが、これは大誤算でしたね。この目的で買おうと思っている人は注意です。

ファミコンなんて持ってないのに、懐かしさにでついついレジに持って行ってしまいました。裏には栃木県のファミコンショップ・ヒーローの3ヵ月保証シール、マジックで「さんご」と書いてある。珊瑚ちゃん(女の子?)でいいのか変わった名前ですね。

ワルキューレの冒険は、子供のころ買った数少ないソフトの1本でした。内容はさすがに忘れてしまったけど、メインテーマの音楽だったら未だに口ずさめます。アーケードのアクションゲームになったほうが好きですけどね。

連休前に確保しておいたジャンクの電源、見た目が綺麗で324円と安かったので購入してきました。他のもっと古そうな電源が1080円なのに何でかな、と思いながらレジに持って行ったのですが、店員さんの挙動がちょっとおかしかったので、もしかしたら値札の貼り間違いかも知れません。値札の日付らしき部分からすると4/15に出したばっかりだったようです。

SCYTHE SCY-450T2-AD12
SCYTHE SCY-450T2-AD12

ちょうど Windows7 でPC組みたいと思っていたので、他のパーツも揃えようと思う。だけど、田舎だとマザーボードでまともなの確保するのが容易じゃないので、ライセンスシール付きのジャンクPCを買ったほうが早いかも。そうすると、電源付いてるので要らなかったかもという気もしますが、電源は消耗品なのでストックがあってもいいよね。

GW は腰が痛くてどこも出かけていません。良くなってきたと思ったのに、さっきセカンドインパクトやっちゃったので、まだ回復に時間が掛かりそうです。いや~ほんと辛い。。。。

サブPC切り替え器用にフルキーボードを探していたところ、ハードオフで発見しました。似たようなコンパクトタイプのフルキーボードだと2~3000円くらいですが、これはパソコン工房のPCに付属するものらしく、単体で買っても600~800円くらいの物のようです。そう考えると324円はちと高いのかも知れませんが、使用感がまったくなくこの値段なら買いかなと思いました。

LITEON UCL111UBK1
LITEON UCL111UBK1

ACアダプタ付きで2160円で売っていたので購入してきました。ATENの製品は切替スイッチとしては高級品ということで、ちょっと高いかなと思ったのですが腐ってもといったところ。ただし、専用コネクタ形状のケーブルが1本しか残っていなかったのが痛い点(しかも別売り)。幸い他の店で見かけていたのを思い出し、ジャンクで2本確保できました。新品で買うとケーブルもお高いのです。

この切替器はキーボードによる切り替え(マウスもできるのかな?)ができるので、見えないところに置いておくこともできます。また、ディスプレイ、USBハブ、オーディオのそれぞれで切り替えが可能ということで、ケーブルを繋ぎかえることなく柔軟な運用が可能…。と、いう部分を期待して購入したのですが、フルキーボードじゃないとダメなのかOSDが表示されません。とりあえず本体のスイッチで切り替え可能なことは検証できたので、こちらは後回しにしたいと思います。

ATEN CS1734B
ATEN CS1734B

ACアダプタが付属していて、これの使用感がまったくない(コードを解いていない)ようだったので状態も良さそう。ディスプレイのD-SUBに入れているサブPC数台を切り替えるので、VGAのほうがありがたい。

VGA+USB+オーディオのケーブル
VGA+USB+オーディオのケーブル

黄色いほうが特殊端子なので専用ケーブルが必要になるのが痛いポイント。新品で買うと3000~5000円くらいするので、これもジャンクで揃えたいところ。

VGA+PS/2のケーブル
VGA+PS/2のケーブル

他のお店で売っていたのは、PS/2タイプでオーディオ線が無いタイプのでした。古いPCなのでPS/2でも大丈夫だし、オーディオは別のケーブルで繋げばOKです。後2本、どっかに売ってないかな~。

追記

OSDの表示はフルキーボードを繋いだらできました。ミニキーボードだと標準ホットキーのScrollLockがキーコンビネーションになっていてうまく認識できない感じ。設定でCtrlに変更すればたぶん行けるんじゃないかと思います。

あと、別の店でもう1本ケーブルを324円でゲットできました。ラスト1本は気長に探したいと思います。

追記2

最後のケーブル1本をゲットできました。切替器を買ったお店でしたので、どこかに隠れていたのだと思います。これで総額3456円で揃えることができました。

普段行かないハードオフで、ジャンク品をいくつか購入してきましたので紹介します。ただ、実装しようと思っていたPCでは先日買ったビデオボードが邪魔なので、別のPCを準備中です。そんな訳で、今回は紹介のみとなります。

PIXELA PIX-DT012-PP0(540円)

地デジチューナーボード、B-CASカードなしで540円でした。スマホで調べたところによると、ドライバやソフトウェアはダウンロードできるみたいだし、B-CASカードはなぜか2枚余っていたので、(アナログのとき以来)またPCでながら見できると思って購入してきました。

地デジチューナーボード
地デジチューナーボード

I-O DATA GV-MPEG2S(540円)

コンポジット端子とSビデオからMPEG2にキャプチャーできるボードです。ハードウェアエンコードということで、余ったXPマシンに最適かなと思って購入しました。前から古いゲーム機の録画がしたいと思っていたのもあり、今品薄の電波マイコンソフト製のキャプチャーボードを悩んでいたところでした。クオリティーは高いんでしょうが、電波で揃えようとするとかなりの出費ですからね~。

ビデオキャプチャーボード
ビデオキャプチャーボード

その他

iPhoneについてくるイヤホンは悪くないと思うのですが、こうやって使わないで売ってしまう人、結構います。これは消耗品なので、見つける度に買ってきますね。

iPhone純正イヤフォン
iPhone純正イヤフォン

純正だとすぐボロボロになっちゃうので、むしろ非純正のほうがありがたい。しかもこの値段なので、車で充電する用に購入しました。早速使っていますが何の問題もありませんし、復元力のあるコードなのでなかなか良いです。

非純正のライトニングケーブル
非純正のライトニングケーブル

縦画面表示ができない WindowsXP 機用にビデオカードを探してきました。ちょうど良く、PCI Express x16 の EN9400GT というボードが864円であったので購入してきました。ファンレスが良かったのでぴったりですが、ボードのほぼ全面をヒートシンクが覆っていてコンデンサの状態とかが確認できません。一応裏側は液漏れしている様子は無く変色も無いので大丈夫そうででした。しかし、ハードオフに言いたいんだけど、いくらジャンクとは言え、型番やバスの種類できるよう、確認しやすい透明クリアな袋に入れて欲しいかなと思います。

さて、今満開の桜を眺めてから帰宅し、早速搭載してみました。最初電源を入れたとき、「ウーウーウー」と音が鳴って電源が切れ、の繰り返しになって外れかなと思ったのですが、メインスイッチを入れなおして起動したら正常に立ち上がりました。もしかしたら電源も怪しいかもしれませんが、とりあえず立ち上がったので知らなかったことにします。

今まで使っていた ATI のビデオボードのドライバをアンインストール、NVIDIA のドライバとユーティリティをインストールしたところ、特に何の問題も無く動作しています。縦への回転もばっちり映ったので目的は達成できましたし、今まで PCI バスだったのが、PCI Express x16 になって性能もアップグレードできたと思います。

さて、今まで使っていた H700H64-1TOP-R ですが、コンデンサが3つ膨らんでおり、上から液漏れしたような跡がありました。底のほうが今にも破裂しそうなふうに膨らんでおり、まだ使えているようですがすでに限界な様子。暇があったら交換修理して、また使えるように保存しておこうと思います。

液漏れしてる
液漏れしてる
底がヤヴァイ
底がヤヴァイ

ハードオフで2,160円で購入してきました。パネルに目立つ傷があるということで少し迷いましたが、4:3 で縦に回転できるものを探していたので買いました。その目立つ傷はゴシゴシ拭いたら取れたので、かなりいい買い物だったかなと思います。

早速PCに繋いで映してみると、高感度ノイズのようなランダムドットのちらつきがあって一瞬、失敗したかなと思ったのですが、改善することができたので紹介します。症状で調べてみると「ATI社ビデオチップ搭載ビデオカード利用時の画面点滅・ ノイズについて」というサポート情報を見つけました。こちらはNVIDIAのビデオカードですが、似たような設定が無いかチェックしてみると、NVIDIAのコントロールパネルで「ディスプレイ>解像度の変更>カスタマイズ>カスタム解像度の作成>タイミング>ブランクを低減したCVT」に変更したところ改善しました。ちなみに、この現象はD-SUBでは発生していません、またDVIでも解像度を落とした時も発生しませんので、これで切り分けできると思います。

黄色いのが発生したノイズです
黄色いのが発生したノイズです
ブランクを低減したCVT
ブランクを低減したCVT

また、発色が若干緑が被っているような感じがするので、Windows の調整機能で補正してあげたらすばらしい映りをしました。写真を表示してもかなり引き締まった印象ですし、解像感は申し分ありません。

最近のディスプレイは16:9などの画面アスペクト比が多いですが、縦にして使う場合長すぎて使いづらいと思います。このディスプレイは4:3なので、縦にしたときちょうどよい比率(感覚的には16:9の横と、4:3の縦は同じ比率)に見えます。人間の目の特性なのか、横と縦とで長さの感覚が違っているようですね。

ちなみに、ATI Radeon 7000(H700H64-1TOP-R)の WindowsXP も繋げて回転させたかったのですが、どうも回転してくれないようです(設定項目はあるものの設定しても適用すると元に戻る感じ)。マイクロソフトのサポート情報に関係しそうな記述がありましたが、そこに書いてあるメーカーから最新ドライバを当ててもだめでした。Radeon って他にもリモートデスクトップで固まったり、あまりいいイメージが無いなぁ…。

今回はジャンクディスプレイの購入品の紹介でした。ディスプレイは処分するのにお金がかかりますので、実際に映りを確認させてもらったほうが良いでしょう。ということで大きさ、映り、お値段、かなりお買い得、これで縦シューするとすごくイイです。