虫 : してログ

たまにディスプレイの光に誘われて、羽虫や子バエ、ガなどがうっとおしい事がある。ティッシュで捕まえようとすると逃げられたり、潰して汚れてしまうし、殺虫スプレーはディスプレイに吹きかけたくはない。そのうちどっか行くことを期待して、結局放っておく方が良い、そんな風に数日前まで思っていた。今回、画期的な排除方法を発見したのでご紹介する。

まず、なぜディッシュや手では逃げられてしまうかと言えば、彼らの視界に映って早期警戒されることにある。例えば、空のペットボトルがあるなら、そっと虫を閉じ込めて捕まえる方法があるし、やってる人もいると思う。ただ、この方法だとボトルの中で生きているし、殺虫剤で殺しても見た目が良くない。そこで思いついたのが、ご紹介しようと思うセロテープだ。

もう察しはついていると思うが、少し長めのセロテープを切って端を持ち、虫に気づかれないように貼り付ける。セロテープの弾力があるため、これで虫が潰れることなく、鱗粉で汚すことなく捕まえることが出来る。捕まえた虫は、セロテープを折りたたむなり、ティッシュにくるむなりして捨てれば良い。虫に触らなくて良いという点もすばらしい。






昨日の夜、母からホタルがいっぱい出たとの電話があり、明日から雨の予報もあって、急遽行って来ました。一昨年はそんなに発生せず、去年は行けず、というわけで久しぶりに乱舞している蛍を見ることができました。やっぱり綺麗、子供の頃はもっと当たり前のように何処にでもあった風景、今では特別なものとなってしまいました。

まともに写真撮るのはほぼ初めてなので、何処を狙っていいやら、何枚撮っていいやら、悪いやら。

06/17 南蒲原郡田上町 五社川
(1-3) Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
(4) Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
(1) JPG×24→SiriusComp
(2) JPG×32→SiriusComp
(3) JPG×46→SiriusComp
(4) JPG×75→SiriusCompPhotoshop
Tags #生き物 #虫 #ホタル
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です