薪 : してログ

イチョウの紅葉が見頃だというので、ちょっくら出かけてみた。
樹齢数百年の大イチョウのデカさは圧巻です。

車で1時間くらいのところなのに、こんなに異世界な風景があるなんて
ちょっと感激いたしました。

人がいなくなる一瞬を待って素早く撮影
(範囲を狭くするためちょとアップに)
右奥の車以外邪魔なものが入らなくていい感じ

同じ木を引きで撮るとこんなかんじ
常に人が取り巻いているので
合成するとどうしても動いている人がいる

周りのお家はどれもタイムスリップしたかのよう
生活感もあり、電線が無ければ本当にそんなかんじだ
薪が積んであったり、茅葺きだったり

まだ青い木も

落ち葉でふかふかの地面はまっ黄色
夕暮れのオレンジとダブルで燃えるようです

なんかいいところだな〜

その他の写真はこちらです


HDRへの画像の処理は、手順を固定して自動化してみました。
プリセットの設定で変換すると、赤が強く出るようなので、最後に落ち着かせています。
やはり三脚使ってオートブラケットで撮ったほうがブレが無く綺麗です。
日中だったら、ハンドのオートブラケットでもイケますが、それでも三脚がいいです。
あと、ISO値はできるだけ下げて、ほとんどISO100で撮るのが良さそうです。

HDR合成すると、何気ないものでも芸術的になるんですが
カメラに関してはまじ初心者なんで
構図の決め方や、カメラの操作にまごついて、シャッターチャンス逃したり
まぁ、ちょっとずつレベルアップしていきたいなと思いますわ。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です