節税 : してログ

中小企業基盤整備機構のセーフティ共済ですが、掛け金はすべて損金に算入できますので、節税対策に利用できます。昔、利用していたときは100万くらいまでしかダメだったんですが、今は800万まで掛けられるようです。業績が良くて課税額が膨らみそうな時、この共済に契約して年払いでいっきに支払って損金にします。そのまま寝かせておいて、ここぞという期に解約すればよい訳です。当然、解約した期の収入になるので、計画的に役員報酬などを増額しておきます。ただ一点だけ、40ヶ月(掛け金の納付月数)前に解約すると全額戻りませんので、3年寝かせるつもりでやりましょう。安心の政府系ですし、使い勝手も良いと思います。

中小企業倒産防止共済(セーフティ共済)
http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html

平成26年4月より、国民年金の前払い割で2年分が可能になり、これを利用すれば1万4000円程度が割引になります。今までの1年分前払いでは、3780円の割引でしたから、6000円以上もお得な計算です。当然、前払い一括となるので34万以上も4月末に引き落としが来るので、覚悟しておかないといけません。

また、注意が必要なのは社会保険料控除の扱いが変ってくる点です。計算式が示されておりましたが、前納した総額(割引後)の金額を月割したものになるようです。ちなみに前納が1年以内のものは「その全額をその年において支払った社会保険料等の金額として差し支えない」ということでした。

なお、割引額については2月に最終的な決定がなされるとのことすが、申込期限は2月末だそうですので注意しましょう。

我が家は今まで1年前払いを2人分しておりましたので、1年ずつずらして2年払いにすれば負担感が薄くなってよさそうです。ただし、初年は1.5倍払う必要がありますので期限ぎりぎりまで検討しようと思います。

平成26年4月から国民年金保険料の「2年前納」が始まります
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=22807