樹木 : してログ

12

この黄色く染まりつつある立派なイチョウは、集落のシンボルツリーとして相応しい見事な樹勢を見せています。イチョウの落葉は他の落葉樹よりも遅く、毎年11月下旬頃にこの集落をこがね色に染め上げます。

もし、この集落のニックネーム「黄金の里」を満喫したければ、この写真より少し遅い、落葉が盛んになった天気の良い日を選んで訪れてみてください。黄色く染まった大地と降り注ぐ落葉が、陽の光を反射してその名に恥じない輝きを見せてくれます。

また、時代を間違えたかのようなオブジェクトが多いのも魅力の一つです。茅葺の屋根、軒下に積まれた薪、煙を出した生活感のある煙突などが、のどかな田園風景と共に背景を飾ってくれます。

11/24 五泉市蛭野
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR JPG×9→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #黄葉 #植物 #樹木 #イチョウ #黄金の里
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

「おけさ柿」の名前で有名な「平核無(ひらたねなし)」の原木です。越後七不思議に次ぎ、大変珍しいという意味で「八珍柿」と命名されています。よく通る道沿いにあるので、立ち寄ってみました。



11/17 新潟市秋葉区古田
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #樹木 #天然記念物 #越後七不思議
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

今日は体力的にヘとってますんで、ファンタジックに仕上げようと取っておいた素材を処理しました。太ったネコが乗っていそうな樹、彩度高めに処理した低木はキノコのイメージです。空が青空で、ツツジなどの花が咲いてたら、もっと雰囲気出たんでしょうけど、流石に無いものを付け足すのはしない主義なので。

05/06 加茂市 加茂山公園
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #樹木 #加茂山公園
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

余すこと無く受け止めようって感じがしますね。5月らしい日が多くなって浮き足立っているのは植物達も同じようで、我が家で瀕死だったカポックも新しい葉を付けました。

05/06 加茂市 加茂山公園
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #樹木 #杉 #加茂山公園
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

枯れてしまった一本松のニュース見ながら弄ったら、なんとなくこんな感じになりました。6千分の1本。ドラマを感じますな〜。枯れてもなお希望の象徴か。。。こんな風に先人を切って復活(復興)して欲しかったですね。

11/26 新潟市西区 内野のあたり
Canon EOS Kiss X4 on MLEFS60mm
HDR JPG×9→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

弁天橋の傍らで、歴史を今に伝える老松と地蔵尊。この後ろには鳥屋野潟が広がっています。

こういったマイナーなスポットは、後で WikiPedia などで調べようとしても載って無かったりします。新潟市の観光情報サイトでも詳しく書かれて無いんですよね。新潟市、仕事しろ〜。

追記:歴史や由来はアノニマさんの記事が詳しいです。

今日も新潟市内は荒れ模様で、スナップに出かけられませんので、蔵出しファイルより。
あ、でもDVD返却行かなきゃ(T_T)

8/11 新潟市中央区弁天橋通
Canon EOS Kiss X4/SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→Photomatix/TpzAdjust/Photoshop
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

いろんな人の説明を読んだが、露出違いマルチショットじゃないとダメとか、いやいやRAW単写だって立派なHDRじゃんとか、人によって見解が違うように思う。どれもしっくり来る説明で無いので、少々考察してみると...。

「カメラのイメージセンサーのダイナミックレンジを超えた、広いダイナミックレンジを持つ画像、もしくはそれを元にトーンマッピングされた画像」

という説明はどうだろう。すなわち、最低でも2枚の露出違いのショットから処理したものでないと、HDRと呼べないことになります。なんでRAW単写を外したかというと、これは単にイメージセンサーが捉えた露光幅を表現する分解能の違いじゃないかと思う訳です。つまり、同じ露光幅を、RAWなら12bit(一般的なカメラ)、JPGなら8bitの分解能で表現した違いに過ぎないという解釈です。

ちなみに、MDRとかFakeHDRという表現は、トーンマッピングからレタッチまでの作業工程しかしてない訳だから、TIもしくはTMI(Tone mapped Image)と表現したらどうでしょうかね?

ときどきある、単写からでも遜色ないからHDRでいいじゃん、と言う意見ですが、それはたまたま白飛び黒つぶれが無い、またはほとんど無いシーンだっただけのことで、ダイナミックレンジはハイじゃないと思います。

11/12 新潟市中央区関屋本村町 神明宮
Canon EOS Kiss X4 on ML/SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR JPG×9→Photomatix/TpzAdjust/Photoshop
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


街路樹で異色を放っていたんですが、このたわわに実ったの何でしょう?
私には、ブルーベリーに見えるんですが。。。


10/19 新潟市中央区
Canon EOS Kiss X4 on ML/SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
JPG×9→Photomatix Pro 4.1.1/Topaz Adjust 4.1.0
高解像度版(Picasa)
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


シルバーウィーク後半は、実家&加茂山公園のイベントAKARIBAに行ってきました。
このイベントは、公園内を様々なあかりで彩る祭典です。
今年は、本物の結婚式が執り行われ、大勢の人々から祝福を受けていました。
もうね、超綺麗〜すばらしい。

その辺の様子は、ぽちぽちと公開していこうと思います。
色々と考えましたが、一度にたくさん作るには時間もかかるし、クォリティも落ちるし。
一枚一枚、作って行くことにしました。
時間かけても、あんまり変わらない気もしないでもないが。

さて、写真は加茂山公園の主、翁杉(じじすぎ、おきなすぎ、千年杉とも言う)です。
加茂山が植林され杉林になる以前、千年前よりここにあったそうです。
幹の太さは約635cm、大人5人が手をつないだ太さがあります。
以前は、青海神社の御神木として媼杉(ばばすぎ)と一対をなしていましたが、
第二室戸台風(S36)で倒れてしまい、伴侶を失ってしまったようです。

リス園より滑り台沿いを登ると、第二展望台と第一展望台の間位にあります。
青海神社の御神木、加茂山公園に訪れた際は、忘れずに立ち寄りましょう。


9/25 新潟県加茂市加茂 加茂山公園
Canon EOS Kiss X4/SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
RAW×6→Photomatix Pro 4.1.1/Topaz Adjust 4.1.0
高解像度版(Picasa)

※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
12