木星 : してログ


準惑星ケレスを撮影しようと思いStellariumでシュミレーションしていたところ、木星と小惑星ベスタも画角に入りそうだったので、撮影に挑戦してみました。肉眼でも見える木星を頼りに、オリオン座の腕とふたご座の足の間にあるであろうケレスを収め、ベスタは入ればラッキーぐらいに思いながら、ISO-12800/1秒で8連射です。

早速、Stellariumでケレスの場所を探しますがありません。しかし、少しズレた位置にそれらしき星があります。ノイズやホットピクセルでは無さそうです。結論から言うと、これがケレスでした。小惑星などの小天体は軌道が曖昧で最新データの適用が必要なのです。

準惑星ケレス(赤経6h01m51s / 赤緯+20°58'36.4" / 7.79等級)


小惑星ベスタ(赤経5h34m21s / 赤緯+17°31'43.9" / 7.08等級)


<追記:NASAの探査機ドーン

今月初めまでNASAの探査機ドーンが、小惑星ベスタを訪れていました。9/5にベスタを出発したドーンは、2015年の2月に準惑星ケレスに到着する予定です。ちょうどこの写真の二天体を移動するのですね。

- Astronomy Picture of the Day - 2012 September 19 (探査機ドーンの撮影した小惑星ベスタ)


9/29 02:10 新潟市南区
Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
ISO-12800 F2.8 SS1" RAW×8→Photoshopで加算平均コンポジット
Tags #準惑星 #小惑星 #ケレス #ベスタ #木星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

上から、カリスト→木星→イオ→エウロパ→ガニメデ→→→→→→→→→月、です。

昼の部分と地球照、HDRの得意分野かと思いきや、なかなか難しいです。明暗差があまりにも違いすぎて撮影が難しいし、合成も昼と夜の境界付近でトーンが無くなる帯の発生が解消できません。絡めてある木星も移動(月の方が動いているんだが)してたりします。もう少し研究して、クリアな合成をしたいですね。

木星と月の組み合わせは他の組み合わせより好きで、過去にも似たような合成をしています。来月はもっと近づくようですので、設定を詰めて理想の合成(地球照が見える月とガリレオ衛星を伴った木星)を目指します。

<撮影メモ>
月単体=ISO-100、F5.6、SS1/250
木星とガリレオ衛星=ISO-400、F5、SS1/2、ミラーアップ

9/9 04:41
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
HDR RAW×3(月2枚、木星1枚)→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #月 #木星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

水星ですが、肉眼で立て続けに見ることが出来ました。写真だと、どこにあるか見つけにくいと思いますが、一応写っています。肉眼でも、集中して探さないとなかなか目に入って来ませんから、見た目通りの仕上がりです。

さて、手持ちの機材(300mmまで)で撮れる天体を集めてみました。

↑上から、土星、火星、スピカの並びです。
20mm 8/14 19:34 撮影

↑土星を300mmで撮影すると、輪っかが見えてきます。
300mm 8/14 19:38 撮影

↑薄い月です。
300mm 8/15 3:18 撮影

↑木星とガリレオ衛星です。イオが写りませんでした。
300mm 8/19 3:28

↑金星です。満ち欠けが分かります。
300mm 8/19 3:30

↑オリオン座大星雲です。オリオン座の短剣、3つ星にあります。
300mm 8/19 3:36

↑アンドロメダ銀河です。探すのに骨が折れました。
300mm 8/19 3:50


8/19 新潟市中央区
Canon EOS Kiss X4EFS60mm
HDR RAW×3→PhotomatixPhotoshop
Tags #星景写真 #水星 #木星 #金星 #土星 #オリオン座大星雲 #アンドロメダ銀河
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

14日早朝の金星食はまったくダメ(大雨)だったが、翌日の夜は綺麗に晴れとなった。12日夜に続いて、ペルセウス流星群を観望した。淡いミルキーウェイをバックに数が少ない流星を眺め、「昨日こんな条件だったらなぁ」なんて思いながら。さて、その金星が昇ってきて朝を告げる。昨日交差したはずの月も続き、「たった一日でこんなに動くのか、もうちょっとサービス精神があってもいいだろ」と頭を振った。

しばらく明るくなっていく東の空を眺めていると、山の稜線付近に淡く光る光点が見えてきた。ちょうど、木星、金星、月の延長線上だ。もしかしてと思い、Star Walkで確認してみると、なんと水星! 生まれて初めて肉眼で水星を見ることができた瞬間だ。先ほどの星達に、昴と水星を加え、5天体が一直線上に並ぶという、すばらしい光景が目前にある。

ただ、写真を撮ろうとすると、昴と水星のどちらも写すのが非常に難しい。今考えると、こんなときこそHDRな訳だが。。。


↑赤い枠の上から、昴→木星→金星→月→水星と写っています

↓拡大してみてみましょうか


8/15 3:51 新潟県南蒲原郡田上町 東の空
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
JPG(SS15s,F3.5,ISO1600)×1→Photoshop
Tags #星景写真 #昴 #木星 #金星 #月 #水星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

睡眠不足バンザイ。ウィンブルドン→オリンピック、コレは辛い。。。

イリジウムフレアを初めて撮ってみました。数十秒の現象なので、ISSと違って単写しないといけません。しかし、シャッターを開けすぎると地上が明るくなりすぎるし、絞ると星の写りが少なくなってしまう。最も難しいのは、シャッターの切り始めのタイミング、それを外してしまうと失敗写真確定ですね。

右下、Iridium53 ⇔99°↑13°M-3.4
昴から左下、順に木星、金星

8/2 2:53:32 新潟市西区 東の空
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
JPG(SS20s,F3.5,ISO400)×1→Photoshop
Tags #イリジウムフレア #星景写真 #金星 #木星 #昴
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


今朝の細い月と、金星(右下)、木星(右上)です。昨日の木星食は残念ながら見られませんでした。

X4帰って来ましたが写欲が湧きませんね。一応、白山神社のお祭りに出かけてみましたが、熱中症になりかけて退散してきました。脱力感と手が痺れるような感じがあったので、やばいなと思ってポカリがぶ飲み。

あと、来週の護衛艦の体験航海もハズレました/(^o^)\

07/16 新潟市中央区より
Tags #天体 #月 #金星 #木星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


最近、木星と金星の姿に目が離せませんが、今日は特別です。そう言えば今日だったよね〜。交互に見え隠れしていたんでダメかな、と思ったけど、体の芯まで冷え切る前になんとか撮れました。

三脚が無いので、橋の欄干に肘をついて撮影しました。そろそろ買わねば。。。

しかし、もう4月になるってのに、なんと寒いことか。まだ降るかって感じですよね。

3/26 19:44 近所にて
Canon EOS Kiss X4TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
JPG×1→Photoshop
Tags #天体 #月 #金星 #木星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


昨日の写真の20分前の空です。薄く薄明光線が出ていました。
金星が見え始めた頃(どこにあるか分かりますか?)、薄い月まで伸びる光の筋。


10/29 17:11 新潟市西区 西の空
Canon EOS Kiss X4/TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
RAW×1→Photomatix Pro 4.1.1




10/29 18:36 木星
f=300mm / ISO=100 / F=4.0 / SS=1/200s

先日よりハッキリと縞模様が写りました。画像は未加工です。
望遠鏡で見ても縞模様は二本なので、ほぼベストな写りじゃないかと思います。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

2011/10/22 22:33 木星とガリレオ衛星
f=300mm / ISO=800 / F=4.0 / SS=1/50s
(RAW現像)


ガリレオ衛星の位置(このサイトでシュミレーション
I=イオ E=エウロパ C=カリスト G=ガニメデ
※撮影時間マイナス9時間をセットするといいみたいですよ

望遠鏡を使わず、手持ちの機材で出来るだけ綺麗に写るように、シビアになりました。
ピント合わせはライブビューで最大拡大して合わせました(これが一番大変)。
天体が点に写るようにシャッタースピードを上げ、それに合わせて他の要素を調整しました。
貧弱な三脚から来る風ブレは、部屋の窓から撮ることで解消。
それでも僅かにブレてしまう原因はミラーショック、これはミラーアップ撮影にて解消。
後は連写して、一番良いものを残したのが、上の画像です。


2011/10/22 21:32 木星
f=300mm / ISO=800 / F=4.0 / SS=1/4000s
(RAW現像→細部強調)

ずっと気になっていた望遠鏡を使わずに、木星の縞模様は撮れるかっていう疑問に答え。
Yes. 撮れます。
設定を詰めれば、もうちょっと鮮明にできるかなぁ〜?

木星は10/29が衝(地球と一番近づく)だそうですので、今が見頃ですよ。


10/22 22:33 新潟県南蒲原郡田上町 実家にて
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


10/14 2:26 月と木星とガリレオ衛星
(よ〜く目を凝らすと見えてきますよん♪)
月の模様だけ、別撮り合成してます

↓衛星の位置が違うような気がしますが、ここで再現してみました

※追記:合わない原因は、撮影時刻マイナス9時間しないとダメなためでした


10/14 2:26 新潟市中央区にて
Canon EOS Kiss X4/TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
RAW×2→Topaz Adjust 4.1.0

※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です