映画 : してログ

そんなに期待せずに観はじめたのに、いつの間にか惹きこまれて終わる頃には涙が溢れていました。先日の「君の名は。」とは真逆(あれは最後までちゃんと観れなかった)です。なんと言うか、シーンのひとつひとつが深くて、たぶんこれから何度も何度も観なおす作品になるのだと思います。この時代&この舞台というと、戦争の悲惨さを描いて終わりなのかと思っていましたが、いい意味ではずれでした。

今見終わるところです(今更だけど)。正直、なんであんなに騒がれていたのかわかりません。感情移入できる部分が無く、展開も盛り上がりに欠け、設定に説得力が無く、申し訳ないが絵が綺麗という感想しか残らないと思います。この監督さんの作品はだいたいそんな感じですね。やっぱり観に行かなくて正解でしたね。