新日本海フェリー : してログ


前出した動画は数年前に作ったものでしたが、これは新撮りからの習作です。

あまり動きが速くない被写体を選んだつもりが、今度は遅すぎて5倍速の動画になってしまいました。なので等倍で撮った意味が無かったのですが、それを活かすモーションブラーのフィルタを掛けてあります。おかげで、船の周りを飛んでいるウミネコがハエに見えて仕方が無いです(笑)。

やはりいくつか問題がありました。まず、ピントの追従ができない(X4の動画性能の問題)ので、置きピンで撮っています。その関係でピントが合っておらず、シャープネスを掛けてごましています。それから、露出ジャンプが1回、明明暗のフレーム飛びが1回発生しました。また、SDカードの関係で4GB以上の撮影ができないため、約10分しか連続撮影ができません。なので、着船までは撮れておりません。

今回も古い Magic Lantern を使用していますが、久しぶりにサイトを確認したところ新バージョンは出ているようです。あと、気になるところでは 5D3 用に RAW で動画を撮れる機能が追加されているみたいです。RAW だと 24bit なのかな、ちょっと分からないけど、その情報量を維持しつつ TIF などにバラせれば前後フレームを合成するより滑らかな動画を作れると思います。その前に 5D3 なんか買えないけどねっ。

新しい X4 用(550D)のも試してみたいです。

09/24 新潟市東区
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
MOV×1→Photomatix / Topaz Adjust / Topaz Simplify / TMPGEnc VMW6
Tags #HDR動画 #乗り物 #船 #新日本海フェリー #しらかば
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

プロムナードデッキ(Deck 7)

この救命艇が使われることが無いことを願いますね。日本でもサンフラワーだいせつの火災事故ありましたから。ちなみに、「ASUKA II」のところを細部強調してみると、クリスタル・クルーズ時代の名前「CRYSTAL HARMONY」の名が透けて見えます。もうちょっとうまく消せないものなのか。

09/01 新潟市東区 山の下埠頭
Canon EOS Kiss X4 / AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
RAW×3→Photomatix / Topaz Simplify / Photoshop
Tags #乗り物 #船舶 #飛鳥II #新日本海フェリー #救命ボート
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

肉眼と写真では決定的に違う点があり、それは肉眼が二眼なのに対して、写真は単眼で見ているということ。例えば、目の前に人差し指を立ててみると、景色は隠れること無く全て見えるし、指も見えているはずだ。次に、片方ずつ目を瞑ってみれば、それがなぜか分かる。

人間は両目から入ってくる風景のいいとこ取りをして、頭の中で再構成するようだ。それは両目視差だけでは無く、明暗の感覚、前後の感覚、時間なんかも相当歪めて、パッチワークしているっぽい。

従って、いいなって思った景色を、ただそこに立って写真を撮っただけでは、まったく雰囲気が違って落胆することになる。

写真のうまい人って、良いと思った景色のエッセンスを画角内にうまく配置でき、不要なものや重要でないものをカメラの機能等を駆使して排除できるスキルを持っているんだろうな。いいなぁ。

04/08 新潟市東区古湊町 新日本海フェリーターミナル
Canon PowerShot S100
JPG×3→Photomatix / TpzAdjust / Photoshop
Tags #乗り物 #船 #新日本海フェリー #車 #トラック
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

お昼のワイドショーや報道を見てて、航跡図を使った解説があまりにも酷かったので少し書きます。あの鋭角三角形の航跡ですが、1回目の急旋回、2回目の急旋回と解説されていました。これだけを見せて、そう解説されたら、2回の事象があって、2回転進したんだな、と思ってしまうと思います。

ネットで拾った画像を引用します。↓これ。


時刻を見ると1分間隔のプロットのようです。各点を直線で結んだのが、TVで出ている航跡図です。解説では、1回目の旋回でいきなり90度転進して、2回目は更にキツく急旋回したような言いっぷりでした。

しかし、恐らく、1分の間隔を埋めると、下記のような動き(赤字)であろうと思います。コメンテーターも解説者もあの説明で、疑問を持たないんだろうか。恐らく、図を見て、その図がどういう条件で得られたものなのか、まったく考えてないじゃないかと思った次第です。



※トップの画像はまったく関係ありません。

2013/05/24 新潟市中央区 新日本海フェリー/あざれあ号
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L
HDR JPG×9→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #乗り物 #船 #新日本海フェリー #あざれあ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


美容院のついでにちょこっと山の下港へ^^;
1/10空振りした時間で、ちょうど着船シーケンスを予習することができました
どうやら今の時期、月曜日だけ入港が無かったみたいですね〜運が悪い〜

構図もうちょっと上に煽らないとでしたね
ロープがびんっと張る瞬間を狙ってて気を取られちゃいました〜

しかし巨大船を撮るのはなかなか難しい!
回頭開始時は望遠、回頭途中で広角、着船時は中望遠が欲しい
う〜ん、ここで微速度撮影するなら広角が欲しいぞ〜

空港も寄ったので、時間があったら後で載っけます〜

新潟市東区神明町 山の下埠頭 新日本海フェリー「らいらっく」号
RAW×1→Photomatix/Photoshop Elements/Neat Image


タグボートが赤くて躊躇したけど、結局もう一枚作成
赤いやつは、通常とモノトーンの2枚を作って、レイヤーで重ねあわせ
赤を色域選択したら、その部分の彩度をさげつつ、モノトーンの他部分を透明化
合成方法をオーバーレイにすると、しっくりと落ち着きます


RAW×1→Photomatix/Photoshop Elements/Neat Image



<微速度撮影、前回の教訓>

1.撮影間隔は10秒だと空きすぎ、5秒以下にしたほうがよさそう
Magic Lantern だと 1, 2, 5, 10s... が設定できますが、3秒が無いのが痛いな、とりあえず次回は5秒で

2.絞りは8ぐらいに設定すれば良かったと思う

3.撮影モードは M(前回はAv)で、絞り、シャッタースピード共に固定したほうがチラチラしないと思った

4.レンズの IS は切っておく

5.AF はもちろんオフ

6.Windows Live ムービーメーカーを使って動画化したが、1フレーム=1画像で変換できるソフトを使う
手持ちだと TMPGEnc XPress

と言う訳で、指南してくれる先生もいないので、しばらくトライアンドエラーは続くでしょう。
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

入り口近くの広くなった通路にはベンチが設置してあります
床が斜めなためか、貼ってあるプレート類が向きがバラバラで面白い


まっすぐ消失点まで続く通路
手前の階段は、みなとタワーに通じています


山の下側からの入り口(歩道の入り口は別の所にある)
車ができるだけいなくなるのを待っていたら、陽が沈みそうになった


入船側の入り口(こちら側は歩道も車道と一緒の場所にある)
こちらも車が途切れた瞬間にレリーズ

今日の散歩は新潟みなとトンネルにしました
普段車でしか通らないところを歩くのは非常に楽しい
トンネルの中は歩車道が分離されてて、煙たいということはない(音はする)
延々と続く通路には、魚のパネルがいろいろとある他は
基本。殺風景

でも、考えて見れば全天候型の散歩コースだし
天候が悪い時などは利用価値があるんではなかろうか
適度な上り下りもある訳で、ストイックに走りこみたいとき
なんかもお勧め

<おまけ1>
バルブ撮影(30秒)です


<おまけ2>
新日本海フェリーのらいらっく号です
みなとタワーから出たら、ちょうどデ〜ンと真横を向けていました
こちらもスローシャッターのみです

※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
今日は港に出かけてみた。

相変わらず、空のノイズと格闘中。
絵画調にしようとするとどうしても出るのが困りもん。

あと、細い物(アンテナとか枯れ枝など)の周りに滲みみたいなものが出る。

ハデなのとスムーズな2枚合成して、いいとこ取りが解答なのだろうか?
アンテナ部分を消去してハデなの作って、スムーズなやつと合成すればOK?

今度試してみよう。

▲ようやくちょっと満足できるものが出来た。
空のノイズとアンテナのとこに出た滲みみたいなのは残念ですが

▲イチョウの葉はトーン抑えたのでは無く、最初からくすんでた。

▲周りの物がごちゃごちゃしてて主役(ベンチ)が沈んでしまった


▲新日本海フェリー「しらかば」号が入港してきました
1回しか乗ったこと無いけど、改めて見ると、おおきい!


▲漁船って結構スピード出るんですねぇ
カッコイイです

▲船名は「しらかば」だけど右舷側の逆読みが「ばからしー」になっとる


※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です