彗星 : してログ



最初にして最後のショットとなってしまいましたので、素材を整理して再編集してみました。どちらもアニメーションGIFとなっております。1枚めは、少し微速度撮影した23枚の画像を、彗星の尾が見やすいよう Topaz Adjust で最大限調整したものです。2枚めは、大気の薄明光を少し減じて彗星本来の色に戻したものと、それを白黒階調反転させたものです。

今となっては、23日頑張っておいて良かったです。アイソンは残念な結果となりましたが、今見ごろのラヴジョイ彗星でも窺いながら、ふたご座流星群を楽しみに待つとします。

2013/11/23 05:44JST
C/2012 S1 (ISON)
種類: 彗星
等級: 3.00 (大気減光時: 4.47)
絶対等級: 7.00
赤経/赤緯 (J2000): 14h28m50.1s/-17°28'03.2"
赤経/赤緯 (瞬時): 14h29m36s/-17°31'44"
銀経/銀緯: -26°24'27.6"/+39°32'09.6"
時角/赤緯: 19h38m33s/-17°31'44" (幾何学上の)
時角/赤緯: 19h38m54s/-17°26'55" (見かけ上の)
方位角/高度: +119°04'19"/+7°22'53" (幾何学上の)
方位角/高度: +119°04'19"/+7°29'51" (見かけ上の)
距離: 0.86053663天文単位

11/22 29:40 C/2012 S1 (ISON)
Canon EOS Kiss X4EFS60mm
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
Tags #天体観測 #彗星 #アイソン彗星 #C/2012S1 #アニメーションGIF
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

アイソン彗星(C/2012 S1) 11/22 29:38 RAW×1

厳しい条件ながらアイソン彗星も撮影成功しました。左が水星、右がアイソン彗星です。水星の下には土星とエンケ彗星があるはずですが、薄明に溶けて見ることができませんでした。つかの間見えていた尾も、すぐに薄明に消えていきました。


アイソン彗星(C/2012 S1) 11/22 29:46 RAW×4

300mmで撮ったアイソン彗星です。1枚めから10分も経っていませんが、すでに尾を確認するのが困難です。

今日も狙ってみますが、6:00の時点で、水星・土星が10度、アイソン彗星・エンケ彗星が5度の高さで更に厳しそうです。また、明日から雨の予報です。この時期、日本海側は時雨れることが多く、見れただけでも奇跡的なことだと思います。

2013/11/23 05:38JST
C/2012 S1 (ISON)
種類: 彗星
等級: 3.00 (大気減光時: 4.67)
絶対等級: 7.00
赤経/赤緯 (J2000): 14h28m46.5s/-17°27'43.6"
赤経/赤緯 (瞬時): 14h29m33s/-17°31'25"
銀経/銀緯: -26°25'14.9"/+39°32'51.7"
時角/赤緯: 19h32m35s/-17°31'25" (幾何学上の)
時角/赤緯: 19h32m59s/-17°25'60" (見かけ上の)
方位角/高度: +118°05'07"/+6°21'13" (幾何学上の)
方位角/高度: +118°05'07"/+6°29'08" (見かけ上の)
距離: 0.86051388天文単位

11/23 南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
Canon EOS Kiss X4EFS60mm
Tags #天体観測 #彗星 #アイソン彗星 #水星 #C/2012S1
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

ラブジョイ彗星(C/2013 R1) 11/22 28:22 RAW×4

アイソン彗星が登ってくるのを待つ間、他の彗星の撮影に挑戦しました。この日、ラブジョイ彗星は北斗七星の近く、りょうけん座の延長線上に見えました。非常に探しやすく、肉眼では無理でしたが、双眼鏡や望遠レンズのファインダーで分かるくらいです。固定撮影でも尾がうっすらと分かります。すぐ右下には、NGC4490がシミのように見えています。


北斗七星とラブジョイ彗星 11/22 25:53-25:55 JPG×6

中央やや左寄りに北斗七星が立ち上がっています。中央やや下寄り縦に2つの明るい星がりょうけん座ですが、その直上にある緑色の星がラブジョイ彗星です。この6枚からなる合成写真は、北極星から右側の北天を写しています。

他に、リニア彗星(C/2012 X1)がうしかい座アルクトゥルスの近くに見えるはずでしたが、13等級だそうで写りませんでした。また、エンケ彗星(2P/Encke)が土星の右側のはずでしたが、こちらは薄明に溶けて無理でした。そして、肝心のアイソン彗星(C/2012 S1)は別記事にすることにします。

11/23 04:22JST
C/2013 R1 (Lovejoy)
種類: 彗星
等級: 7.98 (大気減光時: 8.25)
絶対等級: 10.00
赤経/赤緯 (J2000): 12h30m2.8s/+42°09'16.2"
赤経/赤緯 (瞬時): 12h30m43s/+42°04'41"
銀経/銀緯: +137°46'26.5"/+74°21'06.0"
時角/赤緯: 20h15m36s/+42°04'41" (幾何学上の)
時角/赤緯: 20h15m39s/+42°04'48" (見かけ上の)
方位角/高度: +66°00'14"/+47°35'51" (幾何学上の)
方位角/高度: +66°00'14"/+47°36'19" (見かけ上の)
距離: 0.40468333天文単位

11/23 南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
Tags #天体観測 #彗星 #ラブジョイ彗星 #北斗七星 #C/2013R1
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

↑左上から水星、金星


↑夏の大三角と天の川,
天の川が左下から右上に見えています。
中央上にこと座のベガ(織姫)、天の川を挟んでわし座のアルタイル(彦星)
中央やや左がはくちょう座のデネブ、3つで夏の大三角です。
※ベガの上に、人工衛星のフレアまたは流れ星が写っています。

↑パンスターズ彗星とこぐま座

↑レモン彗星とアンドロメダ銀河

(水星と金星)
東方最大離角を迎えた水星は肉眼ではっきり見えました。今日は水平線近くまで雲も無く、とてもクリアに佐渡が望めました。金星と並んだ水星が、昼と夜とのグラデーションの中で輝いていました。
Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
JPG(F16、SS4"、ISO100)×119→SiriusCompPhotoshop

(天の川)
七夕には少し早いですが、織姫と彦星です。天の川もうっすらと肉眼で確認できました。
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
JPG(F3.5、SS30"、ISO1600)×1→Photoshop

(パンスターズ彗星とこぐま座)
こぐま座にあるので探しやすいですが、私の機材ではもう無理っぽい。
Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
RAW(F2.8、SS20"、ISO3200)×4→Photoshop

(レモン彗星とアンドロメダ銀河)
やっと撮れたレモン彗星。パンスターズ彗星より明るく、緑色に写ります。アンドロメダ銀河に近いので探しやすいです。
Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
RAW(F2.8、SS20"、ISO3200)×4→Photoshop

06/13 新潟市
Tags #天文 #水星 #金星 #彗星 #C2011L4 #C2012F6 #M31 #こぐま座 #天の川 #夏の大三角
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

こと座流星群の朝に撮ったパンスターズ彗星です。見えますか〜? 彗星自体だいぶ暗く、天文薄明の中です。月のない夜にもう一回狙ってみますが、これが最後かも知れません。

04/23 04:06 新潟県南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
RAW(ISO-1600/SS10s/F3.5)×1→Photoshop
Tags #天文 #彗星 #パンスターズ彗星 #カシオペア
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

↑左上にパンスターズ彗星、右下にアンドロメダ銀河

Stellariumでのシュミレーション

思惑通り嵐の後にはパンスターズ彗星見えました(^^♪

空の霞と港の明かりでかなり厳しく、僅かに確認できる程度ですが、彗星の尾やアンドロメダ銀河の中心部がぼやっと確認できます。一応、最新データを入れた Stellarium でシュミレーションしたところ、ぴったり重なり特定完了。

佐渡に沈むパンスターズ彗星(3/15撮影)もどうぞ
/blog/a1030.html

04/09 04:15 新潟市中央区 入船みなとタワー
Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
RAW×8→Photoshopで加算平均コンポジット
Tags #天文 #彗星 #パンスターズ彗星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です


今朝の空が約束してくれたとおり、パンスターズ彗星が姿を見せてくれました。薄明の残る空から淡い光芒を見つけ出すのは骨が折れます。幸い、先行の方と大きな双眼鏡を持った方のおかげで見つけることができました。今日、新川漁港にいた人、ありがとうございます(*^_^*)

国立天文台>パンスターズ彗星
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2013/panstarrs.html


今日、親しくしていただいた方の訃報がありました。この彗星は、きっとその方が見せてくれたんだと思います。今まで良くしていただいて、ありがとうございます。ご冥福をお祈り致します。




03/15 新潟市西区 新川漁港
Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
Tags #天文 #彗星 #パンスターズ彗星
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です