天然記念物 : してログ

12

四月初旬、高森の大けやきと稲荷神社。

この高森の丘は、旧豊栄市の最高地点(といっても海抜18.5mしかない)だそうだ。もう少し階段を登ると、薬師堂と薬師如来像、その脇には展望台があり、阿賀野川越しに弥彦山が望める。

04/09 新潟市北区高森 稲荷神社
Canon PowerShot S100
JPG×3→Photomatix / Topaz Adjust / Photoshop
Tags #建物 #神社 #植物 #ケヤキ #巨木 #天然記念物 #高森の大けやき
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

越後七不思議のうちのひとつ。親鸞が老女が差し出した焼き栗を蒔いたところ、その芽から成長した栗の木は、一年に三度実をつけ、その葉の先は二つに分かれて茂るようになったという(親鸞すげぇ)。本当にそのような特徴を持った変異種かどうか一年を通して確かめてみたいものです。

どれが三度栗なのか分からなくて、丸い石造りのベンチで休んでいたところ、正面の木が当たりでした。枝をしばらく観察してみて、去年の栗がひとつだけ奇跡的に残っているのを発見して撮って来ました。

長岡の新潟県立博物館で「親鸞となむの大地−越後と佐渡の精神的風土−」特別展が開催されているみたいです。ちなみに、6/8までで、一般1,200円だそうです。

過去に訪れた越後七不思議と共にどうぞ。

八房の梅(やつふさのウメ)
珠数掛桜(じゅずかけざくら)
逆さ竹(さかさだけ)
繋ぎ榧(つなぎガヤ)
八珍柿の原木(はっちんガキのげんぼく) ※これは七不思議プラス1です



↑三度栗と分かるものはこれだけ

04/29 阿賀野市保田 孝順寺
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L
TMI RAW×1→Photomatix / TpzAdjust / Photoshop
Tags #植物 #栗 #越後七不思議 #三度栗 #天然記念物
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

無数の枝が四方に広がって、東西は約30m、南北は約20mにもなるそうです。房も、枝張りも、幹も入れたい、と思ったって、到底入りきりません。滝のような房の連なり、力強い枝張りを入れて、幹は少し遠くに我慢してもらいました(去年のを見てね)。




↑藤棚は左下にあります(尖った屋根が安了寺)


05/10 燕市八王寺 安了寺
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→Photomatix / TpzAdjust / Photoshop
Tags #植物 #花 #藤 #八王寺の白藤 #天然記念物 #内暈
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

越後七不思議のひとつ、八房の梅です。この梅はひとつの花に8個前後の実を結びます。花を良く観察すると、雌しべがその数分あるそうですが、柵があるため肉眼では数えることができませんでした。花自体も見事な八重咲きで、非常に豪華です。

この梅護寺には、先日ご紹介した、もう一つの越後七不思議である珠数掛桜もあります。過去に訪れた越後七不思議と共にどうぞ。

珠数掛桜(じゅずかけざくら)
逆さ竹(さかさだけ)
繋ぎ榧(つなぎガヤ)
八珍柿の原木(はっちんガキのげんぼく) ※これは七不思議プラス1です



↑雌しべの数が8本前後あるそうですが…


↑名前が表す通り、見えるだけで7つも実をつけています(5/9撮影)




↑満開の珠数掛桜もどうぞ(^^)


04/19 阿賀野市小島377 梅護寺
Canon EOS Kiss X4 / EFS60mm
TMI RAW×1→Photomatix / Photoshop
Tags #植物 #梅 #天然記念物 #越後七不思議
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です




越後七不思議のひとつ、珠数掛桜を見に行ってきました。この桜はさくらんぼのように、ぶら下がるように咲きます。八重咲きながら、風に揺れる様は可憐な感じがしました。朝に訪れたのですが、逆光になり裏に回れないため、写真撮るなら午後がお勧めです。この日は暖かかったので、夕方には満開になったでしょう。

あと、この近くに2つある越後七不思議を撮影してきましたので、後日アップロードします。過去に訪れた、越後七不思議も合わせてどうぞ。

逆さ竹(さかさだけ)
繋ぎ榧(つなぎガヤ)
八珍柿の原木(はっちんガキのげんぼく) ※これは七不思議プラス1です



この日撮った内暈です。やっぱり何か絡めて撮るといいですね。バリアングルモニターが欲しいです。


↑福島潟の菜の花と



↑胎内チューリップFesの鯉のぼりと


04/29 阿賀野市小島377 梅護寺
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L
HDR RAW×1→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #サクラ #珠数掛桜 #天然記念物 #越後七不思議 #大気光学現象 #内暈 #菜の花 #こいのぼり
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

旧上川村の極楽寺境内にある野中ザクラ、ちょうど見頃でした。主幹は枯れてしまっているのですが、周りから樹幹がすり鉢状に立ち上がっていて形が良いです。野生のベニヤマザクラの変種として貴重だとのことです。濃い紅色の大粒な花が大変豪華でした。

いつの間にやら、Y!ブログの容量がアップしているので、これからは通常写真もいっぱい掲載できそうですね。






04/19 東蒲原郡阿賀町両郷甲1101-1 極楽寺境内
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR RAW×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #花 #桜 #天然記念物
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

周囲の林を寄せ付けない威厳を放つこの巨人は「牧の衛守杉」です。推定樹齢1000年以上とされ、根周り10.5m、目通り7.85m、樹高は35mにもなります。有名な三川の将軍杉と違って、見つけるのにかなり苦労しました。先回は撃沈、この日も諦めて引き返す途中、道路脇の案内板が目に止まり、無事出会うこととなりました。

かなりの急斜面の林にぽっかり空いたスペースにすっぽりと収まっていて、どことなく発射台でその時を待つロケットのように感じました。天に空いた穴をまっすぐ貫く姿は、力強く生命力に溢れ老木とは思えない、今もなお若々しい雰囲気があります。

11/24 五泉市牧
Canon EOS Kiss X4 / SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR JPG×9→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #杉 #巨木 #天然記念物
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

五泉市の上郷屋集落にある、オハツキイチョウを見に行ってきました。紅葉を期待したのですが、まだ早かったようです。このイチョウは、葉っぱに実をつける珍しい特徴があり「オハツキイチョウ」と呼ばれています。境内の草刈りをしていた地元の方に色々とお話を伺いました。

望遠レンズで、木に付いている実を探すのですが、立て札にある通り落ちた実でないと探すのは困難でした。地元の方でも、オハツキの実を見つけるのは苦労するそうですが、私は3つも見つけてしまいました。

ひとしきり撮影し終えて、帰り支度をしていたところ、先ほど興味深いお話を聞かせていただいた地元の方が戻って来られて、このオハツキイチョウから採れた銀杏をひと袋頂いちゃいました。いや〜、ありがとうございます。宣伝してくださいとのことですので、多めに写真を載せちゃいます(^^)

Googleマップで場所を表示する



↑樹高20m、ほぼまん丸な枝張りです。左1/3ぐらい紅葉がはじまってました。


↑幹周りは7.5mもあります。


↑主幹は空洞になっているようです。


↑空洞を覗きこむと、向こう側が見えます。


↑上の方の空洞には、自身の根っこで埋め尽くされています。


↑うちの母は、葉の形で雄雌区別できると言うのですが、根拠はない俗説のようです。


↑ほとんどの実は、このように普通な付き方です。


↑つららのようなものは、根っこだということです。


↑根っこに実をつけてて、カオスな状態になっています。


↑ようやく見つけた、オハツキの実。本当に葉っぱに直接付いていて実に面白い。
地元の方でも見つけるのは大変だそうで「よく見つけましたね」と関心されてしまいました。



11/16 五泉市論瀬 上郷屋のオハツキイチョウ
Canon EOS Kiss X4SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
HDR JPG×9→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #イチョウ #巨木 #天然記念物 #アニメーションGIF
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

「おけさ柿」の名前で有名な「平核無(ひらたねなし)」の原木です。越後七不思議に次ぎ、大変珍しいという意味で「八珍柿」と命名されています。よく通る道沿いにあるので、立ち寄ってみました。



11/17 新潟市秋葉区古田
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #植物 #樹木 #天然記念物 #越後七不思議
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

弥彦で蛸ケヤキと呼ばれているケヤキの老木。前は細い小路を少し入らないと分からない場所だったのが、手前の建物がごっそり無くなって、大通りから見え見え。名前の由来は、大きな枝が蛸の足のように見える樹形から。「コブが吸盤に見える」とか知ったか説明してるオヤジがいたけど、右に回ってみたまえ。


↑ほら、こっちが正解。

11/09 西蒲原郡弥彦村
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→PhotomatixTpzAdjustPhotoshop
Tags #紅葉 #名木 #天然記念物
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
12