動態非除去 : してログ


あえて、動態除去オプションを付けない合成はいかがでしょうか? 更にシャッタースピードを遅くすれば、適度にぶれてくれて、なおよろしいのでは? 仕上がりがどんなふうになるのか分からない面白味もありそうです。

ちなみにあの人撮りたいと思ったら、できるだけ撮影OKもらうようにしています。これなんかは「俺なんか大きく写さんたっていいろがね」と言われたので引き気味にしましたし、これなんかは「俺を写すなよ」と言われたのでリクエスト通り肩しか入れてません。ただ、本当は、お客さんと売買しているシーンや、おじさん+肩乗りインコ、と言った自然なのがいいですが、仕方ないですね。

他には、風景のほうの構図を先に決めて、フレームに偶然入ってくるのを撮る、という場合があります。例えば、こういうのとか、こういうのですかね。これなら、メインの被写体では無いし、大写しになることも無いので、これくらいならいいのかな、と思っています。しかし、これも利己的だって言う人もいるでしょうから、どういった配慮をすればいいのか常に悩みの種です。大きく入ってしまった人物をぼかして見たりも(こんなふうに)しましたが、これは失敗だと思います。

ちなみに、他のカメラマンに撮られているな、と思うときがあります。自分は別に気ならないし、どうぞ撮ってください、という考えなのですが、そんな時は、意識しないように意識して多少ぎこちなく気づいていないような演技してるかも知れません。カメラマン同士だったら、暗黙の了解でお互い被写体としてOKみたいな文化が育つといいな、と思ったりもします。たくさんいるしね。

05/13 新潟市江南区 北方文化博物館
Canon PowerShot S100
HDR JPG×3→Photomatix / TpzAdjust / Photoshop
Tags #植物 #花 #藤 #北方文化博物館 #動態非除去
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です