内暈 : してログ



環水平アークの出現は読めないですね。年に数回あるかないか、こんなに綺麗な出現をもっといいカメラで撮影したいものです。

あと、SOLiVE24の定点タイムラプスのコーナーで紹介されたみたいなのでリンクを貼っておきます。ちょっと前から、短時間で動画を作成するプログラムを作ったので、定点タイムラプスのフォーマットで時々アップしています。なので、Youtubeのチャンネル登録、ぜひぜひお願いしま〜す。

SOLiVE24 (SOLiVE コーヒータイム) 2016-08-10 13:31:17〜(56:16から再生)

08/10 12:15-12:40 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture3
JPG×151→自作ツール
Tags #LHCAM #微速度撮影 #大気光学現象 #環水平アーク #内暈 #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

またもや弱い出現ですが、せっかくですので切り出してみました。肉眼だと見えても、ライブカメラだと判別が難しいのが現状です。これだけ見たら、たぶん気づかなかったでしょう。

スマホで撮った画像から、精一杯虹色を引き出してみたのが、下記画像です。アニメーションでも同じ雲が出ているので、見比べてみてください。



06/08 12:25-12:55 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture3
JPG×120→自作ツール
Tags #LHCAM #微速度撮影 #大気光学現象 #環水平アーク #内暈 #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

連続で出現した環水平アークの二日目。前日よりは良かったものの、もう少し輝いて欲しかった。別カメラでも撮影しているので、気が向いたら動画か、加工画にしたいと思います。

05/29 11:55-12:45 新潟市中央区
BSW20KM11BK + LiveCapture3
JPG×200→自作ツール
Tags #LHCAM #微速度撮影 #大気光学現象 #環水平アーク #内暈 #GIFアニメ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

視野角を求めようとすると準備や計算が大変なのですが、大気光学現象の内暈を使うと割と簡単に求められます。ただし、この方法が使えるのは、魚眼タイプのレンズか、極端に広角でないレンズに限ります。

内暈は太陽を中心に半径22度の位置に現れます。従って、内暈が写真に占める大きさを使って比較計算してあげれば良いです。

例えば、ELMO QBiC MS-1 の場合、画面幅が1920px、内暈幅が450px、でしたので、1920÷450×22×2≒187、ということでメーカー公称値185度に近い値になりました。また、垂直の視野角は100度前後になりました。

同様に、iPhone6s+は、水平63度、垂直47度でした。

05/19 新潟市中央区 関分記念公園
iPhone6s+(AutoBracket HDR)
JPG×3→Photomatix / Topaz Simplify / Photoshop
Tags #アート作品 #大気光学現象 #内暈 #植物 #シロツメクサ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

5/14撮影分を細部強調処理したものです。幻日環出現の情報を頂かなかったら、たぶん気づかなかったでしょう。一日を通して複雑な雲の流れがあり、特に午前の曇り空から晴れに転じる際の逆流は興味深いです。

現象が集中するのは1:50くらいからになります。動画だと一瞬なので抜き出してみます。

14:39, #07139

幻日環が最もよく確認できるカットです。不完全な円弧ですが、動画だと一周繋がっているかなと思える瞬間があり、120度幻日らしき兆しもあるようです。

15:56, #08142

こちらは、上部タンジェントアークです。羽ばたく鳥の羽のような曲線を描いています。この前後も良く見ていると、環天頂アークの兆しがあるのですが、認定には至りませんでした。

14:50, #0751

こちらはとてもレアな現象で、スパローアークと呼ばれる現象です。日本語では雀弧であります。こちらも正に鳥が羽ばたくような曲線を描いています。

BGM:フリーBGM・効果音・音楽素材 Senses Circuit
http://www.senses-circuit.com/

5/14 新潟市西区
ELMO QBiC MS-1
JPG×10298→VirtualDub / 自作ツール / Topaz Adjust / TMPGEnc VMW5
Tags #大気光学現象 #内暈 #幻日 #幻日環 #飛行機雲 #鳥類 #スズメ #微速度撮影
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

ほぼ1日中表れていますが、南中時刻が最も濃いです。飛行機雲が縦横に走り、こんなに過密だったのかと驚きです。実は、去年から挑戦していて、こんな感じで撮りたかったのが、ようやく形になりました。

編集のほうも、撮影時刻からアナログ時計や太陽方位角、仰角を求め、動画に合成できるようなツールを作成しました。文字を入れるだけと違って、少し工夫しないとできないので、機会があったら解説記事を書きたいと思います(需要が無さそう)。

撮影から動画までの作業手順も確立できたので、今年は頑張りたいです。

なお、撮影に使っている ELMO QBiC MS-1 ですが、このような微速度撮影にはあまりお勧めできません。理由は、ここらへんに書きましたので、興味ある方はご覧ください。

あと60fps動画なので、YouTubeで観たほうが滑らかに動きます。

BGM:♪恋離-KoiBana-/煉獄庭園
http://www.rengoku-teien.com/index.html

05/09 新潟市西区
ELMO QBiC MS-1
JPG×10770→VirtualDub / 自作ツール / TMPGEnc VMW5
Tags #大気光学現象 #内暈 #飛行機雲 #微速度撮影
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

やっとこれが撮れましたヽ(=´▽`=)ノ

ひもを1本挟んでみましたが、サークルが真ん中に来ないですねぇ。これと比べると改善していますが。。。もう少し厚いものを挟むとマグネットだから、落ちてしまうしどうしたものか。

06/22 新潟市江南区 ときめき橋
iPhone5(AutoBracket HDR) / KTDF-CM-028SV
JPG×3→Photomatix / Topaz Adjust / Topaz Simplify / Photoshop
Tags #建物 #橋 #ときめき橋 #大気光学現象 #内暈
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です