光冠 : してログ


私がいた場所は雲が多すぎて月がほとんど見えませんでした。この1枚は皆既終了ぎりぎり(21:05)に、薄い雲が来た僅かな時間に撮影したものです。全体に雲がかかっているので解像感が無く、右下は厚い雲で欠けてしまいました。Stellariumでシュミレーションしたデータを付けます。

Moon
Type: moon
Magnitude: -6.29 (extincted to: -5.91)
Absolute Magnitude: 38.15
RA/DE (J2000): 12h54m44.7s/-5°49'44.6"
RA/DE (of date): 12h55m32s/-5°54'41"
Galactic longitude/latitude: -55°33'23.3"/+57°01'58.7"
Hour angle/DE: 21h15m36s/-5°54'41" (geometric)
Hour angle/DE: 21h15m39s/-5°53'42" (apparent)
Az/Alt: +129°38'55"/+31°52'13" (geometric)
Az/Alt: +129°38'55"/+31°53'27" (apparent)
Ecliptic Topocentric (of date): +195°04'01.4"/+0°01'30.8"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.3"
Distance: 0.00267003AU (399430 km)
Apparent diameter: +0°29'54.4"
Sidereal period: 27.32 days (0.075 a)
Sidereal day: 655h43m11.5s
Mean solar day: 708h44m2.8s
Phase Angle: +0°39'37"
Elongation: +179°20'16"
Phase: 1.00
Illuminated: 100.0%


これは夕陽の低い位置に現れた光冠です。これは珍しいかも。

04/04 新潟市
Canon EOS Kiss X4 / EF300mm1:4L / EF70-300mm F4-5.6L IS USM
RAW×1→Photoshop
Tags #天文 #月 #満月 #皆既月食 #ブラッドムーン #夕陽 #大気光学現象 #光冠
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です

月は日々めまぐるしく変化して様々な表情を見せてくれます。今日は昨日より1時間遅く姿を現し、注意深い人は光と影の交換が行われたことに気づきます。今夜はちょうど半分の月。その表情は私の生まれた日と同じはず。

2013/12/09 17:19 JST

種類: 月
等級: -11.02 (大気減光時: -10.75)
絶対等級: 33.58
赤経/赤緯 (J2000): 22h53m12.8s/-3°15'17.5"
赤経/赤緯 (瞬時): 22h53m56s/-3°10'50"
銀経/銀緯: +67°58'54.0"/-53°01'02.2"
時角/赤緯: 23h54m12s/-3°10'50" (幾何学上の)
時角/赤緯: 23h54m12s/-3°10'25" (見かけ上の)
方位角/高度: +177°47'56"/+48°52'39" (幾何学上の)
方位角/高度: +177°47'56"/+48°53'04" (見かけ上の)
Ecliptic Topocentric (of date): +343°33'27.0"/+3°33'16.1"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.9"
距離: 0.00247766天文単位 (370652 km)
見かけの直径: +0°32'13.7"
恒星周期: 27.32日 (0.075ユリウス年)
恒星日: 655h43m11.5s
平均太陽日: 708h44m2.8s
位相角: +93°42'44"
離角: +86°08'38"
位相: 0.47
照度: 46.8%


こちらは金星による光冠です(文字にすると金光冠?)。今日は大気光学現象が現れそうな雲でしたが、淡い月ハロのみでした。金星は明るいですが、まさか金ハロとかは出ないですよね。面白いのは、金星自体が露出オーバーで丸く写っているのに対し、金星のゴースト(上方やや左)は相が現れ三日月形になっていることです。

2013/12/09 17:16 JST
金星
種類: 惑星
等級: -4.38 (大気減光時: -3.70)
絶対等級: 29.23
赤経/赤緯 (J2000): 19h52m56.1s/-23°00'07.9"
赤経/赤緯 (瞬時): 19h53m46s/-22°57'56"
銀経/銀緯: +18°00'41.3"/-23°17'22.5"
時角/赤緯: 2h51m22s/-22°57'56" (幾何学上の)
時角/赤緯: 2h51m14s/-22°55'26" (見かけ上の)
方位角/高度: +220°54'06"/+17°01'34" (幾何学上の)
方位角/高度: +220°54'06"/+17°04'35" (見かけ上の)
Ecliptic Topocentric (of date): +296°01'36.8"/-2°03'39.4"
Obliquity (of date, for Earth): +23°26'14.9"
距離: 0.39129668天文単位
見かけの直径: +0°00'42.7"
恒星周期: 224.70日 (0.615ユリウス年)
恒星日: 5832h28m47.1s
平均太陽日: 2802h0m52.2s
位相角: +121°33'30"
離角: +38°39'15"
位相: 0.24
照度: 23.8%

12/09 南蒲原郡田上町
Canon EOS Kiss X4/EF300mm1:4L
RAW×8→Photoshop
Tags #天体 #月 #上弦の月 #金星 #大気光学現象 #光冠
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です
6月に撮影した大気光学現象の総集編です。

06/01 12:19 内暈/S100 飛行機とコラボしたんだけど…

06/06 11:46 内暈/S100 完璧(^^)

06/09 17:35 環天頂アーク/iPhone

06/09 18:10 内暈/X4 この日の光景は忘れない → こちらの記事もどうぞ

06/09 18:52 上部タンジェントアーク/X4 一瞬の煌きでした

06/10 13:17 環水平アーク/S100 とても薄いけど…

06/10 19:10 サンピーラー/X4 炎が燃えるような

06/11 19:28 薄明光線/S100 淡い薄明光線の中に三日月が浮かんでいました

06/12 17:31 彩雲/S100

06/13 19:02 グリーンフラッシュ/X4 初めて見たグリーンフラッシュ! → こちらの記事もどうぞ

06/13 19:02 グリーンフラッシュ/S100 同

06/14 15:54 光冠/S100

06/14 18:47 薄明光線/S100

06/17 11:20 内暈/S100

06/24 18:59 幻日/S100

06/28 15:10 内暈/S100

06/28 16:51 幻日(左)/S100

06/28 17:00 幻日(右)/S100

06/30 17:16 環天頂アーク、内暈/S100 → 昨日の記事もどうぞ

今月は何と言ってもグリーンフラッシュ。思い出深い月となりました。

Tags #総集編 #大気光学現象 #内暈 #幻日 #上部タンジェントアーク #環水平アーク #薄明光線 #光冠 #彩雲 #グリーンフラッシュ
※この記事は「Yahoo!ブログ - HDRp」からの転載です